1
/
5

【LULL's Voice #5】何をしたいのかわからなかった就活期。21新卒、バリバリ営業マンへの第一歩をここで。

どうも、LULL広報部の見澤です!

今回は今春から21新卒として入社をした市川治樹さんにインタビューをしました!新卒で営業部採用をしたのは初。様々な業界を受けていた就活のことや、入社して1ヶ月が経ち今感じていることをお話いただきました。

【Profile】
市川 治樹(Ichikawa Haruki)
1998年生まれ
Q. 趣味は?→ A. 音楽鑑賞、ドライブ
Q. 座右の銘は?→ A. 無知は罪
Q. 自分を一言で表すと?→ A. 変わった人(よく言われるので.、、、)

➥社会人としてのスタートを切りましたが、今振り返ってみるとどんな就活生でしたか?

ー自分が何をしたいのかが本当に分からなかった。

大学生時代は色んなアルバイトをしていました。また、実家の自営業の手伝いで営業をしたり、エンジニアの友達が作ったアプリケーションにイチから参画したり、新しくオープンする学習塾の内装デザインの手伝いなど、機会さえあればとにかく何でもやっていました。
それが故に自分に何が向いているかであったり、本当にやりたいことが不明確な就活生でした。

ただこれじゃ駄目だと感じたので、今まで自分が何をしてきたか、どんな経験が一番嬉しかったのかなど小学生の頃にまでルーツを遡って網羅的に書き出し、就活軸を改めて明確化したんです。

それにより小学1年生から高校生まで続けたサッカーで知れた、個人ではなく組織として動く難しさや大切さであったり、共に死線を超えた一生の財産である仲間達との出会いや、厳格な父親から教えてもらったやり抜く精神で、高校受験も大学受験も第一志望に合格してこれたことを思い出しました。「高い目標を掲げて、ひたすら誰かと一緒に立ち向かうことができること」が自分の就活軸となりました。

確かに高い目標を達成するためには、やることは山積みですし苦労も多いです。でも振り返って見るとそんな時間が一番充実していて楽しかったので、その答えを実現できる企業を探すようになりましたね。


➥自分のルーツを書き出して就活を見直す。素晴らしいですね!そこからなぜ設立2年目のITベンチャーのLULLを選んだのですか?

会社ありきではないところに惹かれた。

LULLは会社のネームバリューや誰かに頼り切ることなく、時代や環境に左右されずに活躍できるスキルを自分自身で磨けばいいという考え方を社員のみなさん共通意識で持っていて、将来の目的も明確な方が多かった点がとても印象的でした。
自分もどんな環境・時代・変化があったとしても、自分自身に能力があれば生きていけるというのが昔から持論だったので、考え方が同じな方が多かったのは嬉しかったですね。

あとはとことんヒトのことを見てくれる選考をしてくださった企業であること。
採用フローが今まで受けてきた企業の中で全7回と一番多く、社員の方と話す時間もたくさんありました。将来自分がどんな人材になっていきたいか、何をしたいかを親身に聞いてくださる方ばかりでしたし、若い方も多く活躍しているのを間近で見て、自分もこんな環境で働きたい!と感じLULLに入社をしました。



入社して1ヶ月が経ちましたが、実際に働いてみていかがでしょうか?

想像通り。いや、想像以上です(笑)
入社してすぐに色々なことに挑戦させていただいています。裁量もあるので、新卒の1ヶ月目ってこんなに充実しているのか!?と正直驚いています(笑)

現在、クライアントの新規開拓、商談、リストアップ、アポイントメント取りなどを主に行っています。これだけの業務がある分、時間の使い方には意識を向けるようにしないといけないと思っています。ToDoを書き出したりタスクを細かく記載しておいたりなどで効率化を図りつつ、先輩からアドバイスをいただいたり、同期と協力しながら仕事を進めています。何より、気さくな社員が多いところが仕事が充実している1つの要因だと感じていますね!

また、光栄なことに、6月からはインバウンド強化のための新規事業のリーダーとして参画してさせていただく予定でもあります!イチから仕組みづくりを行えるので、ものすごいワクワクしています!


➥今後はLULLでどんなことを成し遂げていきたいですか?

バリバリの営業マンを目指しています!営業部署の利益率をトップにして、様々な提案をできるようになりたいです。

あとは、自分は欲しがりなのでルーキー賞(※)も取れればいいな~とは思っていますが、それを目標にするのではなくあくまでも過程として狙いたいですね!

※ルーキー賞とは、LULLに入社してから1年未満の社員を対象とし、定量面だけでなく定性面も優れている社員に贈られる賞。年に2回、それぞれ社員1名に贈られる。


➥一流の営業マンになれるよう応援しております!最後に市川くんの決意表明をお願いします!

「経営者の判断を正解にできるのは幹部の仕事」

これはOJT研修で特に印象に残ってた営業部の上司からの言葉です。

経営者が判断を下して、成功という結果にできるのはリーダーしかいないといった意味合いなのですが、この上司とリーダーの信頼関係というか、これくらい熱い情熱を持って仕事をしたいと感じました。いち早く上司や経営陣の力になっていきます!!!

そして、10年後は独立を考えています。
今後の日本の将来を少しでも明るくするため、第1次産業(農業・漁業など)事業を立ち上げ、イチ日本に生まれた身としてどんな形でもいいので日本の経済や社会に貢献できるようなことを展開していきたいです!

LULLでは現在2022年度新卒採用を行っており、営業部採用も行っております。この記事を読んで少しでもLULLに興味が湧いた方、市川くんと一緒に働いてみたいと思ってくださった方はぜひ「話を聞きに行きたい」からエントリーしてください〜〜!

株式会社LULL's job postings
56 Likes
56 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more