1
/
5

【外資金融から会社経営まで】華々しい経歴を歩む男がなぜ今ヴァンテージポイントに所属したのか

これまで、大手金融会社で営業を経験し、現在は自ら会社を経営する山口さん。
そんな山口さんがヴァンテージポイントに所属し、フリーランス営業としても活動するのには、自分の得意な分野で世の中に貢献したいという思いがありました。
得意と思える営業の道を極めたいと考える山口さんの“今”について伺いました。

営業から採用、育成まで経験:早速ですが山口さんのご経歴についてお聞かせください。

これまで一貫して、事業会社や金融機関に対し株や投資信託などの法人営業を行なっていました。
前職では外資系の大手金融会社に勤めていたのですが、法人営業と合わせて採用業務にも関わっていました。外資系の金融会社では、人材の育成などに対して人事部や総務部が行うような業務を、基本的には全て現場がやっていかなければならないんです。

採用に関しては、人事部は事務的なサポートのみなので、「候補者の募集」「面接の選考プロセス」これらの意思決定も全て現場が担当していました。そのため勤務した15年のうち10年間ほどは、採用にも密に関わっていました。

その10年の中でも最初の5年は新卒採用に関して、後の5年は中途採用に関わり、現在のプロジェクトに必要な人材を洗い出すなどの業務を経験してきました。

営業という立場でありながら、採用や育成にも携わられていたんですね!

外資系の証券会社は、日本の証券会社と比べると人員の数が半分、もしくは3分の1くらいしかいないので、日々の営業活動から採用なども含めて色々経験しました。

業務としての仕事は増えますが、採用や育成も結局は営業で数字を上げることに繋がると思っているんです。人事が選んできた人材が配属されても、その人が営業として数字を上げられないとなると、自分たちのチームの成績も上がらず報酬も上がりません。実際に現場で働く営業が人材を選ぶことで、会社に必要な人材をダイレクトに選定できるのは、良いことだと思います。

新しい時代の営業会社だと感じた:ヴァンテージポイントを知ったきっかけは?

現在は独立して営業コンサルティングをしているのですが、私が支援している会社のサービスをヴァンテージポイントの代表である村松さんに営業をしたことが最初のきっかけでした。そのサービスを紹介する中で、代表の村松さんから「ヴァンテージポイントがどういう会社なのか」「どういったことを行なっているのか」などを聞きました。

村松さんが目指している中長期的な姿などを聞いた時に、営業マンとして共感できる部分が多く、何か一緒にできればという話になり、今に至ります。

ヴァンテージポイントの印象はいかがでしたか。

伝統的な営業というものよりも、一歩も二歩も進んだ新しい時代の営業を行っている会社だという印象がありました。営業マンはいつの時代でも“気合と根性”みたいなものが必要であることは間違い無いとは思います。

ただ、今の環境を考えるとそれだけではダメで、正しい戦略を練ったり、テクノロジーをどう上手く使っていくかであったり、今までとは違うアプローチの仕方などをしっかり把握することが大切です。まさに、村松代表は今の時代に必要なことをしっかり把握されている方でした。
私も外資系の金融会社で営業として働いてきて、10年くらい前は“気合と根性”精神の営業マンが活躍していた姿を見てきました。

ですが、ここ10年くらいで活躍している営業マンは、しっかり戦略を把握できている、正に村松代表みたいなタイプだったんですよね。村松代表の考えを初めて聞いたときは、新しい考え方を聞いたという感覚よりは、私自身がずっと意識してきたことを共通言語で話せている気がして、分かり合える感じがしたのが嬉しかったですね。

代表の人柄に惹かれて

キャリアを積み重ね独立もしている山口さんが、なぜヴァンテージポイントに所属したのでしょうか。

ヴァンテージポイントに所属しようと思った理由のほぼ99%は、村松代表の考えや人柄に惹かれたからですね。自分が今まで長く経験してきた金融というフィールドでは、凄いセールスをたくさん見てきました。私自身もそれなりに自分のセールスには自信があります。それでも、他の業界で圧倒的な成果を上げている人と近くで一緒に仕事をすることは、学べることもすごく多いです。

村松代表にヴァンテージポイントのような新しいジャンルの会社を立ち上げていること聞き、私自身が営業マンとしてヴァンテージポイントをサポートしていきたいと思えたんです。

現在はヴァンテージポイントでどのような仕事をされていますか?

主には、採用支援と営業支援ですね。今まで経験して来た株や投資信託などの金融商品とは全くの別ジャンルになりますが、採用の部分にも長年携わって来たので、その時の知見を活かしながら取り組んでいます。
今後に向けて今動いていることとしては、単純に求人広告を売るだけではなくより良い人材を集めるための採用戦略の立案であったり、採用全般を最適化していくコンサルティングサービスを始めようと上司と相談しているところです。

自分の可能性を広げられる

ヴァンテージポイントに所属されてプラスに感じられたところはどこですか。

自分の営業マンとしてのスキルを更に広げていけるというところですね。企業の営業チームというのは、ほとんどが自社製品を売っているわけですよね。そうすると、“お客さまのために”というよりは、“自分の会社のために”営業をするという考えになってしまいがちです。

それに加えて、「山口は〇〇さん担当ね。」と営業相手も決まってしまっているんですよね。それがヴァンテージポイントの場合は、扱う商品も求人広告だけではなく、色んな商品を売れる権利があるので、そうするとお客さんも無限にいるわけです。

“限られた商品×限られたお客さま”で勝負するのではなく、もっと大きなフィールドで勝負でき、自分の可能性を広げられるのがヴァンテージポイントなんですよね。

今後ヴァンテージポイントでやっていきたいことを教えてください。

大きく二つあり、一つめは“営業”を極めたいということです。私が15年間、金融業界で営業をしてきましたが“本物の営業力”があれば、どんなお客様に対して、どんな商品も、しっかり売っていけると思っています。それが私の考える“究極の営業”です。そういう“汎用性の高い営業力”を追求していきたいと思っています。二つめは、自分が新しい商材を持って来てヴァンテージポイントで売っていきたいということです。
現在ヴァンテージポイントで私が扱う求人広告やコンサルというのは、村松さんや他のメンバーが作ったプロダクト中で私が一営業として仕事をしていることになります。

今後は新しい商材を自分で引っ張って来て、私自身が一営業として売るだけではなく、ヴァンテージポイントというチームで世の中に広めていくことができたら良いなと思っています。日本全体に影響を与えられるようなベンシャー企業の商材を発掘し、その商材をヴァンテージポイントを通して、世に広めていけたらいいなとは考えています。

最後になりますが、山口さんの人生の目標をお聞かせください。

私が大切にしている考え方に「自分の得意な分野で世の中に貢献する」というものです。
10年後に自分の得意なことが増えていることに越したことはないんですが、今現在、私の社会人人生を振り返ると、今まで人より運も良くできてきたことが営業なんですね。

なので、そういった営業という得意な分野で「世の中に貢献した」と実感できる仕事をしたいというのが私の人生の目標です。

ヴァンテージポイント株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings