1
/
5

「RIBON」の由来について

本日は、改めて社名のRIBONについて書き留めておこうと思います。

社名のRIBONは、5歳から中2まで飼っていた猫の名前で、当時5歳の私が名付け親です。女の子だったらりぼんちゃん、男の子だったらネクタイくん、にしたかったらしい。

りぼんは可愛いけどネクタイはセンスない…笑

私が一人っ子なので姉妹のような感じで、初めは私がお姉ちゃんでりぼんが妹だったのですが、猫の方が早く歳をとるのもあるかも知れませんが、凄い面倒見の良い空気の読める猫で、途中で急に立場逆転、私に対してめっちゃ上から接して来る、可愛い可愛いちっさなお姉ちゃんでした。

親に怒られたら慰めに来てくれたり、泣いているとそっと横に来て涙を舐めに来てくれたり、一緒にお留守番したり、私の代わりに虫を追いかけてくれたり、勉強の邪魔をして来たり、私の髪の毛に絡まって一緒に寝たり、一緒に成長して来ました。

写真は、幼少期の私と、りぼんです。

肺炎で早くに亡くなってしまいましたが、今でも大切な家族です。

凄い偶然で、今回お店の契約周りから内装等色々と力添えして下さった方の会社の設立日とそのりぼんの誕生日が同じ日で、中2の頃に亡くなってしまったりぼんが繋いでくれたご縁なのかなーと。。



そして、設立日は10月22日にしました。

2匹目の猫(この子も同じ名前でりぼんちゃん)が、先日乳癌になってしまって、2021年10月4日に亡くなってしまったのですが、人間同様、猫の乳癌に関連するキャットリボンの日というのがあるのですが、それが10月22日。

亡くなる数週間前に、何かを思い立ったかのように急に久しぶりに実家に帰ったのですが、それもりぼんがもう会えないよーと言って私を呼んだかのようなタイミングでした。最後に会えて、本当に良かった。

これからは、天国から私の頑張りを見届けながら、嫌なことは今までみたいに退治してくれると思うし、ずっと側にいて欲しいなという想いもこもっています。



コミュニティスナックに関連する社名にしようかと色々考え悩みましたが、株式会社RIBONは、今のSnack事業だけに留まるつもりもないですし、将来的にも色々なご縁や家族を大切にしていくという意味も込めています。


元々の猫の名前をつけた5歳の私は、きっと頭に付けるリボンをイメージして名付けたとは思いますが、社名のRIBONは、頭に付けるリボンでは無く、決してぶりっ子したい訳ではないので是非ともお見知り置きを!!笑

そして5歳の私は、まさかその自分が名付けた猫の名前で起業するなんて思ってもいないでしょう。笑


設立日も、初めは、小学生の頃から大好きなw-inds.の橘慶太様のソロデビュー日10月18日にしようかなとかそんな事を考えていましたが、、ふざけなくて良かったですよね。笑


日本の未来が少しでも明るくなるように、楽しみつつ頑張って行きますので、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします!

株式会社RIBON's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more