1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

定期的に様々な研修を行っています。
確かなスキルを身につけて、先端技術の”モノ作り”に携わる! 弊社社員の職歴は、 「アルバイトしか経験がない」 「別業界で残業漬けの毎日を送っていました」 「シェフや塾の先生などITとは関係のない仕事でした」 など様々ですが、当社に入社後イチから仕事を覚え、キャリアを磨き、活躍しています。 キャリアを磨くために現状から背伸びをして、難しい仕事にチャレンジするのも1つの選択肢です。 でも、確実にできる仕事を担い、自信をつけてから、1つ上のキャリアを目指す選択肢もあります。 弊社は、仕事をする中で 「新しい仕事にチャレンジしたい」 という考えが生まれたら、チャレンジできる会社です。 もちろん今の仕事を続けたい場合は、そのまま続けることが可能です。 イチから全て教えるので、プログラミングなどの知識は不要。 実は、最初はエンジニアに興味がなく 事務職として入社した先輩で、 エンジニアに転身する人もいます。 ------------------------------------- ・ありがとうと言われる補佐業務 ・自分の仕事が楽になるツールを作るエンジニア ・世の中の基盤を作る大型ITプロジェクトをまとめるマネージャー ------------------------------------- あなたのしたい仕事を教えてください。 会社は、様々なITの現場で働けるようにサポートします!

Why we do

私は社会人になってから約10年、1週間のうち5日間「我慢して」仕事をしていました。 「1週間のうち5日間も我慢して生きるって、果たして私は生きてて楽しいのだろうか。」 「しかもそれが60歳まで続くなんて、もう絶望しかない。」とさえ思うようになりました。 そんな時、私は生き生きと仕事をしている人たちと出会いました。 その人たちに共通しているのは、みんな「自分に素直である」ということでした。 私はやっと「私が勝手に我慢していたんだ」と気づきました。 私の人生が楽しくないのは、社会のせいでも、育った環境のせいでもなく、 すべて「我慢しなければならない」という私の思い込みのせいだった!! そう気づいた瞬間に、私が見ている世界の色が変わりました。 それから、会社を作ったり、たくさんのチャレンジを重ねるうちに 「チャレンジって楽しい!」とワクワクするようになりました。 もちろん、成功ばかりではありません。失敗もあります。 でも、チャレンジの1歩がなければ「楽しい!」と思うこともないのです。 もし、今も「素直になれず」「我慢して」生きている人がいるとしたら、 その人と一緒に「怖くないよ!」とチャレンジの1歩を踏み出すことが私の使命ではないかと思っています。 私と一緒にチャレンジしてくれる人 何かのチャレンジの背中を押してほしい人 変わりたいけど変われなくて毎日しんどい人 そんな人たちとITを通してお客様に喜んでいただき、 一緒に会社をつくって、「楽しい!」を増やす事がハピネスハートです。

How we do

誕生月の社員にはプレゼントがあります★
社員と社長の距離が近く、気軽に思いを伝えられます
ハピネスハートはまだまだ小さな会社です。 しっかりと社員ひとりひとりの顔が見えます。 社員のみんなは本当に素直で、一生懸命仕事に取り組んでくれています。 男性が多いIT業界で、 どピンク色のホームページも、 可愛いロゴも、 名刺交換するたびに褒めていただける名刺も、 すべて社員が作ってくれました。 社長は何もしていません。 帰社日には誕生月の社員をお祝いしますが、 そのプレゼントすら、社員が社員のために選んでくれています。 誰かのために使える力って、教わらなくても実は みんな持っているのだなと感じます。