1
/
5

What we do

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …   【 TRYT 】    TRY(挑む)      +   RIGHT(正しい)      +  TOGTHER(ともに) ■社名の由来 2020年の社名変更以前より、当社の強みであった「人とともに(Together)、挑む(Try)」 という姿勢を大切にしながら、早いスピードで変化する世の中とその価値観の中で、変わりゆく「正しさ (Right) 」をとらえながら、ステークホルダーの方へ安心を届け続ける存在であるという思いを込めています。 * … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … トライトグループは、株式会社トライトと、傘下の株式会社トライトキャリア・株式会社トライトエンジニアリングの計3社からなる人材紹介・派遣サービスグループです。2004年、建設業界への人材派遣からスタートし、創業から2020年まで17年連続の増収増益を実現しました。 今後は、既存事業の深化を図りつつ、「介護・医療サービスにおける地域格差の解決」と「業界のDX推進」を柱に新たな取り組みを行いつつ、当社のさらなる成長だけでなく、事業を通じて「持続可能な開発目標(SDGs)」に貢献するほか、女性活躍推進室を設置し、女性社員のキャリア支援にも注力していく予定です。 ▼トライトとは? トライトは、人材紹介・派遣サービス等の事業を行うグループ会社の競争力強化に向けた各種環境の整備と支援、経営計画・管理ならびにそれに付帯する業務を担っています。管理本部、経営企画本部、人事本部、マーケティング本部で成り立っており、一人ひとり選任の業務を任され、グループ全体の成長を支えるプロフェッショナル集団です。 ▼トライトキャリアとは? トライトキャリアは、医療・福祉事業に特化した人材紹介・派遣サービスを主軸に運営をしており、「介護ワーカー」「医療ワーカー」「保育士ワーカー」等、各種サービスの累計登録者は、昨年2020年12月末時点で100万人を突破しました。人材派遣サービスにおいては、今年3月から、これまでの介護職・保育士の派遣サービスに加えて、看護師派遣もスタートするなど、医療・福祉業界を取り巻く慢性的な人材不足に関わるすべての社会課題へ寄与することを目指しています。 ▼トライトエンジニアリングとは? トライトグループ創業の2004年から、建築施工管理、土木施工管理、設備施工管理、電気施工管理、CAD オペレーターなどの建設業界に特化した求人・転職情報サイト「施工管理ジョブ」を運営し、建設現場に施工管理を行う技術者(現場監督)の派遣・転職支援事業を行っております。北海道から沖縄まで全国11拠点に営業所を設け、日本を代表するスーパーゼネコン・大手ゼネコンから工務店など幅広い企業を取引先に持ち、全国で約1500人の人材の派遣を行っています。

Why we do

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … ■Vision 「ひとりの明日を変えることから、社会の未来を変えていく。」 自分の可能性を信じて挑戦する人を支え、ともによりよい明日を目指すこと。 その積み重ねが、変化を求め一歩踏み出す人々の勇気となり、後押しになると、 私たちは信じています。 トライトグループは、ひとりでも多くの人が自分の仕事に誇りを持って生きていけるような、活力に満ち溢れた社会を実現していきます。 * … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … ■Mission 「挑む人と、ともに挑む」 人材サービスからはじまった私たちは、人が持つ可能性を信じています。人は、自分が思う以上に高みを目指せると、実感しています。だから。前へ前へと進む人や企業のために、「情熱」と「情報」をもって、ともに挑むパートナーとなります。悩みに耳をかたむけ、喜びを分かち合い、壁を乗り越えていきます。絶対に達成するという強い意志を持って、一歩一歩、よりよい未来へと進んでいきます。 * … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … 私たちは、「人」のちからで成長してきた会社です。 その「人」とは、サービスを展開する業界で働くエッセンシャルワーカーの方はもちろんのこと、一緒に当社で働く仲間たち、そして自分自身のことを指しています。 コロナ禍になり、これまでのスタンダードが変わった現在では、永久の安全・安心だと思っていた道が、輝かしい未来に繋がっているとは限りません。しかし、働き方改革、コロナ禍における新生活様式など、本当に早いスピードで世の中とその価値観が変化するとともに変わりゆく「正しさ」もあると思います。 だから、その時代・その時々の「正しさ」を捉えながら、変化することを恐れず、みなが自分の可能性を信じて、少しでも一人ひとりが「正しい」と思える未来へ挑む勇気を持つことが必要なのではないでしょうか。 私たちは挑む人の伴走者として、事業を通してあらゆる角度からともに挑むことで、当社が掲げるVisionの世界に繋がっていると信じています。

How we do

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … ■Value 「当たり前をつきつめて、当たり前を超えていく」 誰もが見逃すような普通のことを、誰よりもやっている人がいる。 その「誰もが見逃すような普通のこと」を積み重ねていくと、誰もが当たり前にできないことが、当たり前にできるようになる。 自分の当たり前を決めているのは、いつだって自分。 自分自身が決めた限界を超えた先に、叶えたい自分が待っている。 * … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … 「もっと変わっていい、もっと変えていい」 自分が感じている違和感に気づく。 その違和感を、口にしよう、まわりに伝えよう。 それは、きっと今の自分だけでなく、明日の組織や1年後の社会を変えるきっかけになる。 変わることに、遠慮はいらない。 自分が変われば、向き合う相手の未来が変わる。 向き合う相手の未来が変われば、少しずつ社会が変わっていく。 自分を、相手を、社会を、より良い方に変えていこう。 * … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … 「想うこころ、信じるこころ」 相手を想うこころが、自分を立ち止まらせる。 立ち止まってみるからこそ、見えなかった道が開ける。 相手を信じるこころが、次の一歩を踏み出させる。 その一歩が原動力となり、ともに新しいスタートを切ることができる。 向き合い、認め合い、支え合う。 こころの繋がりが、新しい未来を広げていく。 いくつもの信頼で、明るい未来へ進んでいく。 * … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … 当社では、社員証の裏側にValueが印字されていて、いつでも社員のそばにこの言葉があります。 また、毎朝各部署で朝礼を実施しておりますが、その際「MVVシェアリング」というものを行っています。 Q:「MVVシェアリング」とは? A: その日のチーム内の担当者が日頃の業務や気になるニュースなどから、当社のMission・Vision・Value(以下、MVV)と紐づけてシェアする取り組みです。 この取り組みを行うことで、自己の振り返りを含め、「実際にどう考えて業務にあたっているのか」「どうなっていきたいのか」を共有しあう場になっているという社員からの声もあり、本人が思っていることを管理職が知るきっかけに繋がることで、業務指示を行う際にMVVに沿って行うなど、マネジメントに生かせているケースも見受けられます。 ▼詳しい取り組みの内容について、当社プレスリリースも合わせて御覧ください。 共感からブランディング強化に繋げるパーパスブランディングの推進 「トライトフェスティバル」で早期の企業文化醸成を目指す ~企画実施から約半年で浸透率約70%、管理職128名のアンケートから見えた組織変化~ https://tryt-group.co.jp/archives/1478/