1
/
5

「世の中に影響を与えたい」熱い思いを語っていただきました!<社員インタビューvol.7>

こんにちは。人事総務チーム 桑原です。

今回は、ビジネスプロデュースユニット シニアマネージャー、三科 佑太郎(みしな ゆうたろう)さんにお話しを伺いました。

大手企業向けに対して、課題解決の提案をされている三科さん。幅広い業務を担当するまでに至った経緯と、その熱意についてインタビューしました!

―三科さん、よろしくお願いします!まずは、経歴を教えてください。

三科さん 大学院でメディアデザインを研究していました。そこでは、主にIoTの研究をしていました。修論は「世の中のファッションをより楽しくするには」という研究テーマで、日常のコーディネートをサポートしてくれるアプリケーションを実際に作成し、ユーザーテストを行っていました。

―アプリも実際に作成されていたとのことですが、全てご自身でですか??

三科さん はい。実は、アプリのデザインやプログラミングもしていたので、コードを書くこともできます。「サービスを自分で作りたい」という気持ちが強かったこともあり、就職活動時には、エンジニア職やデザイナーでも応募し、今やメガベンチャーと言われるようなIT企業からも内定をもらっていました。いくつか内定を頂いた企業の中で、結果的には広告代理店に入社を決めました。

―選択肢がいくつもある中で、なぜ、最終的に広告代理店を選ばれたのか教えてください!

三科さん 僕が就職活動をしていた頃は、グリーをはじめ、Web業界が盛り上がっている時期でした。ですが、その当時は、「仕事を通じたアウトプットが、いわゆるWebの中だけでいいのだろうか」という疑問もあり、広告代理店であれば、WebをはじめTVやイベント、雑誌、ラジオなど、様々なチャネルを使い、アウトプットできるのではないかと考えたため、ファーストキャリアとして広告代理店を選びました。

―世の中に影響を与えたい気持ちがヒシヒシと伝わります(笑) 実際、広告代理店ではどのようなお仕事をされていたのですか?

三科さん 広告代理店では、営業をしていました。担当歴が一番長かったのは、某大手化粧品メーカーですね。そちらのクライアントとは、CMの制作をしたり、メディアを立ち上げたり、イベントの企画を行ったり、雑誌や新聞で広告を出したりと、いわゆる統合コミュニケーション(IMC)といわれる全メディア・タッチポイントを駆使するコミュニケーション施策に取り組みました。クライアントの予算と目的が最適化された形で提案をする、ということが常に求められていましたね。

―クライアントからのオーダーを聞き取って、提案内容に落とし込むことが求められるのですね。業務の経験の幅という意味ではいかがでしょう?

三科さん そうですね。クライアントの規模によっても、任される仕事の範囲はまちまちです。例えば大手自動車メーカーでは、年間で大きな展示会も多いためイベントのみを対応するチームや、デジタル広告専用のチームなどプロモーション領域ごとにチームが分かれていました。

クライアントの規模が大きい分、全ての施策に携われるということは稀なのですが、僕の担当していたクライアントは、ブランドごとに担当は分かれるものの、すべての施策を1つのチームで回していたので、イベント対応からデジタル広告のプランニング、媒体社とのコミュニケーションやTVCMのクリエイティブ制作まで、広告マーケティングにおけるほぼ全ての業務領域を広く経験を積めたことは、とても恵まれていたし、今の仕事に凄く役立っています。


―様々な経験を積み、さらに大きな仕事を任される、まさにそんな時期だったのではないかと思いますが、そんな立場を離れて、グリーライフスタイルに入社をされたきっかけを教えてください!

三科さん いえいえ、全然そんなことはありませんが、数多くクライアントの要望を伺い、代理店として広告コミュニケーションで課題解決のご提案をしてきましたが、広告の前に「そもそもサービスを改善した方が良い」とか、「この事業は止めて方向転換した方が会社のためではないか」など、広告を通じてだけでは解決できない事業会社の課題を感じることが多くありました。

実は、将来的には自分で事業会社を立ち上げたいという思いもあり、代理店ではなく今までの経験を生かして事業会社側で課題解決の経験をしてみたいという思いに至り、転職を決意しました。

―数ある事業会社の中で、グリーライフスタイルを選んだ理由はありますか?

三科さん 転職活動をする中で、某外資系IT企業や某アパレルメーカーのマーケティング担当での内定先などいくつかの選択肢はありました。しかし、転職を考える数年前から学生時代の同級生がグリーでメディア事業を立ち上げるから一緒に働こうと誘ってくれていました。実際転職を考え始めた時に、改めて話を聞いていて、最終的にはそのアツい想いに押し切られたという感じです(笑)

―キャラの立ったメンバーが揃っていますからね(笑)過去のご経験が今の仕事に活かせているというお話もありましたが、どんな内容なのか読者の皆さんにお伝えいただけますか?

三科さん はい(笑)ご存知の通り、当社には、なりたい自分がきっと見つかる美容系メディアのARINEとお手軽工夫で家事上手をコンセプトにしたLIMIAというメディアがあります。これらのメディアを通して、クライアント支援をしたり、デジタルマーケティングの手法を用いて課題解決を行っています。

僕のチームでは、特にナショナルクライアントと言われる大手の企業様に対して、デジタル領域において、ゼロベースで戦略を立て課題解決の提案をさせて頂いています。提案の幅はとても広く、広告代理店の頃の経験が大いに役立っています。形としては、クライアントと当社の2社間に限らず、複数の企業様を橋渡しすることもあります。クライアントの課題解決ができるように時々刻々と移り変わるデジタル領域のトレンドの波を読みながら、試行錯誤を繰り返しながら提案をしている状況です。

―「グリーライフスタイルならでは」なことってありますか??

三科さん やはり、グリーのもつアセットをフル活用して、今までにはなかった新しいアプローチをしていけることかと思います。グリーの強みは新しいサービスや事業を自分たちで開発できる環境があること。これは広告会社がもっていないことであり、事業会社の強みであるともいえます。ゲーム事業や最近成長しているVtuber事業など、グリーが持つアセットをメディア側でも活用できることはとても魅力的だなと感じています。実は最近、某クライアントに対して、ゲーム事業と連携しゲームを作成してそれをフックにするような提案をしたりもしました。事業を跨いだ連携が柔軟にできることは、すごく面白い環境だなと思っています。

―ちなみに、ベタではありますが、仕事において嬉しかったことはありますか?

三科さん 先日提案に行った際に、プレゼン後に先方から『ご提案ありがとうございました、すごく楽しい時間を過ごすことができました!』というメールをいただきました。クライアントに対して仕事の提案をしていた時間が、クライアントにとって楽しい時間だったと感じてもらえたことは、とても光栄なことでしたし、クライアントのことを最後の最後まで考えた提案は気持ちが伝わるのだなと、素直に嬉しかったですね。この出来事をメンバーに伝えたところ、チームの士気が上がって「より一層頑張ろう!」という雰囲気になったことも嬉しかったですね。

―最後に、転職を考えている方に一言お願いします!

三科さん 今ナショナルクライアント向けの案件がどんどん増えており、一緒に会社を成長させるために仲間を探しています!「決まっているものを仕組化して効率的に売る」ということよりも、「クライアントが抱える課題をゼロから考え、デジタルマーケティングの力で解決する」ことが求められる仕事ですが、提案の幅は発想次第で大きく広がります。

特に、広告代理店でお仕事経験のある方、裁量を持って取り組める職場環境です。即戦力人材お待ちしております!カジュアルな面談もお受けいたしますので、ご検討ください。

―ありがとうございました!

三科さんの熱い思いに私も心が動かされました。改めて「クライアントに喜んでいただけるようなお仕事をしたい…!」と思える貴重なインタビューでした!

今後も定期的に当社で働いているメンバーを紹介していこうと思っておりますので、ご興味ございましたら、フォローをお待ちしております!

2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings