1
/
5

What we do

日本の成長支援を手がける大手企業向け新規事業コンサルティング会社「コロニー株式会社」。100社以上100案件/月が並行稼働。昨対比500%以上の成長を遂げました。4期目の今年は更なる成長を目指し事業に邁進。東証マザーズ上場を目指しております。CFO、CxO、コンサルタント、エンジニア、総務・経理・営業事務、インターンを募集中。ぜひ応募ください。
【代表取締役 CEO 清水勇樹】株式会社NTTデータにてシステムインフラエンジニアとして勤務後、 デロイトトーマツコンサルティング株式会社へ入社。主に、日系大手企業向けに、様々な業務改善・新規事業開発案件を手掛ける。その後、楽天株式会社へ転職し、複数サービスの新規事業をリード・推進し独立。 リディッシュ株式会社を取締役COOとして設立に携わった後、コロニー株式会社を設立
【200年変化のないコンサル業界を変革し「全ての課題を組織・人が解決できるようになる世界」 を目指す】 私たちは、様々な領域におけるエキスパートとのネットワークを強みに、戦略・事業開発コンサルティング会社として数多くの企業の課題・ノウハウの内製化支援を行ってきました。 <Vision> 「全ての課題を組織・人が解決できる世界を目指す」 <Mission> 「課題解決の民主化」 当社は、コンサルティング業界としては初の「オーケストラコンサルティング」を展開しています。 「オーケストラコンサルティング」とは、プロフェッショナルな人材を集めて状況にマッチしたチームを作り、企業の経営課題の解決や新規事業の立ち上げをサポートするコンサル手法です。 「オーケストラコンサルティング」で万全な体制を築きつつありますが、「課題解決の民主化」にはまだ至っておりません。 民主化とはカジュアルに誰もがアクセスできるものであるべきだからです。 【自社プロダクト「Experty」について】 これまでに蓄積してきた事業開発や課題解決の知見を活かし、2020年4月から自社サービス「Experty」の開発に取り組んでいます。 事業イノベーション・推進を行う上で足りない知見・経験をコンサルタントやその分野のエキスパートに気軽に聞けるCaaS (Consulting As a Service)を実現するのが、「Experty」です。 「Experty」は、エキスパートコンサルタントの知見を集約した課題解決の知恵袋とも言えます。 これまでのノウハウや知見が集約されたデータベースの閲覧、チャットを通したコンサルタントへの気軽な相談と要件定義支援など、サポート体制も万全です。 全ての課題解決の方法と、課題解決をサポートするコンサルタントが集まる課題解決プラットフォームとなり得ると考えています。 エンジニアリング、コンサルティング両面での知見がある当社だからこそ生まれた自社サービスで、企業のイノベーションを加速させます。​

Why we do

【コンサルティング業界の課題】 現在のコンサルティング業界には、「多大な時間を要する」「コストがかかる」「実行実現性が低い」など様々な課題があります。 これらの課題により、企業の成長や事業イノベーションは停滞し、大きな可能性の芽を摘んでしまっている企業も少なくありません。 それらを解決するために、私たちは課題解決のプラットフォームである自社プロダクト『Experty』を開発しています。

How we do

【コロニーの5つのValues】 1.Set the Bar Sky High   普通じゃない目標を掲げ、どうそれを達成していくのかから考える 2.Move at High Speed   誰もやったことが無いことをやる   そのために、素早い意思決定と行動で前に進め、そこから学び、改善をする 3.Get Things Done   様々な手段を用い何が何でも物事を達成する 4.Act as Professional   1人1人がプロフェッショナルとして、スキルの研鑽を積み、行動で示す 5.Keep Integrity   関わる全ての人やビジネス対して誠実に向き合い、行動する 【モダンな技術スタック】 <インフラストラクチャー> AWSを中心としたサーバーレス構成を採用しており、サーバーの管理を不要としています。 AWS上の様々なサービスを組み合わせて、あらゆる機能を実現しております。 基本的にはオンプレのサーバーやEC2などのVPSを利用せず、AWS Lambdaを中心としたAWSリソースの構成であらゆる機能を実現します。 例えば、チャット機能やユーザー通知の機能を、LambdaやAppSync、DynamoDB、SQSなどを組み合わせた構成で設計し、スケール可能な構成でインフラをコードデプロイし、機能を実装するといった方法です。 <バックエンド> 実行環境のLambdaのランタイムでNodejsを使っており、その実装言語TypeScriptを採用しています。 フレームワークはExpressを利用しており、RDSのデータと連携したRESTfulなAPIの実装を行っています。(※一部機能はAppSyncのGraphQLを採用) <フロントエンド> フレームワークにAngular、実装言語にTypeScriptを採用しています。 状態管理にはngrxを利用し、rxjsと組み合わせた実装を行っております。 【開発メンバーの裁量】 ・OS やエディタ、IDE といった個人の環境は、各自の責任で好きなものを使うことができます ・企画を決定する場に、実装を担当する開発メンバーが参加しています ・タスクの見積もりは、実装を担当するメンバーが中心となって行っています ・全体のスケジュール管理は、途中の成果を随時確認しながら、納期または盛り込む機能を柔軟に調整する形で行っています ・プロダクトの開発言語やフレームワークなど主要な構成技術は、基本的に最新版より1年以上ビハインドしていません 【品質向上のための取り組み】 ・本番にデプロイされるコードには、全てコードレビューまたはペアプログラミングを実施しています ・「リファクタリングは随時行われるべき」という価値観をメンバー全員が共有しており、日常的に実施しています ・提出されたコードには自動的にリグレッションテストが実行される環境が構築されています ・コード品質評価ツールを導入して、メンバーが常に確認できるようにしています 【仕事環境の自由度】 ・仕事中、イヤホンの装着が許容されています ・フレックスタイム制または裁量労働制を採用しています ・リモート勤務を行うことができます ・服装自由です 【待遇】 ・入社時には、各自希望のスペックの PC やディスプレイを支給いたします