1
/
5

What we do

tearoom toka
特殊非加熱製法のボトルティー「冬夏青青 toka_seisei」
京都、御所東にある築100年余年の日本家屋にある、わずか6席のティールーム「冬夏」から、私たちは始まりました。「新茶が一番」「品質よりも銘柄」という日本茶の常識にとらわれず、畑ごとの味の違い、製法や施肥の有無から生まれる味の違いを淹れ分けることによって、日本茶はワインのように、生き生きとその個性を語りはじめます。冬夏が提供する日本茶は、これまでの日本茶のイメージを覆す美味しさで注目を集め、わざわざ冬夏を訪れるファンを増やし続けています。私たちの主な事業は以下の4つです。 【 ティールーム事業】 ティールームは、私たちの原点であり、日本茶の美味しさを味わっていただく場所。日本各地の有機茶葉の飲み比べが楽しめるメニューを用意しています。またゲストシェフをお迎えして、料理とティーペアリングを楽しんでいただく新感覚の茶会席イベント「TEA Inspirations」など、さまざまな日本茶体験を提案しています。また使用している茶器なども、併設するギャラリー「日日」で販売しています。 【 ボトルティー事業】 「冬夏の茶味をもっと多くの方に届けたい」という思いから、2022年秋、ボトルティー事業を発足。「冬夏青青 toka_seisei」は、3年の時間をかけて開発した特殊非加熱製法により、これまでの常識を越えた「ワインと並ぶ」ボトルティーです。製法だけでなく、販売方法もユニーク。京都市内のみに限定し、完全受注生産制でレストランやホテルなどにお届けします。使い終わったボトルは回収して京都市内で洗瓶してリユースするなど、京都密着型の「環境と経営」がコンセプトです。国際化やライフスタイルの多様化に伴い、ますます注目されているノンアルコール・ビバレッジ市場に、世界一小さな清涼飲料水メーカーである冬夏が、本物の味を届けます。 「冬夏青青」スペシャルサイト  https://tokaseisei.jp/ 【グロサリー事業】 「日本茶のある暮らし」をもっと身近に感じてもらえるよう、私たちはさまざまなお茶のカタチに取り組んでいきます。その拠点となるのが私たちのリーフアーカイブを保管している「冬夏LABO」です。ショップと呼ばず、あえて「LABO」と呼ぶ理由は、人と人、技と知恵、喜びと発見を創る場であり、有機農業家とお客様をつなぐ場を目指しているから。今後はここから、たくさんのユニークな新商品が誕生していきます。*普段は非公開です。 【ワークショップ事業】 お茶にまつわる味と技を共有する場所として開催しているワークショップ。毎回、テーマとなる茶葉をピックアップし、品種の歴史や栽培方法、淹れ方の個性を知るとともに、五感を刺激するテイスティングを体験します。

Why we do

天敵が害虫を喰み、茶畑が健やかに育つ
お茶は文化であり、経済であり、交流である
【私たちのミッション】 私たちは3つのミッションを掲げて、日本茶ファンを増やし、良質なお茶を未来にリレーしていくことを目指します。   ●日本茶の埋もれた魅力を引き出す   ●オーガニック農家を応援し健全な茶味を守る   ●識茶率をあげてお茶の言語を増やす 【なぜ、お茶なのか】 キリスト生誕前の中国から始まり、今なお世界で愛飲されているお茶は、人が見出した最も優れた食べ物のひとつです。手間ひまをかけて耕された茶畑と茶樹は、地域のランドスケープとなり、紀元前から続く農耕の叡智が結集しています。また、お茶を飲むための設えや道具、空間への探究美は、洋の東西を問わず、常に暮らしとともにあります。 中国の茶=Chaは東西に別れて伝播し、ロシアやインドのChai、英国のTea、仏国のThé、ドイツのTee、そして日本の緑茶と、世界中で愛飲されています。喫茶はお互いの違いを受け入れながら理解しあう文化の掛け橋であり、人と人をつなぐ素晴らしい社会的コミュニケーションでもあるのです。 【なぜ、オーガニックなのか】 昨今、日本茶に関心を持つ日本人が減る一方、健康や文化に意識が高く、購買力のある海外の市場が牽引する形で、有機栽培の緑茶は年々、欧米への輸出量を確実に伸ばしています。 あまり知られていませんが、収穫した生葉をそのまま加熱して作る茶葉には、「洗浄」という行程がありません。従って、私たちは茶園と自然の環境、栽培条件を、丸ごと水に溶かして飲んでいることになります。 今、日本の農家の平均年齢は67.8歳。農業を受け継ぐ若い世代が地域の仲間と連携し、有機栽培へとシフトするなど、日本の茶園は転換期を迎えています。

How we do

3つのエンジン
日本茶をあたらしい場所へ
私たちは、3つのエンジンを活かして、3つをデザインし、国や文化を越えて活躍できる未来のオーガニック・ティーカンパニーを目指します。 【3つのエンジン】  ●ART ー 有形無形の「感性」で、新しいアイディアをビジネスにする  ●SCIENCE ー アイディアに「再現性」を与えて、チームで大きく成長する  ●CRAFTー 「技術」を磨き高め、次の時代を切り開く 【3つのデザイン】  ●姿のデザイン ー 淹れ方、道具、空間、設えなどのスタイル提案  ●関わりのデザイン ー 有機栽培家、愛飲家を育ててつなぐ出会いの創出  ●成長のデザイン ー 次世代の食を担う人財の育成 【私たちが目指すもの】  ●思想や文化を越えて交流を生み出し、信頼基盤の経済を生み出します  ●だれもがアクセスできる、アート オブ ライフを提示します  ●自然資本保全に参加し、サーキュラー エコノミーを実践します 【プロ集団として】 冬夏株式会社はそれぞれ専門領域を持ったメンバーが先頭に立つ会社です。代表をつとめる奥村文絵はフードディレクターの草分け的存在であり、20年以上、フードビジネスの先頭に立ってきました。取締役の中尾光孝もまた、京都を拠点にIT技術を基盤とした国内外のブランディング・カンパニーを率いています。ほかにも財務のプロフェッショナルである税理士、医療者など、新時代のティービジネスを国内外に健全に成長させていくため、専門分野を持ったメンバーに参画してもらい、アドバイザリーボードを組んでいます。 また社外コーポレーターも私たちの大事なパートナーです。仕組みをデザインすることにより、TOKA Inc.のブランドイメージを牽引するグラフィックデザイナーの岡本健さん、素晴らしい写真で新しい日本茶の世界を魅せてくれるフォトグラファー西部裕介さん、インテリアデザインには、世界で活躍する建築家の二俣公一さん、そしてロゴデザインはドイツ人タイポグラファーの大御所、ヘルムート・シュミット氏が手がけています。 【良き人であれ】 求める仲間に国籍や性別、年齢は問いません。私たちが何よりも大事にするのはキャラクターです。チームワークを大事にできる誠実な心、公平で正直であること。間違ったことを認められる謙虚さ。ありがとう、と言える素直な気持ち。成長したいという志。技術や経験以前に「良き人であれ」を大事にしている会社でもあります。スタッフはみないずれもタフでユニークで、温かな情熱を持つ行動家です。そして、全員が食べることを大事にしています。 私たちは始まったばかり。レールもルールもありません。真っ白なノートを開き、最初に書き込むのはあなたです。wantedlyを通じて、想像を超えるような出会いとハプニングを楽しみにしています。