1
/
5

【新卒社員紹介】プログラミングスクール卒業生の就職ストーリーを紹介!

今回はプログラミングスクール卒業した後、弊社に入社して頂いた下中さんにお話を伺います。

・入社される前はどのようなことをされていたのですか?
大学に通っていましたがコロナ禍等の事情があり中途退学し、その後はDMMWEBCAMPというプログラミングスクールでRubyを中心にプログラミングを学びました。

・コロナ禍ではそれまでとは異なることで悩まされることが多いいですからね。DMMWERBCAMPに通われたということですが、なぜIT業界に就職しよう考えられたのですか?

幼いころからゲームが好きで、特に小学生になったころくらいからパソコンでもゲームをするようになり、次第にプログラミングにも興味を持つようになりました。
大学自体はITと関係のない学部に通っていたのですが、中途退学をすることになり進路を見つめなおす中でプログラミングをしてみたいと考えるようになり、プログラミングスクールに通って実際にプログラミングに触れてみたことでより強くこれを仕事にしたいと思うようになりました。

・なるほど、人生の岐路に立ち、本当に自分に向いていることは何なのか見つめなおされたのですね。その中でもなぜリバティ・フィッシュを選ばれたのですか?

プログラミングは独学では非常に難しいといわれますし、いくらプログラミングスクールで学んだといってもすぐに実践に通用するとも思えないところが不安だったので、研修がしっかりしているところやメンター制度があるところに惹かれました。
また今後自身のスキルを磨くうえで色々なプログラミング言語に挑戦してみたいという思いがあり、リバティフィッシュでは言語を問わず仕事を引き受けていると面接の時にお聞きしたことで決めました。

・確かに学習したことがそのまま業務で使えるかと言われれば難しいですね、、皆さんのスキル向上と自己の成長につなげられるよう一緒に頑張っていきましょう! 
入社後にどのようなことをしていますか?
ローコードを使ったアプリ作成をしています。今までと違ってコードを書き込むのではなく勝手が違って当初は大変でしたが、組み立てていって狙い通りに動作した時の感動は変わらずあって楽しいです。

・プログラムを組む工程が簡略化されているとはいえ全く書かないというわけではないので私も書いていて楽しいです!プログラムを書くことが楽しいということですが、下中さんは今後どのようなエンジニアになりたいですか?
今後たくさん困難に直面することになると思いますが、仲間と励ましあい粘り強く学び続けて困難を乗り越えるようになりたいです。そしていつかは自分のアイデアや考えをより分かりやすく具体的に伝えて実現させられるようなそんなエンジニアになりたいです。

・来年の就職者に向けてひとことお願いします。
コロナ禍で厳しい状況が続きますが今できる最善を尽くしていればきっと後悔の少ない選択ができると思います。素敵な会社に出会えるよう祈っています、頑張ってください!

リバティ・フィッシュ株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more