1
/
5

What we do

私たちコルデコ株式会社は、情報過多で自分に必要な情報がなかなか見つけられず困っている方に、少しでも役に立てるようコルデコの新型3D・AIデーターベース+AI・ECによるパーソナライズ化されたわかりやすい情報を提供することに力を注いでいます。 ファーストプロダクトとしてリリースしたヘルスケア特化型キュレーションプラットフォーム『コルデコ』をβ版として運用しつつ、現在は業界大手ホームセンターを運営するDCM社と提携し、DIYのユーザー投稿型キュレーションメディアやECサービス等の制作・運用を行っております。 【主なサービス】 ■ヘルスケア特化型キュレーションプラットフォーム『コルデコ』 β版:https://cordeco.net/ ■DIYユーザー投稿方キュレーションメディア「mirateo」 https://mirateo.jp/ ■ホームセンター通販DCMネット https://dcm-net.jp/ 【これからの展望やビジョン】 今はヘルスケア領域やDIY領域に特化していますが、これらのプラットフォームを多角的にさまざまな分野へ応用できるため、他業界への展開を考えており、AIの技術力とそこから生まれるコンテンツをプラットフォーム化してまいります。

Why we do

■知らなかったあなただけの価値を 株式会社コルデコはテクノロジーによって新たな知覚体験と価値発見を作り出します。 お客様につねに寄り添い、それぞれに最適化されたサービスが提供されることを目指します。 ■事業を始めた原体験 ヘルスケア分野を最初に始めた理由は「健康分野の情報の危うさ」からでした。検索は便利ながら、情報過多な状況に人々は疲弊し、あらかじめ情報がまとめられたキュレーションメディアが台頭しました。しかし、ほとんどの人が自分にとって最適な情報は自分自身もわかっていません。特に、健康に通じる情報は間違えると危険な結果をもたらしてしまいます。そんな危うい情報を排除して正しい情報をちゃんと届けたい。 そこから始まったのが当社です。 出典不明な情報ではなく、コンテンツ事業者と提携してちゃんとした情報を配信する。たとえば男性と女性では肩こりの原因が異なることが多く、必要な薬や対処法も違います。「肩こり」の検索キーワードだけでは、本人も気づいていない観点の情報に辿りつきません。 そこで私たちは、どうすれば一人ひとりに合わせた情報を届けられるのかを考えました。個人に最適化できる膨大な情報をAIでなんとかできないだろうか。この発想から、個人に合わせたレコメンドができる仕組みの構築を目指しているのが3D・AI データベースです。 ■社名の由来 ラテン語で「心」を現すコルデと、日本語の「個」をコと表現し、2つの言葉を組み合わせて「コルデコ」と命名しました。

How we do

【私たちの特徴やキャラクター】 ・社員15名と業務委託の方たちで構成されています。男女比は1対1ほどです ・現在はコンテンツチームが最多で、今後はエンジニアの比率を増やしていきます ・コンテンツを観てくれる方の生活が豊かになる、便利になることを実現したくて集まっている専門家集団です 最初はヘルスケア領域から始まったため、薬剤師や看護師、介護、薬剤メーカーで働いていたなどのヘルスケア領域で活躍していたメンバーが当時は多く在籍していました。その後に多角化し、エンジニアやマーケター、デザイナーがジョインし始めて、現在に至ります。 今後は、新しい事業分野に専門性のある方、DIYに興味があって自分でも実践しているような方を求めています。また、情報業界・分野に精通した方、テクノロジーを使って自身の想いを実現したい方も歓迎します。 【仕事の進め方やカルチャー】 ・コンテンツチームはにぎやかで、話し合いながら進めるカルチャーがあります ・エンジニアチームは、Slack上では活発ですが、リアルでは黙々とこなしています みんな話しやすく、フランクで風通しはいいです。