1
/
5

社員インタビューvol.3 若手メンバーをマネジメント面で支えるマネージャーの心得とは。

2015年2月 中途入社
エグゼクティブサーチ事業部 マネージャー
金子 貴光


>まずは前職までのご経歴を教えてください。

IT企業で6年勤めていて、プロジェクトリーダー、営業、営業推進の管理部門の3つの仕事をやっていました。


>どんなきっかけから、転職を考えられたんですか?

前職での葛藤と、自分のキャリアに対する考え方の変化がありました。
1つ目については、前職ではエンジニアが自社に1000人くらいいて、私が営業としてプロジェクトにアサインする役割だったんですけれど。それぞれエンジニアにも「開発がやりたい」「上流の業務がやりたい」というように、希望や不平不満がありました。でも1000人もいると、営業という立場では全て聞いてあげることが難しかったんです。なので、自社エンジニアの希望を叶えて、適材適所の配置をしてあげたいというモヤモヤがありました。
一方で、自分の今後のキャリアを考えた時に、「コンシェルジュ」になりたいって思うようになっていったんです。今後自分が価値提供していきたいのは誰かと考えたら、自分に関わってくれてる人たち、家族や友人や目の前のクライアントや社員に対してだなと思いまして。それぞれ色んな悩みや課題がある中で、それぞれに対して答えられるようになりたかったんです。でも自分一人では難しいから、周りにスペシャリティのある人を人脈形成しておけば、目の前の誰かが困っていたときに、人脈の中から専門家をご紹介してお繋ぎすれば解決できると思いました。ただ、それだけだとただの仲介役になってしまうから、自分にも何か専門性がほしいと思って、転職活動を始めました。


>ご自身のキャリアと真剣に向き合った上での転職活動だったんですね。そこから、ブライエッジにはどうやってたどり着いたんですか?

コンシェルジュっていうビジョンを持って、いくつか人材紹介会社にも頼っても、出されるのは営業の案件ばかりでした。そんなときに、ビジネスパートナーからブライエッジを紹介してもらったことがきっかけです。
ブライエッジには最終的に、ビジョン共感が決め手になって入社を決断しました。会社のビジョンというよりも、諸田さんのビジョンに共感したところが大きいですね。「諸田さんは人としてどう成長したいんですか?」と聞いた時、回答の中に「コンシェルジュっぽいイメージかな」という一言があって、ここだなと思いました。 それで決めてしまったので、規模とか年収とか一切知らずに入ったんですよ。当時本当に駆け出しの会社だったのも知らず、出社してみたら「あれ、2人しかいないけど社員ってこれ全員ですか?」という感じでした。(笑)


>詳細な情報を全く知らずに決めたんですね。(笑)業務内容などは理解されていたんですか?

それはね、辛うじてわかってました。(笑)
諸田さんと2回面接したんですが、1回につき3時間くらい話していました。その中で、ヘッドハンティングやってるんだなってことはわかりました。そんな27歳の転職。(笑)


>よくその情報量で、入社に踏み切れましたね。(笑)

よその会社は求人票に色々詳細が書いてあったからわかっていたんですけれど、規模とか年収面のプライオリティが高くなかったから「ふーん」くらいで見てましたね。 でも、今思えば条件面の確認くらいはしといた方がよかったなと思いますよ。(笑)


>そうですね。(笑)条件や会社規模は想像と違ったところも多いかと思いますが、業務内容の部分で、入社前と入社後でのギャップはありましたか?

知識の部分ですね。元々IT業界であるSIer出身だったので、ブライエッジが得意としている「IT・Web領域」において、経験は活かせるだろうと思っていました。けれど、ITとWebの違いが思っていた以上に大きかったんです。私はWeb系の知見がなくて、最初は何を言ってるのか全然わからない状況でした。
今でこそエンジニアの方々のヘッドハンティングを得意としていますけど、2年半前まではビジネスサイドの、営業やマーケなどのポジションのご紹介に強みを置いていました。対等な知識量で会話ができなかったので、エンジニアの方に失礼かなと思って、避けてしまってましたね。


>私の中では金子さんといえばエンジニアというイメージがありましたが、最初の頃は金子さんでも苦労されていたんですね。では、今現在担当している業務や注力していることを教えてください。

業務の領域としては、経営から採用業務、営業、マネジメントですね。前は事務業務もやっていましたが、コーポレート専任の木下さんが入ってからはお任せしてます。中でも注力しているのは、教育・マネジメントですね。



>この数か月で金子さんのチームメンバーは、目に見えて大きく成果を出されていますよね。かなり教育を意識されているのだと思いますが、マネジメントのご経験はこれまでにもあったんですか?

元々プロジェクトのリーダーをやっていたので、新卒の時に40名の派遣スタッフをマネジメントしてはいました。形式的にはマネジメントでしたが、今考えたら管理業務という感じで、本質的なマネジメントは経験してませんでしたね。


>ブライエッジに入って初めてマネジメントを本格的に担われて、どんな学びがありましたか?

たくさんありますよ。全部話したら、半日はかかると思います。(笑) 中でも大きなものは、“信頼関係”だと思います。こっちから指示を出すだけではなくて、メンバーが何をしたいのかという欲求・願望を知って、それを支援する側に回るのが大事ってことですね。
あとは、組織論として、チームとグループの違いを痛感しました。特に昨年がそう。「グループ」は、一緒にいるけどバラバラの方向を向いているもので、「チーム」は全員が同じ方向を向いている状態なんですけれど。「チームとは何か?」というところからまず自分が学んで、メンバーにも体系的に学んでもらえるように落とし込んでいったことが大きかったです。


>なるほど…中でも、具体的に大きく変えた行動や日々の関わり方はありますか?

メンバーの心の声っていうんですかね、本質的な欲求に近づくために、話を聞くようにしたことです。今までも表面的にはやっていましたが、「本当にそれがやりたいことなのか」を見極めるようにしました。
あと元々私はあんまりコミュニケーションをとらないリーダーだったんですけど(笑)、業務中なるべくオフィスにいるときは気に掛けるようにするとか、こっちからコミュニケーションをとるように変えました。


>ありがとうございます。現在はマネジメント以外にも、営業のプレイヤーから採用業務、経営側まで幅広く担当されていますが、大変だなと感じることはないですか?

うーん、毎日ですね。(笑)
でもある意味、本当に「大変だ」って思うことはないですね。私は目の前の出来事に対して、そのままを受け入れるようにしているんですよね。「順調にいくはずだ」って期待値が強すぎると、期待が裏切られたときに「大変だ」って感じると思うんです。私の場合は目の前のことをそのまま受け入れてるから、トラブルがおきても、「ああトラブルになったな。じゃあどう対応しようか」って考えるので、あまり感じないですね。


>そうなんですね。逆に、やりがいを感じるのはどんなところですか?

3つあります。1つ目は、経営者の右腕になれていること。自社もそうですが、特にクライアント企業の代表にとって、経営において重要な採用という分野でお手伝いができていること。
2つ目は、候補者の人生の疑似体験ができていること。候補者の方とお話をして、生い立ちから現状まで聞かせてもらって、その先のキャリアのことまで伴走していくのが私達の役割です。だから、その人の人生を自分のことのように考えていくのが当たり前になっているんです。それを年間約100回以上経験させてもらえているのは、価値を感じますね。
3つ目は、メンバーの成長。今までは自分がトップの成績を出して会社を護ろうとしてたけれど、自分だけでできることには限界があるんですよね。その分メンバーの子たちが成長してくれたら、自分1人以上の力を発揮できて、会社に貢献できるっていうのがありますね。



>今後、金子さんご自身が目指している姿や、ビジョンがあれば教えてください。

ビジョンは、最初にもお伝えしたんですが、コンシェルジュになること。人生の目的は、関わる人すべてに対して、物心ともに幸福度を上げることです。 あと成長の観点としては、社外的なものでいえば、人脈形成をし続けていくこと。自己成長の観点でいうと3つあって、1つが人の人生を棚卸しできる専門性を持つこと。2つ目がマネジメント力。3つ目が、経営力です。


>では経営側の観点から、ブライエッジを今後どんな会社にしていきたいと考えられていますか?

たくさんあって、まず自己実現の場にしてあげたいなと思っています。諸田さんの言葉そのままなんですけれど、代表がそう言ってるならその場を作るのが私達の役割かなと思います。 その中でも、諸田さんが作った場を“護る”のが、私の存在意義ですね。


>金子さんから見たブライエッジの魅力ってなんでしょうか?

本当に伸びしろがある環境なんですよね。組織って人で成すものだと思ってるから、今の社員にはとても可能性を感じてるし、会社としてもまだまだ可能性があると思います。そして、そのトップである諸田さんが、まだまだ可能性に満ち溢れてるんです。経営者として良い意味で未熟なので、諸田さんの成長と共に会社も大きく成長していける伸びしろがあって、それが大きな魅力ですね。


>では採用面についてもお伺いしたいのですが、金子さんは今後どんな方に入社をしてほしいですか?

何かを成し遂げたいと思ってる人に来てほしいですね。それは、諸田さんが「自己実現の場」とブライエッジを表現している以上、実現したい何かがある人に来てほしいからです。 あとは、自分のことばかりで自己成長だけで終わる人ではなく、自己成長した結果、外に対して何かしらの価値提供をしたいと思ってる人ですね。


>採用選考で面接官を担当されることも多くありますが、面接時に特に注目されているポイントはありますか?

原体験で、ちゃんと何かやりきったものがあるかどうかっていうのは見ています。この先何かを成し遂げたいという思いがある人は一定数いると思うんですが、過去に何かを諦めずやりきった経験というものは再現性があると思っているので、確認するようにはしています。
あとは、素直さ・誠実さ。例えばこっちが逆説を提示したときに、いきなり反論してくるのではなく、一度受け止めて考えてから返答ができる方は素直だと感じます。 あとは誠実さは感覚的に心地いい会話ができるかどうかと、これまでの人付き合いにおける考え方から確認しています。同僚や上司、お客さんに何を思ってどういう行動をとってきたかを聞いて、それがfor meじゃなければ誠実さがあるかなと思います。



>ありがとうございました。最後に、ブライエッジの入社を考えている方に向けて、メッセージをお願いします!

もし何か実現したい、叶えたい自分の姿や物事とかやりたいことが明確にあるのであれば、ぜひ一緒に働きましょう。お待ちしてます。


▼採用HP

ブライエッジ株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings