1
/
5

【就活で悩むあなたへ】高卒20歳でベンチャーへ入社、2年が経過し感じていること。

はじめまして!

株式会社バウムクーヘンの立石です。(写真中央)

まずは私のプロフィールを御覧ください。

  • 名前:立石龍斗
  • 年齢:22歳(男)
  • 学歴:工業高校土木科卒
  • 出身:長崎県佐世保市
  • 趣味:読書、映画鑑賞、バイク
  • 前職:板金工場の作業員

ざっくりこんな人間です。

今回はこんな私が通販会社に入社した背景と2年を終えて感じていることを記したいと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

株式会社バウムクーヘンへ入社した理由

私はとても楽観的な性格でした。

地元の工業高校へ入学した理由も

「実家から一番近いから」

地元の板金工場へ入社した理由も

「外は夏は暑い、冬は寒いから」

とりあえず何も考えることなく「楽な方」を選んでいたのですが、

当時19歳にして本を読む大切さに気づくきっかけがあり

自分の将来に対して本気で考えるようになりました。

ビジネス書を読み漁り「起業する」という1つの目標ができました。

それからは自分の楽観さを生かし行動は早かったです。

次の日には当時勤務していた板金工場を辞めると工場長に伝え

1ヶ月後には退職が確定し、「物を売る力」を学べる会社を探し

見つけたのが現職の「バウムクーヘン」です。

無事入社が決まりました。

入社2年を終え感じた事

  • 組織について
  • 大手とベンチャーの違い
  • 視点の変化

まずは「組織」の大切さについて感じる事が増えました。

そして雇用を生むことがどれだけ大変な事かも知りました。

現在自分が行っている事業で採用したインターン生3人とパートさん1名と働いています。

能力、コミットメント、協調性、個人の目標、勤務期間すべてが雇用に関して大事だと感じています。

自分のスタッフに関する見方も変化がありました。

インターン生が勤務している時間はインターン生の成功体験作りにコミットし、インターン生が退勤してから自分の仕事にコミットする。

雇用を行う上でとても大切なスタンスだと感じています。

次に「大手とベンチャーの違い」を自分なりの視点でお伝えできればと思います。

大手では、従業員の成果を65%ほど出せる仕組みを整えていると思います。

でもベンチャーでは成果を出せないヤツは必要とされません。

コレが私が思う違いです。

では、成果を早く出すためには?

それは、時間の投資です。

時間を投資する事で能力に差はあれど、縮めるもしくは追い抜く事ができると考えています。

毎晩毎晩商品やサービスについて考え、必要であれば本を読みます。

※あくまで個人の意見です。

最後に「視点の変化」について

どの物事もビジネスモデルから見れるようになりました。

収益はモデルと戦略に依存します。

A:1日平均4万の売上の飲食店を経営する。

B:それをフランチャイズ化して収益の掛け算を行う。

雑ではありますが、Aがビジネスモデル、Bが戦略と思っています。

どこまで掛け算を行えているかで収益性が違います。

無料でみなさんが使用しているサービスの収益がどこから出ているのか興味を持つことで、モデルに対して少しは楽しく向き合うことができると思います。

こんな形で記しましたが、いかがでしたでしょうか?

弊社ではインターンを現在も募集しております。

私と働きたい方、少しでも気になった方はぜひ

「話を聞きに行きたい」をクリックしてみてください。

株式会社バウムクーヘン's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社バウムクーヘン
If this story triggered your interest, have a chat with the team?