1
/
5

What we do

■加盟店向け:ネットショップ作成サービス「BASE」(https://thebase.in) 「誰でもかんたんに使える」をコンセプトとし、専門知識がなくても、スマホ1つあればどなたでも簡単にネットショップを開設・運営できるサービスです。 ネットショップ作成サービス「BASE」は日本全国の様々なショップオーナーさんにご利用いただいており、リリースから9年で170万を超えるショップが生まれ、日本最大級のネットショップ作成サービスとなりました。 2022年4月には「グロースプラン」の提供の提供を開始し、売上の大きくなった個人やスモールチームも「BASE」を使い続けらえるようプロダクトのアップデートに取り組んでいます。 ■購入者向け:ショッピングサービス「Pay ID」(https://id.pay.jp) 「Pay ID」は、これまでにない新しい決済サービスを提供し、オンラインショッピングにおける購入体験のアップデートを目指す購入者向けサービスです。 「Pay ID」は、BASE社の新規事業として2021年11月から提供を開始しました。「Pay ID」は既存サービスであるショッピングアプリ「BASE」とID型決済サービス「PAY ID」を統合して生まれたサービスであるため、すでに多くの方にご利用いただいており、「Pay ID」アプリのMAUは100万人、「Pay ID」アカウント保持者は800万となっています。 今後、プロダクトの鍵になる機能の1つが「Buy Now, Pay Later(BNPL)」です。 BNPLとは後払いを指す言葉で、海外では各社の参入が加速しており、日本国内でも市場成長が期待されている領域です。 BNPLへの参入をフックに、オンラインショッピングにおける購入体験をアップデートしていきたいと考えています。

Why we do

■ミッション ミッションには、「Payment to the People, Power to the People.」を掲げ、 個人やスモールチームをエンパワメントを目指し、 誰もが自由に経済活動を行い、好きなことをして生きていける社会の実現を目指しています。 代表の鶴岡は、 「100億円の売上のある1社より、10万円の売上のある10万人の人たちの味方でありたい」 と掲げており、創業当初から個人やスモールチームにフォーカスしてプロダクトを作り続けています。 ■「BASE」が生まれたきっかけ 「BASE」というプロダクトは、鶴岡の母の声がきっかけで生まれました。 鶴岡の母は、大分の商店街で洋品店を営んでおり、 ある日、「ネットで服を売ってみたい」と鶴岡に相談がありました。 鶴岡は楽天のような大手のECモールを使ってみるよう勧めましたが、 「使い方が難しい」「費用が高くて手が出せない」と母から返ってきます。 その際に、母と同じような悩みを持っている人が世の中にたくさんいるのではないか、 そう感じた鶴岡は、「BASE」の開発を始めます。 これが「BASE」のはじまりです。 ■プロダクト作りのポリシー 上記のエピソードの通り、「BASE」のプロダクト作りでは 「誰でも簡単に使える」「挑戦のハードルを可能な限り下げる」この2つを大事にしています。 ネットショップを始めて開く人も、エンジニアやデザイナーがいなくとも、 スマホ1つあれば誰でも簡単に自分だけのネットショップを持つことができる、 そんな簡単なユーザビリティを追求してプロダクトを作り続けています。 また、初期費用・月額費用は無料で利用でき、 個人やスモールチームの方々がリスクなくチャレンジできる形でプロダクトを提供しています。 ■参考動画 先日放映された『カンブリア宮殿』のダイジェスト動画です。 こちらでBASE事業の意義や鶴岡の理念・思想、利用ユーザー(ショップオーナーさん)についてご紹介いただいておりますので、ぜひご覧ください。 https://youtu.be/CRYEeTjP6Ww

How we do

事業やサービスの詳細、組織や制度については下記コンテンツをご覧ください! ➤ 会社紹介資料   https://speakerdeck.com/base/base ➤ エンジニア向け会社紹介資料   https://speakerdeck.com/base/for-engineers  開発環境や利用技術、開発スタイル、取り組む開発課題について記載しています ➤ 公式YouTube   https://www.youtube.com/c/BASEIncJapan  エンジニアへのインタビューやイベントアーカイブを掲載しています ➤ 「プロダクトチームブログ」   https://devblog.thebase.in  技術やデザインの取り組みについて投稿しています ➤ オウンドメディア「BASE Book」   https://basebook.binc.jp  メンバーインタビューを掲載しています