1
/
5

【九州プロサーチ・アメリエフ・PHCホールディングス合同】「次世代定量プロテオミクス技術(iMPAQT)を用いた新たな治療戦略」オンラインセミナー開催のお知らせ

概要

本セミナーでは、全タンパク質の絶対定量を可能にする高速ターゲットプロテオミクス技術(iMPAQT)について、九州大学 生体防御医学研究所 主幹教授 兼 ヒトプロテオーム研究センター センター長の中山敬一先生より、代謝ネットワークの全タンパク質を測定し、がんにおいて「第二のワールブルグ効果」と名付けた大きな代謝変化の発見とそれを標的にした新規治療法の開発についてご講演いただきます。
 また、九州プロサーチ 有限責任事業組合 職務執行者 執行役員 伊神 恒 氏より、このiMPAQTの受託サービスを提供する立場から、「代謝関連タンパク質一斉分析」及び「免疫関連タンパク質一斉分析」の2種類の大規模測定メニューを中心に、実際の受託解析に際しての条件などをご紹介します。
 アメリエフ株式会社 代表取締役社長 山口 昌雄 氏より、バイオインフォマティクス技術によるプロテオミクスデータ解析事例や、研究室内におけるデータ解析環境の構築方法についてご紹介します。

詳細につきましては、下記リンクよりご確認ください。

【九州プロサーチ・アメリエフ・PHCホールディングス合同】「次世代定量プロテオミクス技術(iMPAQT)を用いた新たな治療戦略」オンラインセミナー開催のお知らせ | amelieff
本セミナーでは、全タンパク質の絶対定量を可能にする高速ターゲットプロテオミクス技術(iMPAQT)について、九州大学 生体防御医学研究所 主幹教授 兼 ヒトプロテオーム研究センター センター長の中山敬一先生より、代謝ネットワークの全タンパク質を測定し、がんにおいて「第二のワールブルグ効果」と名付けた大きな代謝変化の発見とそれを標的にした新規治療法の開発についてご講演いただきます。  また、九州プロサーチ 有限責任事業組合 職務執行者 執行役員 伊神 恒 氏より、このiMPAQTの受託サービスを提供する立場
https://amelieff.jp/210707/
アメリエフ株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more