1
/
5

「デジタルと創造力と感性で、ブランド体験価値をデザインする」児玉敦 Planning&Design部門・UX/DX DESIGNセクションマネジャー

デジタル案件におけるUI/UXの企画、設計、開発でディレクション領域を担う、UX/DX DESIGNセクション。アマナらしく、クリエイティブなUX/DX戦略支援を目指すマネジャーの児玉さんに、セクションの役割や活躍できる人材についてお話を聞きました。

どのような部門・セクションですか?

Planning&Design部門は、ディレクター、プランナー、アートディレクターなど、コミュニケーションデザインの牽引役や要となるクリエイティブスタッフが多数所属しています。その部門の中の1セクションとして、クライアントのビジネスにおけるデジタル体験をよりよくするUX/DX戦略支援を担うのが私たちUX/DX DESIGNセクションです。メンバーは皆UI/UX&WEBディレクターで、WEBやアプリのコミュニケーション企画、設計、開発の知見を蓄えて、お客様のブランドやサービスの体験価値を高めるUI/UXを実現することを目指して活動しています。

業務としては、私やメンバーがプロデューサーと共にお客様へのクレデンシャルや営業サポートをしながら提案していく段階から入り、受注化した案件の制作・納品までを担当します。近年はBtoB企業のお客様が多く、デジタルマーケティングやデジタルコミュニケーションにおけるUI/UX強化改善が急務の課題です。たとえば、リアル展示会やフィールドセールスでいかにデジタルを活用しオンラインのブランディングやマーケティング活動を加速させるか、といった課題に対しての支援です。

アマナだからこそ提供できる価値は?

アマナならではと言えるのは「伝わり、動かす」ため社内にいるさまざまなクリエイターと協働して、最大限のクリエイションをお客様に提供できることです。戦略企画支援から始まり、最適な打ち手として創り出されるCGやビジュアル、映像、Webなどの表現やコンテンツのアウトプットは、社内の専門セクションと組み、包括的な支援を一気通貫して可能にしています。

業界にはさまざまなアプローチや強みの会社がある一方で、ビジュアルやコンテンツなどの事業が色濃いアマナには、感性を大切にしたUI/UX、クリエイティブと掛け合わせたUI/UXのクオリティが一際期待されていると感じています。

在籍メンバーの特徴と求められるスキルは?

メンバーの多くがキャリア入社で、前職はデザイナー、エンジニア、コピーライターなど、さまざまです。私自身は建築デザインを学生時代に学んだことから始まり、そこからグラフィックデザインやデジタルデザインへと興味が移っていき、広告業界のDTPやWebのデザイナーとしてスタートしました。メンバーに共通するのは、表現することやものづくりが一貫して楽しいと感じていて、好奇心や探究心がある人たちかもしれませんね。

UI/UX&WEBディレクターは、解決策やアイデアを出して企画を考える「プランニング力」と、それを相手に伝えて動かす「コミュニケーション力」が必要だと思っています。

また、デジタルのスキルや知見に加えて、ビジュアル指向のセンスや感性を持っていると、社内にいるクリエイターとスムーズなコミュニケーションがとりやすいと思いますね。

働く環境はどうですか?

現在はメンバーとのコミュニケーションもお客様とのコミュニケーションもリモートが多く、制作においてもリモートで完結できる環境や体制ができています。セクション内では週1回の定期的なオンラインミーティングを設けていて、案件の進捗確認をするほか、情報共有や意見交換の対話を大事にしています。クライアントや社内の情報、業界動向のトレンドをテーマにディスカッションや知識の底上げをしたりして、チーム力を向上させることにつなげています。

仕事の楽しさ、やりがいは?

UI/UX&WEBディレクターは、プロデューサーと一緒にお客様と直接対話をして提案を行います。そのため、自ら能動的に新しい試みをしていきやすく、そこで能力を高め成長していけるポジションだと思います。デジタルコミュニケーション領域においてはトレンドの変化が速く、新しい考え方やノウハウ、テクノロジーをどんどん取り入れて、よりよいものを思考していくことは楽しく、自身のスキルとセンスのアップにもつながります。

また、あらゆる業界・業種のクライアントと直接仕事ができ、その中には事業規模が大きい企業も少なくありません。最近は特にマーケティング部門や事業部門とのお付き合いが多く、戦略・企画のところから案件全体に関わることができます。そこにおける基本姿勢は、私たちはお客様のビジネスについて深く学び、お客様もまたクリエイティブやデジタルについて学ぶ、というお互いに享受しあいながら共創していく意識や関係がとても大事だと考えています。新たな発見が生まれることもあれば、ときには苦悩することもあり、そうした積み重ねを経て変化・成長につながるのは、自分にとってやりがいを感じているひとつです。

今後、目指すことは?

アマナは、お客様にとってのCo-CreationPartnerとなることを掲げています。その実現のためにはブランド体験価値を発展的に高めて、継続的な支援をする仕組みづくりが不可欠です。私たちのセクションでは、そこに寄与するUI/UX設計を洗練させ高めていくこと、そして再現性のある最良のパターンや成功要因を創り出すこと、この2つを目指してトライし続けていきたいと考えています。

センス、こだわり、創造力など、数値化できない部分が「世界にノイズと美意識を」を理念とするアマナの特徴。デジタルのスキルに加えて、感性をとても大切にしています。私たちに共感してくれるポテンシャルがある人材をチームに迎えて、ともに実現していきたいですね。

撮影:高橋直也(アマナフォトグラフィ

UI/UX&Webディレクターのお仕事にご興味をお持ちの方は下記求人より詳細をご確認ください!

UI/UX&WEBディレクター
デザイン思考と豊富な実績で、企業のデジタル体験を向上させる!
コミュニケーション変革をクリエイティブで実現するアマナは、企業や社会の本質的な価値や課題を見出し、伝わる形にビジュアライズ:具現化することで「届けたい想いが伝わり、行動を促す」コミュニケーションを創ることを目指しています。 年間2万件のプロジェクトに対して、30を超えるオリジナルのクリエイティブサービスやデジタルソリューション、多彩な専門スタジオやファシリティ、5つの専門メディア、パートナーネットワーク等を掛け合わせ、コミュニケーションプランを企画からプロデュース、実制作、それを届ける配信設計までワンストップで提供する国内最大規模のクリエイティブカンパニーです。 新規事業の立ち上げ、ブランドの構築、インナーコミュニケーション、コミュニティ形成、マーケティング活動、プロモーション戦略など様々な施策において、アマナは40年以上の歴史の中で培ったクリエイティブの知見によりコミュニケーションの質と量を変革させ、企業の価値を共に高めます。 ◇amanaINSIGHTS 最新トレンド情報やアマナの取り組みから得たインサイトを紹介しています https://insights.amana.jp/
株式会社アマナ

【関連情報】

株式会社アマナ's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more