This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

第4回「JEITA」ベンチャー賞を受賞しました!

このたび株式会社AI Samuraiは、一般社団法人 電子情報技術産業協会による「第4回 JEITAベンチャー賞」を受賞いたしました。JEITAベンチャー賞に関しては以下をご覧ください。

JEITA ウエブサイトの記事はこちらです。→https://www.jeita.or.jp/japanese/topics/2019/0326.pdf
弊社プレスリリースはこちらです。→https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000021559.html

JEITAベンチャー賞とは
JEITAは、サイバー空間とフィジカル空間(現実社会)が世界に先駆けて高度に融合した超スマート社会の実現 「Society 5.0」を推進する事業指針として、電子部品、電子デバイス、電子機器、IT・ソリューションサービスなどを中核としたあらゆる産業をつなぎ、業種・業界を超えて社会課題に向き合う業界団体です。
JEITAはカーエレクトロニクス、ヘルスケア、エネルギー、社会インフラなど、今後成長が見込まれる分野と連携するだけでなく、新たなエコシステム構築の担い手となるベンチャー企業への支援を強化・連携することにより新たなイノベーションの創出に貢献していくことを目的にJEITAベンチャー賞を創設しました。
JEITAベンチャー賞は創立15年以下のベンチャー企業を対象に2016年より創設され、「成長性・先導性」「波及性」「社会性」という3つの観点から電子情報技術産業や経済の総合的な発展に貢献しうる企業を表彰するものです。4回目の取り組みとなる今回は、㈱AI Samuraiを含めた3社が受賞いたしました。

受賞の背景
AI Samurai社のJEITAベンチャー賞受賞理由は、『IP Samurai®』の開発が、研究開発者にとって大きな負担であった特許出願時の類似文献調査にかかる時間や費用を大幅に低減することができ、発明者がより創造的な研究活動に専念することを可能とし、その結果として多くの研究開発者の手助けになることが期待されているためです。今回の受賞を受け白坂一代表取締役と開発の中心メンバーである三上崇志取締役CTOは全社一丸となって取り組んだことでこの栄誉ある賞を受賞することができましたとコメントしています。

                             (白坂一代表取締役 ※画面上段中央)

「この度は『JEITA』ベンチャー賞をいただき、誠にありがとうございます。栄誉ある賞をいただくことができ、大変光栄に思います。『IP Samurai®』を2018年にリリースして以降、大企業を中心とする約15社の応援団のお客様から機能の向上へのご協力を賜り、正規版『AI Samurai』のリリースを今年の8月に予定しております。今後ますます多くの企業様の知財戦略に貢献できる機会をいただき、日本企業の発明創出を促進できるよう、精進してまいります。」(白坂 一 代表取締役社長)

「大きな賞を頂き、大変嬉しく思います。しかしながら『IP Samurai®』はまだまだ発展途上のシステムであり、改良するべき要素を多く抱えております。今回頂いた賞はシステムの伸び代への期待も含めてであると捉え、精度改善や利便性の向上など研究開発に一層注力していきたいと思います。」(三上 崇志 取締役CTO)

株式会社AI Samurai's job postings
Anonymous
65b6fa08 9eea 4720 8e15 c89178080118?1554992823
1 Likes
Anonymous
65b6fa08 9eea 4720 8e15 c89178080118?1554992823
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon