1
/
5

CEO&制作部長 が語る!タレントIPをマネジメントする"GROVE"の、"アレ"や"コレ"

YouTube動画はこちら

本記事とあわせてご覧ください!


今回インタビューに協力してくれたメンバーを簡単にご紹介

J.Kitajima
2010年4月に株式会社テクノブラッドへ入社し、PCゲームの販路拡大及びイベントプロモーション業務に従事。2012年10月に株式会社ワタナベエンターテインメントとタレントマネジメント契約を結び、お笑い芸人として活動。2014年4月に3rdkind 株式会社に入社し、サービス・アプリ事業部の責任者として従事。2015年9月にGROVE株式会社へ入社し、2016年8月に同社取締役就任、2017年9月に同社代表取締役社長就任し、現在に至る。

Y.Tasai
2008年4月に株式会社リクルートに新卒でホットペッパー新宿編集部グルメ領域の営業として入社。
2011年10月に株式会社アンティル(ベクトルグループ)へ入社し、各種企業のPR戦略の立案と実務を担当。2015年1月に株式会社CIELへ入社し、飲食店のweb広告コンサルティング業務に従事。
2016年8月にGROVE株式会社へ入社し、営業組織の立ち上げ、インフルエンサーを活用したプロモーションフローの体系化、グロースさせた組織の責任者として従事。その後、制作部の部長として業務フローの整理と組織化を担当し、現在に至る。


可能性を感じてAnyMindにジョイン

ーーGROVEはM&Aで2020年1月にAnyMindにジョインされていると思いますが、それまでの経緯を教えてください

Kitajima
ジョインするおよそ10ヶ月くらい前に十河さんが、「M&Aさせてください」と直接GROVEのオフィスにいらっしゃったんですよね。
十河さんとお話していく中で「AnyMindとのシナジーでより大きな物を生めるのではないか」と感じ、AnyMindにジョインすることに決めました。

GROVEとAnyMindのM&Aの経緯の詳細については、過去記事でまとめております!
ぜひご覧ください。


ーーGROVEとは何をしている会社ですか?

Kitajima
僕たちGROVEの事業ミッションは、「日本や世界を代表するタレントIP*を作って、世界中の人々の人生を豊かにする」ことです。
そこに対するアプローチとして、YouTuberやインフルエンサーなどの括りにとらわれない一人の人間としての魅力のあるタレントIPと一緒にビジネスをしており、彼らの価値を大きくして世の中に発信するサポートを行っています。

*: IP="Intellectual Properties"の略で、知的財産のことを指す。エンタメ領域では、楽曲やアーティスト・タレント、アニメ・映像作品、ゲーム、キャラクター等をIPと呼ぶことが多い



ーーGROVEの事業部の体制について教えてください

Kitajima
事業本部は、営業部、タレントマネジメント部、ファンコミュニケーション部、制作部の4つに分かれています。それに加えて、管理本部と新規事業などを行う経営企画室があり、全体では計6つの事業部に分かれているといった組織図になっています。
事業本部をそれぞれ説明すると、下記の通りになっています。

  • タレントマネジメント部:YouTuberやインフルエンサーのマネジメント、マネージャーなどの業務を行う事業部
  • 営業部:インフルエンサーマーケティングのセールス業務を行う事業部
  • ファンコミュニケーション部:D2Cを中心に、ファンのエンゲージメントを高めてto Cのビジネスを高める業務を行う事業部
  • 制作部:動画を全般としたクリエイティブ制作業務業務を行う事業部


ーーGROVEとしての強みを教えてください

Kitajima
スタッフもそうですし、タレントやクリエイターも含めて、みんな人が良いところだと思います。
スタッフはみんな愛情を持って仕事をしていて、GROVEを好きな人が多いですね。
また手前味噌で言うのもなんですが、所属しているインフルエンサーたちの質もすごく良いです。
ここが他社や同業他社に比べてすごく強いところだと思います。

Tasai
他のところで言うと、バランスが良いところも強みだと思います。
インフルエンサーはそれぞれ自分達が発信したいコトやモノがあると思うのですが、そこが強すぎるとマネジメントしづらくなります。
なので自分達の伝えたいことは明確に持ちつつも、周りのことにも配慮できることが大事で、そういったインフルエンサーがGROVEには多く所属してくれています。
そういった観点からみて、GROVEのインフルエンサーは総じて魅力的だと思います。





ーービジネスサイドの強みは?

Kitajima
インフルエンサーマーケティングの分野を営業部で進めているのですが、自社でイケてるタレントを自分達でしっかりマネジメントしていることが強いなと思います。広告代理店さんには絶対にできないことです。また、同業他社でもクリエイターを抱えているところはたくさんありますが、インフルエンサーマーケティング✖️タレントマネジメントの両方ができる企業は多くないかと思います。
そこがビジネスサイドでの強みですね。


ーーAnyMindとの掛け算で感じている強みは?

Kitajima
1番は、AnyTagやAnyCreatorなどのAnyMindのツールやテクノロジーを使えるようになったことですかね。データやテックの要素はM&AされるまでのGROVEにはなかったので、AnyMind Groupに入ったからこそ、データドリブンなビジネスもできるようになったのかなと思います。

目指すはフィールドに左右されない"タレントIPの価値"

ーーGROVEは既存の事務所の枠に囚われず、クリエイター=SNSのイメージを取り払おうとしている取り組みが多いイメージがあります。

Kitajima
そうですね、そこは意識していますね。
僕らがやりたいことは、先ほども述べたように「日本や世界を代表するタレントIPを作って、世界中の人々の人生を豊かにする」ことです。
その為には、フィールドに左右されない「タレントIPの価値」を磨き続けるしかありません。
なので、マスメディアやSNSという区分けを取り払うための取り組みを進めています。

最近の取り組みでは、なえなのなどのクリエイターが所属するレーベル「seju」を立ち上げて、オンラインから現実世界まで多くの人に愛される「時代」のアイコンを創出していく動きも始めています。

詳細については、下記よりプレスリリースをご覧ください▽
Seju「GROVEがSNS・マスメディアの領域に捉われず 新しい時代の「可愛い」を作り出す女の子達のレーベル「seju」をローンチ」


ーーGROVEにはどんなメンバーが多いですか?

Tasai
中途社員の割合がすごく多く、入ってくる業界もアパレル経験者や金融経験者、保険など、他業種の経験者が多いですね。
雰囲気としては優しい人が多いのですが、個々人が持っているスキルはバラバラだと思います。
あいつはあれができるけどこれができない、こいつはあれができないけどこれができる、とか相互で補完し合っており、それによってバランスが取れていて良いチームが組めているかなと思います!

Kitajima
僕は誠実さ、つまり”良いやつ”かどうかというのをずっと求めているので、GROVEのメンバーはみんな良いやつかなと思いますね。
僕らはクリエイターと一緒に事業をやっていますが、この仕事は典型的な「人が軸になる仕事」だと思っています。人の良さが会社の良さに繋がる業種なので、そこはずっと求めていかなきゃいけないな、と思っています。だからこそGROVEのメンバーには絶対的に、”良いやつ”が多いと思っています。笑

あとは、メンバーは総じてアットホームだと思います。
GROVEという屋号の下、みんなの意識がすごく強いので、その屋根の下にあるというか。だからこそ、さっきのTasaiの話に近いですが、パーソナリティやスキルはバラバラでも、GROVEという名のもとでまとまっています。


ーーどんな人と働きたいですか?

Kitajima
前提としての”良いやつ”があった上で、”ビジョンを持って仕事をしたい”という人には絶対マッチするかなと思います。
これだけ職業選択の自由がある中で、”エンタメの力で世界を変える”をテーマにしている会社なので、そのビジョンに共感してもらえれば働く意味になると思うんですよね。
そういう風に思って働きたいな、と思ってもらえればGROVEにマッチするかなと思いますね。

Tasai
”タレントの成長を喜べる人”というのはGROVEにとって大事な人材になると思います。
タレントが成長して”売り上げが出ることが嬉しい”が最初ではなくて、”成長したことを純粋に喜べる”人ですね。
もちろん結果的に売り上げが上がることを喜んでほしいとは思いますが、売り上げだけを求めるのも良くないし、逆にタレントが好きすぎると仕事にもなりません。
だからシンプルに、タレントの成長を喜べる人と一緒に働きたいと思います。


ーー最後に一言お願いします!

Tasai
社長がもうこんな感じなので(笑)、めちゃくちゃ働きやすいです。
僕はこの会社で4社目になるのですが、働きやすさで言えばダントツ1番ですね。
楽しいですし、月曜日が辛くないです。そういうのは大事な要素かなと思っています。
インフルエンサーやタレント、SNSが好き、働きやすい環境を求めているというところなどにピンときたら、応募してもらえればなと思います!

Kitajima
GROVEはAnyMindのグループの中でも、最も成長できる環境を提供できる組織のうちの一つだと思っています。
成長の種類は複数ありますが、ビジネスの成長においてエンタメ企業の中で僕らほどの成長率を持っている企業はほぼないと思いますし、人間的な成長においては最も良い機会を提供できていると自分では思っています!

クリエイターと人生を共にする仕事をしているので、そういった面でも成長できる稀有な企業です。
だから、色々な成長ができるという点は推していきたいです...!


AnyMind Group's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more