1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

自分から発信できる人に来てほしい……ここには評価されるステージがある!

現在、高松支店の支店長を務める高橋 大介(たかはし だいすけ)さんは、アップセルテクノロジィーズへ入社して10年。

入社後、さまざまな壁にぶつかりながらも確実に成果を上げ、クライアントから評価されてきた高橋さん。アップセルテクノロジィーズに入社しようと思った理由や、今後どのような人に入社してほしいかを聞きました。

▼プロフィール
高橋 大介/ SP事業部 高松支店 支店長
2010年新卒でアップセルテクノロジィーズに入社。
東京にて5年間現場で電話発信を担当し、福岡に転勤。福岡では成果を上げたことが評価され副支店長に。その後2018年6月からは高松支店長として活躍中。

アップセルテクノロジィーズはどのような業務を行っている?

アップセルテクノロジィーズは企業様の営業活動の困っている部分をヒアリングし、解決のための提案を行っています。その手段としてAIやチャット、アウトバウンドと呼ばれるコールセンターによる電話やWEBなどをご提供しています。弊社では約16年もの間お付き合いさせて頂いた取引先のデータを活用したAIやチャット機能、そしてトークマニュアルがあります。これらのデータに基づいた機能を活用頂くことにより、効率良くクライアント企業様の商品のターゲット層や、訴求すべき時間帯を導き出すことができます。なかなか正解がないものではあるのですが、可能な限り実績や結果をもとに効率の良い営業方法をご提案できるのが強みです。

会社にしがみつくのではなく、自分の実力をつけたい

就職活動では、会社が大きいか・小さいかではなく「自分自身が力になれそうな会社かどうか」を基準に就職先を探しました。主にベンチャー企業を中心に見ていましたね。僕が就職活動をしていた頃はちょうどリーマンショックの後で、でっかい会社にしがみつくよりは自分の実力をつけた方がいいと言われた時代でもあったんです。

そんな中で出会ったアップセルテクノロジィーズは、会社の説明会で社長や役員から直接話を聞けたこともあって興味を持ちました。当時は支店も東京と高松の2拠点のみでしたが、その頃から海外進出・全国展開を掲げていて、とにかくビジョンが大きかったのでこの会社なら自分も成長できるのでは?とイメージできて惹かれましたね!(現在は東京・高松・福岡・熊本・大阪・大分・高知・アメリカ・フィリピンに支店を拡大)

入社後は東京採用となり、5年間回線業務電力系の光ファイバーの案内の電話発信の業務に携わりました。最初は苦労しましたね、電話したら電話した分契約が取れるというものでもないので……。それまでアルバイトでもそういう仕事をしたことがなかったこともあり、新卒だったこともあって、最初はなかなか契約を取ることもできませんでした。ですが、契約が取れなくて悔しい思いをした日には当時の上司がロープレをしてくれたり、伝え方や話すタイミングなどを教えてくれたりして、できるまでやってもらえたことで数字が安定してきました。今は自分も管理者の立場ですが、当時教わったことは今でも部下に教えています。

6年目に福岡支店に赴任しました。福岡では新規の回線のご案内や通販、携帯電話やインターネットの発信業務(既存のお客様にアンケートやサービス向上のご提案をする)を担当しました。おかげさまでクライアント様の求める成績をクリアし、案件の規模や売上がどんどん大きくなったことで副支店長に任命して頂きました。副支店長を3年務めた後、2018年6月から高松に異動し高松支店長となりました。高松支店は弊社で2番目にできたセンターだったこともあり、さらなる拡大をするために僕が送りこまれました。異動直後はブース数も30~40程度でしたが、人員の増加なども行って現在では100人態勢にまで拡大することができました。

支店長としてプライベートの相談をスタッフから受けることも

現在は支店長として基本的には管理業務を行っています。出社するとまず日報チェックを行い、前日の数字報告を確認し、クライアント様に報告するための準備を行います。日中はクライアント様との打ち合わせや、アルバイトさんや社員の採用面接、そして入社するスタッフの指導を行うことが多いですね。

スタッフさんからは「頑張っているのに結果が出せない」といった仕事にまつわる相談はもちろん、プライベートでの相談も受けますよ。学生のアルバイトの方だと「今後どうしたらいいのか」とか「就職活動をどうすればいいのか」という相談が多いですね。そういう相談を受けたときには、営業でも大切なことですが、相手の立場になってものごとを考えることを意識していますね。みんな年齢もバラバラなので、自分より若いスタッフだったら若い頃に自分が

どう思っていたかを思い出したり、年齢が自分より上のスタッフだったら自分の親のことを想像したりしながら話を聞くようにしています。

10年間アップセルテクノロジィーズで働いてきて、クライアント様のご要望される目標に及ばなかったり、目標する結果が出なかったり、頑張ってもどうしても1件も契約が取れなかったりと辛いこともありました。だけど、上司にアドバイスをもらいながら、クライアント様の結果にお応えすることができて、今までのご依頼とはまた別の案件を別部署にもご紹介頂き、追加で仕事をもらうことができたときは嬉しかったです。

自ら考えて行動し、自分から発信できる人に来てほしい!


アップセルテクノロジィーズはとても成長している企業で、ここ10年で確実に拠点や世界進出、売上規模が伸び続けています。成長している企業ということは、お任せできるポストもたくさん増えているということです。頑張って結果を出すことができれば、しっかり評価されるステージがあります。

また、未経験でも他業界から来て活躍している人も多くいます。たとえば飲食店の管理職だった人や、塾講師の経験がある人など、特に数字を見る機会が多かった人や何かしらの管理者の立場だった方は結果を出せると思っています。共通する部分が多いからかもしれません。

どこの支店も相談しやすい雰囲気があるから成長しやすい職場だと思います。上司にも壁がないですし、何より社長と役員が全国の支店を月に1回訪問してくれるんです!社長が訪問した日には必ず食事会が開催されて、コミュニケーションを取ることができます。食事会では会社のビジョンや会社の流れの話から、社員の悩み相談までざっくばらんに話せるんですよ。

どんな方にアップセルテクノロジィーズに来てほしいか……クライアントと直接やりとりをすることもありますし、案件によっては20~30人、もしくは50~100人ものスタッフさんを管理しなければなりません。裁量権が与えられますから、クライアントの方に新しい提案を積極的にできること、そしてスタッフの指導も自ら考えて行動することができる人がいいですね。受け身の仕事をするのではなく、自分から発信できる人が向いていると思います。

弊社は今、上場を控え会社の売り上げ規模や拠点も増えています。今後は、私個人としても支店として結果を出して支店の管理者を管理するような上のステージに上がっていきたいと考えています。上のステージに上がることで、より多くの方に自分がこれまで経験してきたことを伝えることができますし、今以上に多くのクライアント様と関わることでより一層、やりがいが増えるのではと感じています。

アップセルテクノロジィーズ株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more