This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

 我々SEEDATAは、独自の方法で未来の生活者の行動や、社会の変化を読み解き、企業の新商品開発や新規事業開発、製品改善の支援を行うイノベーションブティックです。我々の仕事は日本国内に留まりません。これからは、アジア(東南アジア・中国・インド)市場における日系企業のイノベーション支援業務を拡大しています。  そこで、今秋からアジア地域の言語や文化について学んでいたり、興味を持っている日本人学生、あるいはアジアで生まれ育ち日本に留学をしている大学生・大学院生を対象に、アジア・マーケターの第1期生を募集します。 SEEDATAが行っていることは主に以下の2つです。 ① トライブリサーチ アジア(東南アジア・中国・インドなど)における旬な生活者「トライブ (tribe)」の調査と、それに基づく未来の消費行動や社会変化の洞察を行います。私たちは近い未来に起こりうるイノベーションのヒントとなる考え方を現在示している、生活者の集団をトライブと呼び調査を行っています。このトライブリサーチが我々の事業の根幹です。SD/SAではアジアの旬な生活者(=トライブ)に特化して調査を行います。トライブ独自の行動や価値観から、3年後のアジアの消費がどう変化するのか、社会がどう変化するのかという未来洞察を行います。 ② イノベーション支援 日本企業の中国・東南アジアにおける、新規事業開発・新商品開発・商品のローカライズの支援など。アジアのトライブリサーチによって得られた豊富な生活者データ、そして日々のデスクリサーチに基づいて把握する様々なアジア市場に関連する未来の兆しから、企業に向けた現地での新規事業の提案や、新商品・サービスの開発支援を行っています。その他にも、研究所の技術を活かしたプロダクト開発のサポート、企業のブランディングからマーケティング戦略まで、生活者(トライブ)の知見を元にして幅広くサービスを提供しています。 We are SEEDATA from Hakuhodo Group’s subsidiary company, SEEDATA, a team researching on people’s activities and lifestyle in Asia (Southeast Asia, China and India etc). Here, we focus on innovations by Japanese companies in these growing Asian markets. By looking and understanding at people’s consumption behaviour and values through a prospective outlook, we develop a forecast for possible future changes in society, and proceed to examine how companies can introduce new goods and services into these future markets. We are currently recruiting research interns who understand both culture and languages of those regions.

Why we do

アジアにおける消費市場・ビジネス環境の変化が、国内外で活躍する人材に、新しい要求を突きつけているためです。 1.人口増加と所得水準の上昇が、消費市場としてのアジア諸国(ASEAN諸国、中国、インド)の魅力を劇的に高めている。日本企業のアジア市場におけるビジネスの重要性が、今後ますます高まっていく。 2.中国などのアジアの先進諸国では、既に日本を超えて、世界最先端のレベルに達している分野が現れ始めている。日本国内での商品開発や規事業開発に関する有益なヒントは、西洋ではなくアジアから得るようになる。 3.急激な経済成長に伴い、アジアに暮らす生活者の価値観が多様化してきている。日本で成功した事業をそのまま拡大することが困難になり、現地の生活者の価値観の変化を捉えた事業や商品の適用が重要になる。 このようなアジア諸国の変化を受けて、これから国内外で活躍する人材に求められることは、単純に現地の言語が話せるだけでは不十分であり、アジアの社会動向や生活者の価値観を理解・分析し、現地におけるビジネス拡大の戦略を見いだすスキルです。 本プロジェクトでは、これらの変化に順応するため、これまでSEEDATA Southeast Asiaが行ってきた生活者調査や新商品/新事業開発のノウハウやスキルを活用して、日本とアジアを横断して調査から戦略立案までをすることができる人材を育成、輩出するということを目的にしています。

How we do

アジア・マーケティング・インターン生の皆さんには、アジアの生活者の調査のために以下の業務を担当していただく予定です。 1. アジア(東南アジア・中国・インドなど)の生活者トレンドの収集・分析 2. 現地でのトライブリサーチ 参加していただいた方には、アジアの先進的な生活者の調査を通して、未来の動向や変化の兆しが自然と読み取る情報収集力・仮説提案力を身につけてもらいます。現地のミクロトレンドを収集・分析し、アジアの旬な生活者であるトライブを発見し、その現地調査のための事前リサーチなどを体験してもらいます。 こうした調査体験で得られた知見を、アジア進出を目指す企業の新商品・新規事業開発の支援に生かしていきます。このようなアジアの生活者を調査する業務に強い興味を持ち、現地のディープな情報にアクセスできる方・そうした体験に興味がある方を募集しています。

Page top icon