This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

曲げて、折れて、騙して

就活生の林です。私の進路決定の失敗談。今から就活をする若い学生さん、現在、なんとなく働いていると感じる大人の皆さんに何か届けばと思います。林はまだまだ、就活中です。

突然ですが私は高校受験を失敗したと思っています。滑り止めの高校では特に熱中できるものも見つからず、先の進路に漠然とした不安と焦燥感だけを感じながら毎日を過ごしていました。

「大学はどこに行くべきなのか」「大学にいって何をするのか」「将来は何をしたいのか」

「自分は何で勉強しているのか」「社会に取り残されてはいないか」「今、何をすべきなのか」

このままではいけない。そう思ってはいても行動に移していなかった。実に怠惰でした。そのように怠惰に過ごしている中、ある業界をYoutubeで見つけます。声優です。

昔から何かとアニメなどは好きな私でしたが、その裏で活躍している声優については何も知りませんでした。ですが、実際、のぞいてみると、

「好きなことを好きなようにやっている」「情熱を持って仕事に取り組んでいる」

「業界内でお互いを支え合っている」「夢がある」

当時の私からするとキラキラした宝物のように見えていました。私は将来の夢の一つとして声優を目指してみようと思いました。実際、同級生の中でも2~3人声優を目指している子がいて、先輩の一人は声優になるべく上京をしているという環境もあり、「叶えられない夢ではないのだ」と感じていました。

ですが、大学受験シーズンが近づくと、私の心は揺れました。親や担任に声優の話をしてみると

「夢のような話」「才能がある人しか食べていけない」「大学に進学する方が普通だ」

確かにそうです。生半可な気持ちで上手くいくような業界ではありません。また、私立高校で親に負担をかけてしまっていることや、良い大学に進学する方が安定した生活を送れるなどと保証のない考え方を持っていました。

私の心は揺れました。

「好きなものか」 「安定か」

どちらも大切ですが、どちらも叶えるには知識も体力も時間も足りませんでした。どちらかを選ばなければならない。どちらか。

そのように揺れていると、勉強も人間関係も手につかず。ストレスはたまっていき、思考は追い詰められ。

結局、一般大学に進学することにしました。

「大学進学してから別の夢がみつかるかもしれない」

私は曲がりました。

「コネも経験もないのに高校卒業から初めて成功するはずがない」

私は折れました。

「大学4年間を頑張って、有名な企業に就職しよう」

私は私の気持ちを騙しました。

分かっています。計画性がなかったことも、声優について詳しく勉強できていなかったことも。ただ、一番悔しかったのは「自身のやりたいを信じず、諦めた」と言うことです。

がむしゃらに一歩踏み出せば何か変わっていたかもしれません。その勇気を振り絞れなかった自分が一番恥ずかしく、悔しかったです。

そんな悔しさを残したまま大学に入学した私は変わらなければならないと思い、様々なものに取り組んでみました。

「ラジオパーソナリティ」「司会」「演劇」「イベントの主催」「チラシデザイン」「動画制作」「仕事のご提案」「イベント運営」「献血」などなど、どれも新鮮で充実したものでした。例えば、演劇では作品性の大切さ、チームで働く上でのコミュニケーションを知ることができました。他にもチラシデザインでは見る人の視点、仕事の丁寧さが結果につながることを学べました。どれも一歩踏み出さなければ見えてこなかった世界です。確かに、大変なことも多かったし、挑戦のしすぎで首が回らなくなったこともありました。しかし、掴めたものの多くは新たに挑戦するものへの手がかりになったり実用的なスキルとなりました。

そして、将来の夢としてVTuber業界に飛び込みたいと思っています。VTuberというコンテンツを活かし、多くの人々の好きなことややりたいことを応援したいと思っています。

もし、タイムスリップができるなら高校生の自分の背中を押し、一歩を踏み出させてあげたいです。しかしそれはできません。

だから、もし今、進路ややりたいことで踏み出せない方がいたらその人の背中を押してあげたいと思っています。夢を見るだけで諦めてしまわないように、応援をしたいと思っています。

好きなこと、やりたいと思うことは恥ずかしいことではないし、むしろ誇れることだと思います。ただ、それを信じれるかどうか自身に問いかけてみてください。

皆様のやりたいが叶えられますように。

ここまで読んでくださり、誠にありがとうございます。

就活生 林

曲げて、折れて、騙して
Osamu Hayashi
1 Likes
1 Likes