This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

発達障害児の支援「虹色パラシュート」

大橋さんのアイディアシェアにて、

発達障害児のコミュニケーション支援ツールに関するアイディアを公募させて頂きました。

非常に多くの反響をいただき、14件ものアイディアをご投稿頂きました。

投稿者の方には改めて感謝致します。

アイデアシェア 発達障害児向けのコミュニケーション支援アイディア公募

当事者の方からのご自身の経験から試行錯誤して導き出されたアイディア、

教育機関で発達障害の支援をされている方からの有用なアイディアなど、

本当に参考になるアイディアばかりで、当選者を決定するにも本当に悩みました。


■今後のアクション

以下のようなことをしていこうと考えております。

・投稿頂いたアイディアを参考にさせて頂きながら、新規事業に結びつけていく。

・スモールビジネスとして、やれることから少しずつやっていく。

・興味のある方や、同じような課題を解決したいという方と共に、

 既存サービスのブラッシュアップや、新たなサービスやプロダクト開発につなげていく。

・デザインの力で発達障害児の為に出来ることを一歩ずつ進めていく。

・発達障害者がより良く生きやすい環境を構築するために、家族とのより良い関係構築や、

 社会との関わり方についてアイディアを練っていく。


■具体的な行動

・facebook上に虹色パラシュートというページを立ち上げて、情報発信を行っていきます。

・インスタントチームで、発達障害児のコミュニケーション支援を考える会を立ち上げました。

・引き続きマイプロジェクトとして、アイディア出しを進め

 情報発信サイト上でアイディアを共有していきます。


関連するサービスや、同じような志を持って社会の課題解決に結びつけていこうとする有志の方や、

クリエイティブの力で問題解決を図っていきたいと考えている方、

当活動にご支援いただける方などと一緒にこの取り組みを推進していけたら幸いです。


まだまだスタート地点に立ったばかりですが、

この活動が同じように悩んでいる方のお役に立てたらうれしいです。



■家族の支援

投稿アイディアを拝見させて頂きながら、より強く思った事は、

当事者ではなくその家族のためのコミュニケーション支援が不可欠だということです。

当事者の悩みもそうですが、その周りの家族は本人以上に悩み、

巻き込まれ、心身共に疲れ切ってしまいます。

そんな時に共感してくれるだけでも、救われる人たちがいます。


想像力と共感力がとても大切な時代です。

想像力によって人は他人の視点から見た景色をイメージできるようになり、

共感力によって、他人に対する思いやりが持てるようになるのだと思います。