1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

グラフィックデザイナーがUIを学んで良かったこと4つ

①デザインの視野が広がった

私はグラフィックデザインを約6年ほどやっていたのですが、デザインの視野がとても広がりました。グラフィックデザインが平面なので2次元的なものだとしたら、UIデザインは動きがあるので3次元的だなぁと感じました。

②トレンドを知ることができた

Pinterestでグラフィックデザインのトレンドはチェックしていましたが、UIデザインのほうがスピードが早かったです。最新のトレンドや世の中の動向を知ることができました。

③デザイン思考が身についた

UIデザインを勉強するようになってから、普段何気なく使っていたアプリも色々と意識しながら操作するようになりました。例えば、使ってるアプリがイケてなかったら改善案として頭の中にストックしておきたいし、アプリがイケてたら参考にしたい!という感じです。

④UIデザイン、UIデザイナーを好きになった

UIデザインを学ぶ前は、正直「よく分からんな…」という感じでしたが、UIデザインはとても奥深く、思いやりと優しさが溢れるデザイン、ということがよく分かりました。

また、UIデザインは面白い!と感じると同時に、日々試行錯誤しているであろうUIデザイナーさんたちのことも好きになりました。

思いやりと優しさ…ジャンルは違いますが、建築の世界に例えると、ユニバーサルデザインのようなイメージかもしれません。