1
/
5

エネルギー分野のブロックチェーン市場規模、成長性、機会、2023-2033年までの予測

エネルギーにおけるブロックチェーン市場は、2023年から2033年まで、CAGR78.32%で成長すると予測されています。

エネルギー分野のブロックチェーン市場は、2023年の推定3億9430万米ドルから2033年には71億110万米ドルに達し、CAGR78.32%で成長すると予測されます。この成長は、エネルギー分野におけるブロックチェーン技術の人気の高まり、高い取引速度と不変性、および世界的なセキュリティ懸念の高まりに起因しています。共通の規制基準の欠如と不透明な規制の状況は、市場の成長を阻害する可能性があります。

サンプルPDFレポートのご請求はこちら https://www.sdki.jp/sample-request-110112

2023年から2033年にかけて、エネルギー分野のブロックチェーン市場では、プライベートセグメントが最も急速に成長すると予想されます。

プライベートセグメントは2017年に最大の市場シェアを占め、予測期間中に最も急速に成長するセグメントであると推定されます。プライベートセグメントは、パブリックブロックチェーンよりも高い安全性を提供します。エネルギー取引や支払いスキームなどの様々なアプリケーションのためのスマートコントラクト、アセットレジストリ、デジタルアイデンティティなど、様々なユースケースに活用することが可能です。

アジア太平洋地域。エネルギー市場におけるブロックチェーンの最速成長市場

アジア太平洋地域は、2033年のエネルギー分野におけるブロックチェーン市場の最大市場であり、予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予測されています。オーストラリアは、アジア太平洋地域におけるブロックチェーン技術の早期採用者の1つであるため、2023年のエネルギーにおけるブロックチェーン市場で最大のシェアを占めています。例えば、オーストラリアの大手エネルギープロバイダーの1つであるOrigin Energyは、Power Ledgerとの提携により、エネルギーの売買記録を保持するための新しいエネルギー取引プラットフォームの導入を計画しています。また、オーストラリア政府もエネルギー市場におけるブロックチェーンのメリットを得るため、さらなる投資を計画しています。

プライマリーの内訳

重要な定性的・定量的情報を入手・検証し、将来の市場展望を評価するために、様々な主要業界関係者、主題専門家、主要市場関係者のCレベル幹部、業界コンサルタントなどの専門家に詳細なインタビューを行っています。

一次インタビューの分布は以下の通りである。

企業タイプ別 ティア1 65%, ティア2 21%, ティア3 14
役職別 Cレベル:28%、マネージャー:36%、その他:36
地域別 地域別:アジア太平洋地域57%、北米地域13%、南米地域5%、RoW地域25

注:その他には、プロダクトエンジニア、プロダクトスペシャリスト、エンジニアリングリードが含まれます。
注:企業の階層は、2017年時点の総売上高に基づいて定義されています。Tier1:10億USD以上、Tier2:5億USDから10億USD、Tier3。
エネルギー分野におけるブロックチェーン市場の主要企業は、マイクロソフト(米国)、アクセンチュア(アイルランド)、IBM(米国)、インフォシス(インド)、SAP(ドイツ)である。

調査対象範囲です。

当レポートでは、世界のエネルギー分野におけるブロックチェーン市場を、タイプ、コンポーネント、アプリケーション、エンドユーザー、地域別に定義、記述、予測しています。また、市場の詳細な定性・定量分析も行っています。主要な市場促進要因、阻害要因、機会、課題について包括的にレビューしています。また、市場の様々な重要な側面についても取り上げています。これらには、競争環境、市場力学、金額ベースの市場推定、エネルギー市場におけるブロックチェーンの将来動向の分析が含まれます。

リサーチレポートの全文はこちらhttps://www.sdki.jp/reports/blockchain-in-energy-market/110112

本レポートを購入する理由

1. 本レポートは、エネルギー分野におけるブロックチェーン市場の主要市場を特定し、対処するもので、メーカーが需要の伸びを検討するのに役立つと思われます。
2. システムプロバイダーが市場の脈を理解するのに役立ち、ドライバー、阻害要因、機会、課題に関する洞察を提供するものです。
3. 本レポートは、キープレイヤーが競合他社の戦略をより良く理解するのに役立ち、戦略的な意思決定を行う際に役立つだろう。