This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

AI スポーツ

(1)
スポーツ分野でも使われるAI(人工知能)はどのような変化をもたらすのか AI(人工知能)がスポーツ界に進出している。ITで選手の動きを見える化して、AIで最適な動きを導き出すので、スポーツのダイナミックさが増すことが期待できる。 将棋、囲碁、チェスは人類の英知と英知がぶつかり合う知的ボードゲームの最高峰だが、いずれも人類はAI(人工知能)に負けてしまった。 しかし筋肉と関節が生み出すスポーツは、さすがのAIでもいかんともしがたいのではないだろうか。 しかしスポーツの現場にITを導入して成果をあげているのは周知のとおりである。バレーボールの監督はタブレットを片手に持ちながらプレー中の選手たちに指示を出しているし、サッカーのゴール判定はテクノロジーが目を光らせている。そうなると、AIがスポーツの姿を激変させる日は近いのではないだろうか。 実はAIはすでに、ひっそりとスポーツ界に進出している。その現状を紹介したうえで、AIスポーツの将来を展望したい。 AI野球とは AIの導入に積極的なプロスポーツ組織は、プロ野球の福岡ソフトバンクホークスだ。ホークスは親会社のソフトバンクがIT企業なので、AIとも親和性がある。 試合前に決着がつく? ホークスは投手専用のアプリをつくり、そこに過去の対戦の打席ごとの画像とデータを保存した。投手は登板前にタブレットを入念にチェックして、対戦相手を研究することができる。 投手アプリでは、自分が投げた球の回転数もわかる。回転数が少なくなっていれば、投手はコーチたちと対策を練ることができる。また、タブレット画面で相手チームの打者がヒットを打つシーンを繰り返しみることで、攻めるコースや効果的な球種を絞り込むことも可能だ。これで試合前に決着がつくわけではないが、かなり大きなアドバンテージになるはずだ。 投手アプリのデータを集めているのは、ホークスの本拠地、福岡のヤフオクドームに設置した15台のカメラだ。これが常時、味方と敵の選手を追っている。 このカメラで撮影した投手、野手、打者の投球、打球、走塁のプレーは、次々データ化していく。盗塁が上手い相手チームの選手を分析できれば、牽制球で刺す確率が高まる。 このシステムは打者にも役立っている。相手チームの投手の球種や球速、配球パターンを知ることができるから、「山が張りやすい」のだ。 投手以外の守備でも、打者によって打球が飛びやすい方向や距離がわかるから、捕球しやすくなる。 またホークスでは、選手にウェアラブル端末を装着して心拍数などを測定する取り組みも行っている。 膨大な数の不確定要素から最良の戦略を導き出す さて、ここまではITやIoT(ネットとモノ)の領域だ。15台ものカメラはホークスの独自アイテムだが、相手チームの投手や打者の情報をITで集めることは他球団も行っている。 そこでホークスは、他球団に先んじるためにAI投資も積極的に手掛けていくという。 現在ホークスが開発しているのは、作戦を立案するAIだ。 野球は個人技の集合体である。またほぼ同じ選手が攻撃と守りの両方を担う。さらにボール、バット、グラブなど扱うのに高いスキルを必要とする道具が多いという特徴もある。人的要素でも、プロ野球になると3軍まで存在する。 つまりプロ野球の作戦立案は、こうした膨大な数の不確定要素から最適解を導き出す「頭脳を酷使する作業」なのだ。 だからAIが活躍する。 ホークスはすでにビッグデータを蓄積しているので、AIシステムさえ開発してしまえばあとはディープラーニングでAIに学ばせればよい。 またプロ野球選手はハードなトレーニングを重ねなければならない。そしてケガをしやすい事情もある。そこで個々の選手に適した練習メニューをAIに立案させることも検討している。 ホークスは現行システムを、スポーツコンサルティングのライブリッツ株式会社の支援を受けて開発した。同社はホークス以外にもプロ野球球団を支援しているのだが、同社が関わった球団は2013年から2017年までの5シーズンで4度日本一になっている。 近い将来、選手の年棒と同じくらいAI投資額が優勝を左右する要素になるかもしれない。 AIを引き寄せたのはスポーツが巨大ビジネスだから?

Reasons to use AI スポーツ (1)

AI スポーツを利用したことがありますか?

レビューを書く

Other Development tools

Welcome to
WANTEDLY/TOOLS

Discover tools that make your work exciting.

1
Discover productive tools or services.
2
Share innovative tools or services.
3
Find out amazing teams with amazing environment.