1
/
5
株式会社サイカ

Xica's Blog

Trending
Trending Posts

プロダクトロードマップは公正な世界への地図──ビジョンにリアリティを与えたグラフィックの力

プロダクトのビジョンを語る「プロダクトロードマップ」が完成した。 プロジェクトオーナーである、サイカ開発本部プロダクトマネージャー(以下、PM)岩澤利貢(いわさわ としつぐ)が、プロダクトのビジョンを伝える手段として選んだのはグラフィック。 岩澤はこのグラフィックにどんな想いを込めたのか。また、メンバーはどのよう...

データ分析を経営の武器に。ADVA Analysis部始動

これまでサイカは、100社以上のエンタープライズ企業のデータ分析を行ってきました。蓄積されたナレッジを社会に還元する目的で、2021年4月に発足したのが「ADVA Analysis部」です。 ADVA Analysis部は、MAGELLAN(マゼラン)課、テレビCMの分析に特化したIES課、ナレッジの体系化と研究...

経営の意思決定を支援する、データアナリストの仕事とは

サイカのデータアナリストの仕事は、単なるデータ分析にとどまりません。データ分析は課題解決の手段と考え、経営判断の材料となる「使えるデータ」にこだわります。そんなサイカのデータアナリストは、どんな仕事をしているのか。何を大事にしているのか。サイカのデータ分析を担う、ADVA Analysis部部長・西津平に聞きまし...

Latest
Latest Posts

データ分析を経営の武器に。ADVA Analysis部始動

これまでサイカは、100社以上のエンタープライズ企業のデータ分析を行ってきました。蓄積されたナレッジを社会に還元する目的で、2021年4月に発足したのが「ADVA Analysis部」です。 ADVA Analysis部は、MAGELLAN(マゼラン)課、テレビCMの分析に特化したIES課、ナレッジの体系化と研究...

経営の意思決定を支援する、データアナリストの仕事とは

サイカのデータアナリストの仕事は、単なるデータ分析にとどまりません。データ分析は課題解決の手段と考え、経営判断の材料となる「使えるデータ」にこだわります。そんなサイカのデータアナリストは、どんな仕事をしているのか。何を大事にしているのか。サイカのデータ分析を担う、ADVA Analysis部部長・西津平に聞きまし...

プロダクトロードマップは公正な世界への地図──ビジョンにリアリティを与えたグラフィックの力

プロダクトのビジョンを語る「プロダクトロードマップ」が完成した。 プロジェクトオーナーである、サイカ開発本部プロダクトマネージャー(以下、PM)岩澤利貢(いわさわ としつぐ)が、プロダクトのビジョンを伝える手段として選んだのはグラフィック。 岩澤はこのグラフィックにどんな想いを込めたのか。また、メンバーはどのよう...

米、公民権運動と広告業界のざわめきの類似点。サイカが掲げる新ビジョンは「公民権を求める宣誓文」

2020年、サイカは企業が目指す目的地であるビジョンを刷新しました。「才能開花に満ちた公正な世界をつくる」。これが我々の新たな道標です。ここでいう「才能開花」とはなにか。そして今、この世界は「公正な世界」ではないのか。 この答えは後ほど平尾に聞くとして、世の中には、生活に溶け込み当たり前となっている古くから残る慣...

サイカの行動指針「XICA WAY」を実践する方法

この記事は、CEOの平尾からサイカメンバーに向けて、行動指針「XICA WAY」をどのように実践したらよいのかを伝える目的で作成したものです。 今回、サイカに興味を持ってくださっている方々にもサイカのことをより深くお伝えするために、社内に向けたメッセージをそのまま公開することにしました。この記事を読んで、サイカの...

サイカの行動指針「XICA WAY」は、メンバーに送る「願い」である

この記事は、CEOの平尾からサイカメンバーに向けて、行動指針「XICA WAY」をなぜ体現してほしいのかを伝える目的で作成したものです。 今回、サイカに興味を持ってくださっている方々にもサイカのことをより深くお伝えするために、社内に向けたメッセージをそのまま公開することにしました。この記事を読んで、サイカの社風や...

【2020年メディア掲載実績まとめ】メディア掲載実績で振り返る、革命の基盤を築いた2020年

2012年の創業からいままで、サイカはデータサイエンスのプロフェッショナルとして、マーケティングの適正評価に取り組んできました。2020年9月にはサービスラインナップを拡大し、マーケティングPDCAの「CHECK」にあたる広告の効果分析だけでなく、PDCAのすべてを一気通貫で行うソリューション「XICA ADVA...

「地頭のよさ」ってなんだろう

コミュニケーション力、ストレス耐性、素直さ、地頭のよさ。どれも採用の場面でよく話されるスキルです。中でも「地頭のよさ」は、職種にかかわらずベーススキルとして求められることが多い印象です。 「地頭のよさ」と表現するとき、多くの人は偏差値や学歴とは違う尺度で評価しようとしているはずですが、「地頭」の解釈は人によって少...

プロダクトをつくるように開発組織をつくる──DevHRが目指す、開発組織のプロダクトマネジメント

サイカには、全社のHR組織とは別に、開発チームの採用と組織づくりを専門的に担うDevHRという組織があります。サイカのDevHRがめざす開発組織について、DevHRマネージャーの渡邊優太(わたなべ ゆうた)さんに伺います。 📷 DevHRとは? ーまずDevHRとは何なのか教えてください。 DevHRは「Deve...

メンバーのキャリアを真剣に考えたい。だから「こうなりたい」という思いが大切。

多くの採用候補者の方とコミュニケーションを取ってきた、サイカ人事総務課課長・中澤 圭輔(なかざわ けいすけ)さんに、サイカで活躍できる人の特徴を伺いました。 お話を聞いてみると、「才能開花」を掲げるサイカだからこそメンバーに持っていてほしい要素、そしてサイカのメンバーが口を揃えて「サイカは人がいい」という理由が見...

企業の認知度向上で、事業成果はどれだけ伸びるのか──リサーチ業界の可能性を広げる、サイカとクロス・マーケティンググループの新しい挑戦

2020年2月、サイカは世界11か国・20拠点以上でマーケティングリサーチ事業、ITソリューション事業、デジタルマーケティング事業を展開する、クロス・マーケティンググループとの業務提携と、共同サービスの提供開始を発表しました。 今回の業務提携を主導した、サイカ取締役COOの彌野正和(やの まさかず)に話を聞く...

産学連携イノベーション拠点 「NANA Lv.(ナナレベル )」オープニングイベントレポート 〜経営とデータサイエンスを繋ぐコミュニケーションハブとして、新たなイノベーション創出の場へ〜

2020年4月1日、横浜ランドマークタワーに、産学連携イノベーション拠点 「NANA Lv(ナナレベル )」が設置された。NANA Lv.は、横浜市立大学データサイエンス研究科をはじめ大学院の授業を中心に行うサテライトキャンパス、同大学との協業を目的とした企業のためのプロジェクトスペースやイベントスペースで構成さ...

「変わり続ける」が前提 総額12.1億円の資金調達がいままでと違った2つのこと

2020年9月9日、当社はシリーズD(12.1億円)の資金調達を発表しました。  今回の資金調達では、いままでと違うことが2つありました。 ひとつは、コロナ禍真っ只中での資金調達だったこと。もうひとつは、国内では調達のステージが変わった時継続的に投資するファンドが少ない中、既存のファンド4社中3社が引き続き投資を...

相手の強みを借りたいだけなら提携しない 大切なのは「同じ未来を描けているか」

2020年9月9日、サイカはアタラ合同会社との業務提携を発表しました。 当社はこれまでも、株式会社インテージとの業務提携、クロス・マーケティンググループとの業務提携、株式会社Spark Neuro Japanとの業務提携などを行ってきましたが、業務提携の裏側やリアルな目的についてはなかなか語られません。 業務提携...

【営業プロセス公開】データからお客様の想いを読み解く──営業組織にデータサイエンスを

📷 ▲DNX Ventures・倉林陽様よりいただいたコメント 📷 ▲アーキタイプベンチャーズ株式会社 代表取締役・福井 俊平様よりいただいたコメント 「組織のオペレーションにデータサイエンスを持ち込む」 冒頭でご紹介したのは、サイカの営業プロセスについて、投資家の倉林様、福井様よりいただいたコメントです。...

Followers
Posts
24
Likes
218
About
Xica's Blog
株式会社サイカについての情報を発信します。
Writers