This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.
株式会社Progate

Member interviews

Trending
Trending Posts

世界を目指せる開発環境を整えたい。小5からプログラミングを始めたProgate小口が語るエンジニアが幸せな組織とは。

Progate入社前 小学5年生でプログラミングに興味を持つ 最初にプログラミングに興味を持ったのは小学5年生のころです。当時ジョークソフトという、いたずらのためのソフトがありました。スクリーンセーバーをゴキブリに変えちゃう、みたいな。そういう意表をつくようなソフトを作ってみたいと思ってプログラミングに興味を持ち...

「海外の人はプログラミング学習に対する本気度が半端じゃない」Global Manager西村のProgate海外進出にかける想い

Progate入社前 中学2年でアメリカに引っ越し、大学はUCLAへ 最初の大きな転機は、中学2年生の時に突然、父親の転勤でニューヨークに引っ越したことです。中学・高校といきなり現地校に入れられて、必死で語学・文化にキャッチアップする日々でした。 大学は東部とはまた全然違う文化の西海岸を見てみたくて、UCLA (...

「人の夢を叶える手伝いをする」Progate COO南部が考えるProgateの価値

Progate入社のきっかけ 実は大学3年の時に現CTOの村井と別の事業で起業したんですが、うまくいかず頓挫しました。当時はまだプログラミングができなかったので、アイディアはあってもそれを実現する手段が自分にはなかったんです。村井やマサ(現CEOの加藤)がProgateを創業したころ、自分は普通に就活をして別の企...

「Progateが理想を純粋に追求しながら、世界で成功するために」百戦錬磨の宮林が語る今後の展望

Progate 入社前 学生起業から大企業、転職活動の挫折 入社前には紆余曲折ありまして(笑)。Progateでは、異色の経歴かと思います。実は大学在学中に一度起業したのですが、もっと大きなことを成し遂げたいと思い、新卒では大企業に就職しました。ところが入ってみると、実際に大きな仕事を動かせるようになるにはかなり...

Product Manager鈴木翔が語るProgateの「挑戦できる環境」とは?

Progateジョインのきっかけ そもそもプログラミングを始めたのは、大学3年生の頃に現CTOの村井と話したことがきっかけです。村井とは中学、高校、大学とずっと同じ学校で学生生活を送ってきた仲なんです。それまで私は大学生活でも特に何もしてこなかったですし、就活もせず、院試も受けませんでした。将来やりたいことも見つ...

Latest
Latest Posts

小学生からの夢だった教師を辞めてProgateに。採用と海外コーポレートのやりがいとは?

Progateで活躍するメンバーのロングインタビュー。 今までの経歴や現在の業務、今後のチャレンジについて語ってもらいました。 ■ 今回のインタビュー 小嶋 咲由里 (こじま さゆり) ニューヨークで小学校教師を経験した後、株式会社Progateに入社 現在は採用人事と海外子会社のコーポレートを担当 P...

不採用→再挑戦で入社。Progateインド法人駐在中の宇野が語る勝算。

Progate 入社前 プログラミングの技術があれば、世界中で働ける 子供の頃から海外で働いてみたいという夢があり、大学在学中にフロリダのウォルトディズニーワールドで半年間インターンを経験しました。そのままアメリカで働きたいと思ったのですが、就労ビザを取るには手に職をつけないといけないことがわかったんです。いろい...

「Progateが理想を純粋に追求しながら、世界で成功するために」百戦錬磨の宮林が語る今後の展望

Progate 入社前 学生起業から大企業、転職活動の挫折 入社前には紆余曲折ありまして(笑)。Progateでは、異色の経歴かと思います。実は大学在学中に一度起業したのですが、もっと大きなことを成し遂げたいと思い、新卒では大企業に就職しました。ところが入ってみると、実際に大きな仕事を動かせるようになるにはかなり...

世界を目指せる開発環境を整えたい。小5からプログラミングを始めたProgate小口が語るエンジニアが幸せな組織とは。

Progate入社前 小学5年生でプログラミングに興味を持つ 最初にプログラミングに興味を持ったのは小学5年生のころです。当時ジョークソフトという、いたずらのためのソフトがありました。スクリーンセーバーをゴキブリに変えちゃう、みたいな。そういう意表をつくようなソフトを作ってみたいと思ってプログラミングに興味を持ち...

「海外の人はプログラミング学習に対する本気度が半端じゃない」Global Manager西村のProgate海外進出にかける想い

Progate入社前 中学2年でアメリカに引っ越し、大学はUCLAへ 最初の大きな転機は、中学2年生の時に突然、父親の転勤でニューヨークに引っ越したことです。中学・高校といきなり現地校に入れられて、必死で語学・文化にキャッチアップする日々でした。 大学は東部とはまた全然違う文化の西海岸を見てみたくて、UCLA (...

「全職種のメンバーでデザインをする」デザイナーのしょうやんが語るProgateデザインの強み

しょうやんのデザイナー論 デザイナーになったのは、ひょんなキッカケ もともとデザインに興味はあったのですが、実は最初はデザイナーではなくエンジニアをやっていました。大学生時代は営業・企画でインターンをしていて、業務を通じて「自分の手で何か作りたい」と思い、1年間のホームステイ先であったアメリカで独学でプログラミン...

「人の夢を叶える手伝いをする」Progate COO南部が考えるProgateの価値

Progate入社のきっかけ 実は大学3年の時に現CTOの村井と別の事業で起業したんですが、うまくいかず頓挫しました。当時はまだプログラミングができなかったので、アイディアはあってもそれを実現する手段が自分にはなかったんです。村井やマサ(現CEOの加藤)がProgateを創業したころ、自分は普通に就活をして別の企...

Product Manager鈴木翔が語るProgateの「挑戦できる環境」とは?

Progateジョインのきっかけ そもそもプログラミングを始めたのは、大学3年生の頃に現CTOの村井と話したことがきっかけです。村井とは中学、高校、大学とずっと同じ学校で学生生活を送ってきた仲なんです。それまで私は大学生活でも特に何もしてこなかったですし、就活もせず、院試も受けませんでした。将来やりたいことも見つ...

Followers
Posts
8
Likes
97
About
Member interviews
Progateで働くメンバーへのインタビューです!
Writers