1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.
株式会社CureApp

CureAppのプロフェッショナルたち

Trending
Trending Posts

『スターバックスが本当に好きだったから転職しました』 〜スタバの店長だった私が、キュア・アップ第1号の心理カウンセラーになった理由〜

キュア・アップが提供する専用アプリとオンラインカウンセリングを組み合わせた「ascureSPARXメンタルヘルスプログラム」。 その第一号カウンセラーとして入社した菅野の前職は、「スターバックスコーヒー」。店長・ブラックエプロンを経験し今でもスタバが大好きだと語る彼女が、なぜキュア・アップでカウンセラーとして働く...

点と点をつなぐアプリ指導で、良い行動習慣が難なく定着。「ascure STEPS」の可能性に魅了されて

河上 里実 管理栄養士。 「ascure STEPS」 指導員 特定保健指導員として長年経験を積んできた河上。その経験から、保健指導を受ける参加者さんには、何よりも「指導を受ける理由」や「行動への納得感」などモチベーションを高める働きかけが大切だと感じてきました。 現在は、CureApp で、生活習慣改善プロ...

「治療用アプリ」のテクノロジーを、世界中に広めたい〜米国担当者から見た治療用アプリの将来とキュア・アップの世界での位置とは〜

キュア・アップは「アプリで治療する未来を創造する」をビジョンに、日本国内に留まらず世界中の人々の命に貢献することを目指し、海外展開を進めています。米国事業担当者として今年3月に設立されたアメリカ支社(LA)で働く西井憲一郎。人々の命を救うことに熱い思いを持つ西井が語る、海外視点から見た治療用アプリとキュア・アップ...

「やっぱり俺はJavaScript」。元服飾デザイナー設樂大悟が切り拓く「デザイン×エンジニアリング」の未来。

現役の医師でもあるCEOの佐竹をはじめ、ユニークな経歴を持つメンバーが多数在籍するキュア・アップ。その中でも一際異彩を放つ存在が、エンジニアの設樂大悟だ。元服飾デザイナーで、今はUX~ビジュアルデザインとエンジニアリングの両方でその手腕を発揮する「テクニカルクリエイター」として活躍する。オリジナルな道を突き進む、...

【社員インタビュー:鈴木 尚美さん】「未経験アルバイト」から「第1号の新卒採用」へ〜新卒プログラマーの挑戦!〜

今回の社員インタビューは、エンジニアとして活躍中の鈴木尚美さんにお話を伺いました。 プログラミングほぼ未経験のアルバイトとして働き始めた彼女は、ぐんぐん成長して新卒社員第1号、今ではテックリード候補として主要プロダクトを担う重要な存在として活躍しています。 そんな彼女が成長してきたこれまでや、なぜキュア・アップに...

Latest
Latest Posts

医療業界にテクノロジーを活用した仕組みを。「治療アプリ®︎」の処方実現に向けて

長年、製薬会社のMR として働いてきた八田。 医療業界でテクノロジーを活用した営業の仕組みを構築したいと、強い想いを持ちながら働いてきました。そんな中、志を同じくするCureAppと出会い入社。現在は、日本初となる治療アプリ®︎のリリースに向けて、これまでの医療のセールス・情報提供のやり方に捉われず、理想を追求し...

エンジニアとして世界のユーザーに技術貢献。React Nativeでのアプリ制作にかける想い

カリフォルニア大学でコンピューターサイエンスを学んだJesse 。 アメリカの日系企業で働いていましたが、エンジニアの仕事を究めるために、海を渡りCureAppのメンバーに加わりました。 CureAppでは、NASH (非アルコール性脂肪肝炎)治療用アプリやascure STEPS生活習慣改善プログラムなどのア...

ベンチャーのインターンは、チャレンジする価値あり。治療アプリ®のエンジニアとして、掴んだ大切なコト

この春、外資系IT企業に入社予定の福島は、就職先社員のアドバイスを元に、独学でアプリを制作するための技術を習得。その後、CureAppのインターンで、学んだ技術を活かしニコチン依存症治療用アプリの制作に携わりました。一人では体験し得ない規模の大きいプロジェクトに関わることで、貴重な経験ができたと福島はいいます。そ...

点と点をつなぐアプリ指導で、良い行動習慣が難なく定着。「ascure STEPS」の可能性に魅了されて

河上 里実 管理栄養士。 「ascure STEPS」 指導員 特定保健指導員として長年経験を積んできた河上。その経験から、保健指導を受ける参加者さんには、何よりも「指導を受ける理由」や「行動への納得感」などモチベーションを高める働きかけが大切だと感じてきました。 現在は、CureApp で、生活習慣改善プロ...

【インタビュー】日本初の“治療アプリ”を目指す最高医療責任者の異色キャリア―谷川朋幸氏(前編・後編)

先日、m3.com CAREERのウェブメディアである医師のためのキャリアデザインラボにて、弊社の最高医療責任者(CMO)谷川朋幸医師のインタビューが前編/後編と公開されましたので、お知らせさせて頂きます。 以前より公衆衛生に興味があり、ウガンダの難民支援NGOに勤務もしていた谷川氏がウガンダで何を思い、医...

社内で一番熱い男。プロダクトマネージャー武井が「ascure Starter」にこめた想いとは?

武井聡 日本初の「治療アプリ®︎」のプロダクトマネージャーとして薬事申請から携わる。 民間法人向けのWebサービスascure Starter(禁煙動機を高める新サービス)の立ち上げやニコチン依存症治療用アプリの改善の他、プロダクトマネージャーの採用業務も行う。 学生時代からヘルスケア業界で長期インターンなどを多...

会計は強みの1つ。殻を破ってビジネスマンとしての幅を広げ続ける方法とは?

CureAppでCFOを務める久納 裕治のインタビューが会計士UPに掲載されました。 学生時代に会計士の資格を取得し、監査法人や再生系コンサルティングファームでキャリアを積んだ久納がCureAppでCFOを務めるまでのストーリーがご覧いただけます。是非ご覧ください。 会計は強みの1つ。殻を破ってビジネスマン...

やりがいは参加者さんに寄り添い並走できること。私らしい禁煙指導を目指して【在宅指導員インタビュー】

【在宅禁煙指導員 早川萌(はやかわ めぐみ)】 今年4月にCureAppにジョインしたばかりの早川。前職では薬剤師としてクリニックで勤務していましたが、医療分野での経験を活かしながら新しい分野に挑戦してみたいとCureAppに転職しました。 現在は、オンライン上で参加者さんと面談をしながら禁煙指導する「在宅指導員...

メンバーの熱い想いをデザインの力で叶えたい。~デザイナーとして治療用アプリ開発ベンチャーに加わったわけ~

グラフィックデザインをメインに出版社やデザイン事務所などを経て、フリーランスのデザイナーとして活躍してきた細井康弘。 現在はキュア・アップにて、治療用アプリなど製品開発から社内のデザイン業務全般を担当。デザイナーとしてチームの一員になり、一つのプロダクトを作り上げる仕事にやりがいを感じる毎日だといいます。 フリー...

「ascure卒煙プログラム」禁煙指導員が大切にしている「フィロソフィー」とは

リリースから3年目に入った「ascure卒煙プログラム」。 禁煙開始から6ヶ月後の高い成功率は、データに基づくPDCAを回して改善を重ねることで、さらに上昇しています。この高い成功率を支えているのが禁煙指導員によるオンラインでの面談指導。約6か月間、アプリと指導員による面談で、空白期間なく禁煙に取り組めるのが特...

「治療用アプリ」のテクノロジーを、世界中に広めたい〜米国担当者から見た治療用アプリの将来とキュア・アップの世界での位置とは〜

キュア・アップは「アプリで治療する未来を創造する」をビジョンに、日本国内に留まらず世界中の人々の命に貢献することを目指し、海外展開を進めています。米国事業担当者として今年3月に設立されたアメリカ支社(LA)で働く西井憲一郎。人々の命を救うことに熱い思いを持つ西井が語る、海外視点から見た治療用アプリとキュア・アップ...

【インタビュー】次の世の中に必要なものを自らの手で創り出したい〜ディレクター井上慎太郎の熱い思いとは〜

キュア・アップでascure卒煙プログラムやニコチン依存症治療用アプリのディレクターとしてプロダクトの開発を担当する井上慎太郎。日々の業務では会話を大切にし、会話の中からアイディアが生まれることも多いと話す。とても気さくで話しやすい彼の周りには、職種の壁がなく常に人が集まっている。そんな彼の目指すものとは一体何か...

【インタビュー】看護師として小さな命を救う日々からベンチャーへ 〜一人一人の大切な命に向き合いたい〜劉 詩卉

詩人のように表現豊かで、花卉(植物)のように生命力の溢れるようにとの思いを込め、詩卉と名付けられた弊社の劉は、オフィスでもその人柄や花のような笑みに自然と周囲に人が集まります。 看護師として、日本の医療の最前線で活躍してきた彼女が、どうしてベンチャー企業への転職を決意したのでしょうか。 キュア・アップが提供する、...

「治したい病気がある」。設計、チームづくりを牽引する山本達也(やまたつ)のモチベーションの原点とは。

「アプリで治したい病気があるんです」。自身の経験から治療アプリの開発に一際強い思い入れ持つ、キュア・アップのエンジニア、山本達也(やまたつ)。アーキテクトを担うやまたつが大事にしている「設計」、「チーム」、そして「愛」とは?やまたつのストーリーをお届けします。 📷 こだわり抜いて作れる「愛せるプロダクト」に携わ...

『スターバックスが本当に好きだったから転職しました』 〜スタバの店長だった私が、キュア・アップ第1号の心理カウンセラーになった理由〜

キュア・アップが提供する専用アプリとオンラインカウンセリングを組み合わせた「ascureSPARXメンタルヘルスプログラム」。 その第一号カウンセラーとして入社した菅野の前職は、「スターバックスコーヒー」。店長・ブラックエプロンを経験し今でもスタバが大好きだと語る彼女が、なぜキュア・アップでカウンセラーとして働く...

Followers
Posts
24
Likes
386
About
CureAppのプロフェッショナルたち
CureApp社員のインタビューをお届けします
Writers