Discover companies you will love

  • 法人営業
  • 11 registered

IPO準備中!経験ゼロから事業開発に挑戦したいセールスを募集中。

法人営業
Mid-career

on 2022-02-22

457 views

11 requested to visit

IPO準備中!経験ゼロから事業開発に挑戦したいセールスを募集中。

Mid-career
Expanding business abroad
Mid-career
Expanding business abroad

Share this post via...

Takashi John Tsujimura

外資IT企業のいわゆるゴリゴリのハイタッチ営業として15年以上揉まれてきました。大手ハードウェアベンダーからシリコバレーのSaaS企業の営業を経験、担当業界も多岐にわたり、不動産、ゲーム、通信企業、大手Sierまで様々な業種を担当。『営業のしごととは売ることじゃない、お客さんに新しい一歩を踏み出させることなんだ!』というベンチャースピリットのもと、中目黒、三軒茶屋の飲み歩き方も手取り足取りレクチャーできるマルチなエヴァンジェリスト。人にいろいろチャレンジさせておいて自分はチャレンジしてないんじゃないの?と気付き、2022年からは医療業界へ。モットーは「楽しんでやるやつが一番強い、楽しめ!」。

Yuki Kobayashi

1988年山形県生まれ。医師としての病院勤務を経て、現場で実感した医療の社会課題を解決するために、事業家を志す。2015年、創業期の株式会社メディカルノートへ参画。医療・ヘルスケアプラットフォーム「Medical Note」の基盤を作る。その後、病院・クリニックのDX支援をはじめとした複数の新規事業立ち上げを成功させ、2021年12月COO就任。2021年12月27日現職。

株式会社メディカルノート's members

外資IT企業のいわゆるゴリゴリのハイタッチ営業として15年以上揉まれてきました。大手ハードウェアベンダーからシリコバレーのSaaS企業の営業を経験、担当業界も多岐にわたり、不動産、ゲーム、通信企業、大手Sierまで様々な業種を担当。『営業のしごととは売ることじゃない、お客さんに新しい一歩を踏み出させることなんだ!』というベンチャースピリットのもと、中目黒、三軒茶屋の飲み歩き方も手取り足取りレクチャーできるマルチなエヴァンジェリスト。人にいろいろチャレンジさせておいて自分はチャレンジしてないんじゃないの?と気付き、2022年からは医療業界へ。モットーは「楽しんでやるやつが一番強い、楽しめ!」。

What we do

ー「医師と患者をつなぐ」ー これは私たちメディカルノートのビジョンです。 「病気の診断を受けた」 「体調の異変を感じている」 「良い病院を知りたい」 といった理由から、ネット検索で医療情報を収集することはもはや当たり前の時代。 しかしネット上には間違った情報や誤解を招く記述が氾濫しており、人々が真に信頼できる情報の収集は困難でした。私たちはそうした課題を、医療と人々がつながるヘルスケアプラットフォーム『Medical Note』の提供によって解決してきました。 おかげさまで月間ユーザー数1,800万人以上、国内トップクラスのサービスへと成長しました。 今後はこの自社経営資源を活用しながら医療DX、オンライン診療、働く方のメンタルヘルス、美容医療など事業領域を広げながら新規プロジェクトが立ち上がっていきます。 会社の更なる事業の拡大を担うため、新規事業の責任者や新規プロダクトの開発をディレクションしてもらう方など新たな仲間を募集しています。
誰もが「適切かつ正しい」医療情報にアクセスできるように。気軽に見られるインターネットだからこそ、誰よりも「信頼できる」医療情報の提供を追及してきました。
患者さんの医療への不安を少しでも解消する。医師が正しい医療情報を発信できるようにする。医師と患者さん双方のニーズを結び付けています。
年に1度の社員旅行。メディカルノートのバリューを体現するためにどう行動していくべきか。お揃いのTシャツを着て心を一つに、メンバーみんなで考えました。
社員旅行ではちょっと変わったアクティビティも?!普段の仕事とは違う形でメディカルノートと向き合い「One Medical Note」について見つめなおしました。
バックグラウンドは違えど「医療をもっと良くしたい」という思いは同じ。皆が感じたことのある医療の課題感を忘れずに、目の前の仕事と日々向き合っています。
誰もが願う「健康に生きたい」を叶えるコンテンツだから。コミュニケーションを取ることで、人々のニーズを汲み取っていきます。

What we do

誰もが「適切かつ正しい」医療情報にアクセスできるように。気軽に見られるインターネットだからこそ、誰よりも「信頼できる」医療情報の提供を追及してきました。

患者さんの医療への不安を少しでも解消する。医師が正しい医療情報を発信できるようにする。医師と患者さん双方のニーズを結び付けています。

ー「医師と患者をつなぐ」ー これは私たちメディカルノートのビジョンです。 「病気の診断を受けた」 「体調の異変を感じている」 「良い病院を知りたい」 といった理由から、ネット検索で医療情報を収集することはもはや当たり前の時代。 しかしネット上には間違った情報や誤解を招く記述が氾濫しており、人々が真に信頼できる情報の収集は困難でした。私たちはそうした課題を、医療と人々がつながるヘルスケアプラットフォーム『Medical Note』の提供によって解決してきました。 おかげさまで月間ユーザー数1,800万人以上、国内トップクラスのサービスへと成長しました。 今後はこの自社経営資源を活用しながら医療DX、オンライン診療、働く方のメンタルヘルス、美容医療など事業領域を広げながら新規プロジェクトが立ち上がっていきます。 会社の更なる事業の拡大を担うため、新規事業の責任者や新規プロダクトの開発をディレクションしてもらう方など新たな仲間を募集しています。

Why we do

バックグラウンドは違えど「医療をもっと良くしたい」という思いは同じ。皆が感じたことのある医療の課題感を忘れずに、目の前の仕事と日々向き合っています。

誰もが願う「健康に生きたい」を叶えるコンテンツだから。コミュニケーションを取ることで、人々のニーズを汲み取っていきます。

信頼できる医療情報を届ける、デジタルヘルスケアプラットフォーム『Medical Note』は月間1,800万人に利用される、日本最大級のサービスへと成長を遂げました。 現在は総勢2600名もの著名な医師や専門家、1,100にのぼる医療機関の協力体制のもと運営中です。 各診療科や疾患のスペシャリストである大病院の院長、部長、大学病院の教授・准教授、地域医療を支える医師などを中心に錚々たる顔ぶれの方々から信頼を頂いています。 また、ユーザーがより適切な治療や対処につながる世界を目指すため、パートナー企業とのアライアンスを拡大しています。 2017年5月にはアフラックとの協業、2018年6月にはヤフーが運営する「Yahoo!検索」との連携をスタートさせました。 さらに社会へのインパクトを強めていくため、大型の資金調達も達成し2~3年後のIPOを目指しています。 患者さんの病気への不安を払拭し、最良の医療を受けられる世界を実現する。 そのために医師と経営のプロフェッショナル、ITの専門家、他にもさまざまなバックグラウンドをもつメンバーが続々と集結しています。 社員ひとりひとりが裁量権とスピード感を持ちながら、人々が医療において迷わない世界を実現することが、私たちの使命です。

How we do

年に1度の社員旅行。メディカルノートのバリューを体現するためにどう行動していくべきか。お揃いのTシャツを着て心を一つに、メンバーみんなで考えました。

社員旅行ではちょっと変わったアクティビティも?!普段の仕事とは違う形でメディカルノートと向き合い「One Medical Note」について見つめなおしました。

メディカルノートでは「時間・企業価値・社会性」この3つのバリューを大事にしています。 ー「時間 Respect For Time 」ー 時間はすべての人に平等であり、最大の資源であることを認識し、意思決定、アクション、改善などを最短・最速に行うことを大切にします。我々の時間を大切にする姿勢が、医療を通じて人々の時間をより良いものにしていくと考えています。 ー「企業価値 One Medical Note 」ー 社会的インパクトを最大化・最長化していくために、メディカルノートとしての価値提供をより良いものへ高めていきます。個々の役割の理解、適切なアウトプットを重視し、そして結果へのこだわりを持つ透明性の高い組織であることを大事にします。 ー「社会性 Empowerment Of All People 」ー 永続的に続く会社であるために、利益追求だけでなく一億人に一人かの難病患者も助け、メディカルノートが人を救い続ける存在であり続けることを目指します。

As a new team member

全国の医療機関が抱える様々な経営課題をヒアリングし、インターネットを用いた最適なソリューションを提案していただきます。当社が運営する国内最大級のデジタルヘルスケアプラットフォーム『Medical Note』を始め、社内外に存在するさまざまなリソースを活用し、WEB広告、コンテンツマーケティングなどを活用していくので、提案内容は多岐に渡ります。   <具体的な業務内容> ・医療機関や製薬企業へのWEBコンサルティング ・医療機関における経営課題のヒアリングおよび提案 ・自社医療メディア『Medical Note』の提案 ・運用、効果改善、分析、必要があれば企画の再提案 【『Medical Note』について】 専門の医師が提供する正確な情報を、医療知識のない人にもわかりやすく伝えることを目的とした情報サイトです。 これまで情報提供をしてくださった医師は約2,600名、月間アクティブユーザーは約1,800万人に上ります。ユーザーから必要とされることはもちろん、医師の中でも「いち早く正確な情報を提供できる媒体」としてクチコミが拡がっています。 【クライアント(医療機関)について】 国立病院や大学病院、特定機能病院や一般病院まで 全国の医療機関が対象となります。 ※基本、飛込の営業はありません。 ※既存クライアントの継続、および新規開拓の両面がございます。 【この仕事で得られるもの】 ・院長や理事長や教授、大手企業上層部へ提案する機会も多く、目線の高いフィールドで挑戦することが可能です。 ・ベンチャーと若い会社ながら、実力次第で管理職へのチャンスがあります。 ・一般企業におけるマーケティングの手法を医療機関にも応用することは新しい試みであるため、自分たちの手で市場を開拓していく面白さがあります。 業務の幅も広く、会社や事業の成長スピードはとても早いです。その分スタッフ一人一人の役割は、ルーチンワークとしての営業には決してとどまりません。熱意や成果に合わせるように、事業開発に必要なスキルも身についていきます。 *医療業界での経験は特に必要ありません。社長も含め、医師の資格を持った社員が数名います。わからないことや知りたいことはすぐに確認することができます。 【必須経験・スキル】 ・BtoBもしくは無形商材の営業経験をお持ちの方(業界不問) ・営業としての実績をお持ちの方 【歓迎経験・スキル】 ・営業や販売など自ら工夫して成果を出した経験がある方 ・医療機関への営業経験をお持ちの方 ・広告代理店、またはインターネットメディア運営会社での営業経験をお持ちの方
0 recommendations

    0 recommendations

    What happens after you apply?

    1. ApplyClick "Want to Visit"
    2. Wait for a reply
    3. Set a date
    4. Meet up

    Company info

    Founded on 10/2014

    100 members

    • Expanding business abroad/
    • Funded more than $1,000,000/

    東京都港区北青山2丁目9-5 スタジアムプレイス青山