1
/
5
Webエンジニア(業務委託)
Mid-career
on 2021-11-26 18 views

物流業界でDXを推進するベンチャー企業/Webエンジニア

株式会社オープンロジ

株式会社オープンロジ members View more

  • 富士通、ネットエイジ、富士山マガジンサービスなどで新規事業を中心に数多くのプロジェクトを牽引後、2012年より位置情報系スマートフォンサービスを展開するオーシャンズにCTOとしてジョイン。現在は物流クラウドサービスを提供するオープンロジのCTOとして、既存業界に新たな価値を提供すべく日々奮闘中。母国語はRuby。

  • 経験7年ほどのアプリケーションエンジニアです。
    UI/UXを含めたフロントエンドの開発や、AWS環境の構築など、フルスタックな開発をしたいと考えています。

    【現在】
    ◆仕事での活動
    ・Javaを用いた開発保守
    ・開発リーダとして作業分担と、メンバーのケア、育成
    ・セキュリティ対策としてJavaScriptマクロの撤廃
    ・単体テストがなかったので、単体テストを書きやすくするモジュールを作成
    ・レビュー文化の無かったところにレビューを導入

    ◆業務外の活動
    ・学習のための自宅でアプリケーション構築(GitHub上にあります)
    ・数は少ないですが、qiitaへの技術記事の投稿

    GitHub...

  • Kenji Sakai
    エンジニアリングマネージャー

  • 明治大学卒業、ネットエイジを経て定期購読のECサイト富士山マガジンサービス創業メンバーとして、営業、マーケティング、事業開発など多岐にわたる領域を担当し、成長に貢献。レガシーな物流領域をもっとオープンに革新したいという思いから2013年12月株式会社オープンロジを設立。TechCrunchTokyo2014審査員特別賞(準優勝)受賞、InfinityVenturesSumitLounchPad2014Fall第6位。これまで累計27.5億円の資金調達を実施。

What we do

  • OPENLOGIランディングページ
  • オープンロジ エントランス

【社会インフラである物流業界をテクノロジーで変革する】
2014年10月からサービスを開始した『オープンロジ』は、現在急成長しているEC物流の裏側を支えるプラットフォームです。2021年5月時点で、9,000社のEC事業者にご利用頂き、提携物流会社は40社を超え、日々成長を続けています。
EC物流にはEC事業者(以下、荷主)、倉庫事業者、配送事業者と各ステークホルダーの事情が複雑に絡んでおります。また、社会情勢の変化に伴いEC物流のニーズが日々増大しており、物流のキャパシティが限界を迎えているという現状があります。
私たちは物流業界の課題に向き合い続け、各ステークホルダーをネットワーク化する『オープンロジ』を開発しました。

【誰でも簡単にすぐ利用できるプラットフォーム】
『オープンロジ』は「物流のめんどくささ」をなくす為に誕生した、誰でも簡単にすぐ利用できるプラットフォームであり、日々ユーザー目線に即した機能開発を行っています。

■荷主と倉庫のやり取りをスムーズに
ECプラットフォームで誰でも簡単にECストアの立ち上げができるようになり、日本のEC事業者数は年々増加しております。(某ECプラットフォームでは現在100万以上のショップ数を誇っております。)

ただ、EC事業者が増加しているその裏側の物流面は未だにアナログな状況が続いています。

EC事業者の80〜90%は中小のEC事業者であり、モノを売る際の在庫管理や梱包等の物流業務を自分たちで行っているケースも多くあります。
自分たちで物流業務を行うのは、中小のEC事業者にとってメインの業務ではないにも関わらず手間が多く、大きな負担となっております。

その手間をなくす為に、EC事業者はモノを売る際に在庫管理や梱包等の物流業務を倉庫事業者にアウトソースします。

ただ、一般的に倉庫会社と契約する場合、そもそも導入までに1ヶ月以上かかるケースも多く、見積もりの不透明性や固定費が発生するといった面で、特にスモールスタートでECを始める事業者にとって高いハードルにもなっています。

オープンロジはこのような「物流のめんどくささ」を倉庫事業者とのネットワークと独自開発したシステムを軸に解消しています。

【物流版のクラウドサービスとして、物流ネットワークの最適化】
全国の倉庫事業者との提携を増やしていくことで、在庫の最適分散を通じた物流業界の根本的な課題を解決していきます。

■配送の問題を仕組みで解決
例えば、関西の工場で製造した製品を関東の倉庫に保管する。そして関東の倉庫から全国各地に配送する。これは現状の物流業界において当たり前の光景です。

もし全国各地に倉庫を保有し、各地の需給を考慮して全国に在庫を保管しておくことができれば「関東の倉庫に配送して、そこから全国各地に配送する」といった無駄な工程が配送が1つなくなります。

提携倉庫を増やし、倉庫を仮想化し、最適な配送ネットワークを構築する。
そうすることで社会インフラとしてより良い物流を作り上げる。

これがオープンロジが目指す世界観です。

Highlighted stories

「熱さを持った志高い人と共に成長していきたい」CEO×セールスマネージャー対談インタビュー
「物流の未来を、動かす」ミッション実現をリードするロジスティクス開発部の醍醐味とは?
2022年、年始のご挨拶
Other users cannot see whether or not you're interested.
21 recommendations
Company info
株式会社オープンロジ
  • Founded on 2013/12
  • 113 members
  • Expanding business abroad /
    Funded more than $300,000 /
    Featured on TechCrunch /
    Funded more than $1,000,000 /
  • 東京都豊島区東池袋1丁目34−5 いちご東池袋ビル9F
  • 物流業界でDXを推進するベンチャー企業/Webエンジニア
    株式会社オープンロジ