1
/
5
リーシング担当
Mid-career
on 2021-11-15 80 views

リーシングを通じて未来のオフィスビル業界を担っていきませんか?

株式会社ヒトカラメディア

株式会社ヒトカラメディア members View more

  • 1986年3月5日生まれ、千葉県千葉市出身。
    10歳よりドラムを始め、キングレコードからメジャーデビューを果たした元ドラマー。
    バンド脱退後はビル併設型カフェのマスターとなる。
    自身の家探しを機に宅建取得。
    オフィス仲介業に3年間従事し、ヒトカラメディアにジョイン。

    。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。

    ◆ヒトカラメディアの事業内容
    ◎株式会社ヒトカラメディア
    http://hitokara.co.jp/
    https://www.facebook.com/hitokaramedia/

    ◎居抜きでのオフィス...

  • 2012年に京都大学農学部に入学し、卒業論文ではEUの農業政策の変更が生産に与える影響を経済モデルを用いて分析をした。卒業後は京都大学大学院に進学するが海外で勉強して幅広い知識・価値観に触れたいという思いが強くなり、2年間の休学を申請してドイツのゲッティンゲン大学農学部に修士課程として入学。留学中の経験から日本における働き方問題、地方と都市との関わり方に強い関心を持つようになる。また在籍中に日本の農業問題をビジネスの観点から見るために、株式会社ukkaで約3ヶ月間のインターンを経験。

  • 前職では自社物件の管理部署と、新規事業の推進部署に所属しました。ヒトカラメディアの『「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする』というミッションへのワクワクと、場所にとらわれず“働く場作り”を行うこと、ひいては“街づくり”を行うことに興味を持ちジョイン!ヒトカラメディアの持つ「循環型の価値提供」を武器に、みんなが幸せになる提案を行うワクワク部署「企画開発部」に所属しています。自身が地方(静岡)出身者であることもあり、都市と地方の両方に軸をおく働き方の探求にも試行錯誤しています。実験場としての側面も持つヒトカラメディアが楽しいです!

What we do

  • ヒトカラメディアは『「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする』というミッション、『「働く場」と「働き方」からいきいきとした組織と個人を増やす』というビジョンを元に事業展開しています
  • 下北沢のオフィスには、チームの活動をなめらかにする工夫がたくさん散りばめられています。

”「働く」にもっとこだわれば、組織はもっといきいきする。”

ヒトカラメディアは「働く」を考える、
おせっかいな共創パートナーです。

多くの人にとって切っても切れない、
「働く」という領域。

職場の近くに住み、
仕事を通して価値を生み、対価をもらう。
わたしたちの「暮らし」、ひいては
「人生」に大きく影響する領域です。

もし、多くの人にとって
「いきいき」と働ける状況が増えていけば、
世の中にもっとオモシロいことが増えていくのでは?

ヒトカラメディアはそんなことを考えながら、
事業を展開しています。

◆ミッション
「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする

◆ビジョン
「働く場」と「働き方」からいきいきとした組織と個人を増やす

上記の企業理念の下、『「らしさ」にこだわった働く場』を提供している会社です。主に都内のベンチャー・スタートアップを中心とした成長企業に対して、働く場に関する要件定義からオフィスの選定、内装のプランニング、場合によってはワークショップの企画等まで、一気通貫でオフィス移転のプロデュースを行っています。

予算や広さ、雰囲気だけで物件や内装を決めない。財務状況や資金調達、立ち上げ期なのか拡大期なのかの企業のフェーズ、立地と内装にどれくらいの費用をかけるのか、採用を加速させたいのか、働く環境をより良くしたいのか、様々な観点から移転先を検討していきます。

さらにコロナ禍を受けて、企業にとっての「働く場」の捉え方は大きく変わりました。リモートワークが普及し、必ずしもオフィスに毎日出社する必要がない企業も増えました。これを機にオフィスを無くし、フルリモートで働く企業も出る一方、チームを育んでいく上では一定量のリアルでのコミュニケーションは必要という声も多く挙がっています。自宅ではなかなか集中できない、いや在宅ワークがあってよかった、メンバーごとにも出てくる声は違ってくるでしょう。

コロナあるなしに関係なく、企業やチームの数だけ、「働く場」「働き方」の最適解があるはずで、今回のコロナ禍によりその重要性がより際立つようになりました。

これは言い方を変えると「自分たちらしい働く場・働き方」を実現するということ。ここを寄り添って実現までのサポートをしていくのが、ヒトカラメディアの役目だと考えています。

会社のメンバーの皆さんが集中しやすかったり、コラボレーションしやすかったり、会社のカルチャーと空間の仕掛けがフィットしていたり。その会社ごとに、日々チャレンジする場所をどんな場所にするか?オフィスの立地や空間を戦略的に練ることは、その企業の理想的な「らしさ」を追求することでもあります。

経営者や移転担当者の方々だけではなく、時には会社のメンバーの皆さんも巻き込んで、「◯◯社らしさって何だろう?」「これから◯◯社は、どんな企業になっていきたいか?」「そのためにいま足りてないことは何だろう?」とワークショップを行うこともあります。ちょっと時間は掛かりますが、きっとメンバーの方々が「使いやすい/使いこなせる」オフィスになるはず。私たち自身も過去数回の全社を巻き込んだオフィス移転プロジェクトをしてきたので価値を実感しています。ヒトカラメディアは「オフィス移転」を「会社の成長の好機」に変えることで、成長企業の応援をしています。

◆なぜ「らしさ」にこだわるのか?
その企業「らしさ」という形の見えない言葉の中には、ミッションやビジョン、カルチャーや行動指針、サービスや提供価値へのこだわり、組織の在り方や組織戦略など、すべてに共通する太い「軸」が通っていることが求められます。そこに「オフィスの立地や空間」も1つの大事な要素です。「ヒトカラメディアらしさ」とは何か?この問いに正しい答えはなく、もしかしたら個々人によって違う回答が返ってくるかもしれません。それでも「これはやるのは、格好悪いからヒトカラメディアらしくない」とか、「自分たち「らしさ」って何だろう?良いところは?悪いところは?」と、しっかりと自分たちに向き合い続けて、どこの真似でもなく自分たちにしか出来ない「らしさ」を大事にこだわり続けている企業は強いのではないでしょうか。

また、オフィス移転以外にも自社施設の運営やオフィスビルのオーナー向けのソリューション提案、工事・施工管理、地方での展開も行っています。これらの事業がクロスすることで、より厚みのある価値提供を目指しているのもヒトカラメディアの特徴です。

Highlighted stories

ヒトカラメディアが気になるあなたに読んでもらいたい記事16選
【ヒトカラ日記】ようこそ20新卒!笑いあり、涙ありのヒトカラ名物内定式合宿に行ってきました!
【ヒトカラWORKS】グローバルウェイラボさま<内装プランニング><デザイン>
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
株式会社ヒトカラメディア
  • Founded on 2013/05
  • 55 members
  • 東京都世田谷区北沢2丁目5−2 下北沢ビッグベンビル B1F
  • リーシングを通じて未来のオフィスビル業界を担っていきませんか?
    株式会社ヒトカラメディア