1
/
5
貿易+α
Mid-career
on 2021-09-15 560 views

農業を構造転換するベンチャーをバックオフィスから支援する貿易+α人材求む!

株式会社日本農業

株式会社日本農業 members View more

  • ・横浜に生まれ、横浜で育つ。両親は新潟出身
    ・高校時代に自転車で日本を縦断し、農村の美しさに魅了される
    ・慶應大学法学部卒。在学中にイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校農学部に留学
    ・卒業後はマッキンゼー・アンド・カンパニーにて農業関連団体の中期戦略策定などに携わる

  • ・東京生まれ。9歳からの6年間をアメリカ、カリフォルニア州で過ごす
    ・慶應大学法学部卒。在学中にブリティッシュコロンビア大学法科大学院に留学
    ・卒業後は野村證券投資銀行部門にてアナリストとして勤務し、複数の企業のM&A案件に携わる

  • ・兵庫県生まれ
    ・慶応大学商学部卒
    ・American Univerisityにて一年間留学
    ・卒業後はテモナ株式会社にて新規事業立ち上げを担当
    ・その後、株式会社Pastryを起業して、その後2018年3月日本農業にジョイン

How we do

  • 合宿の様子
  • 創業当時、タイで初成約の直後の笑み

<どのようなメンバーがいる?>
このようなミッションのもと、弊社には大手総合商社や外資系コンサルティング、金融機関や官公庁など、様々なバックグラウンドを持つメンバーが集い、「産業構造を変えていく」というチャレンジングなミッションの実現に向け、高い志を持って取り組んでいます。

<どのような組織風土?>
事業の性質上、メンバーは日本各地、世界各地に散らばってしまいますが、その中でいかに「個」の力を最大限に引き出しながら、共通のゴールを目指していくか、を常に考え、組織作りを行っています。
大前提としてメンバーを「公明正大なプロフェッショナル」として捉え、性善説に立ち最大限の裁量を与える「セルフマネジメント」を組織運営の原則としています。自分の仕事の意思決定は最終的に自分でする、というのが弊社の考え方です。
一方で自身の経験・知識だけで質の高い意思決定・実行ができるとは限りません。そこでセルフマネジメントとセットで、適切な他者から助言を受けることで「集合知を活かす」ことを義務として定めることで、主体的に議論を仕掛け、行動の質を高め、持続的に成果を生み出すことができる環境となっています。

また、メンバーが共通して持ち、体現することが求められる価値観として、「ニチノウバリュー」を下記の通り定めています。
「挑戦を楽しむ」: 革新性を追求し、自らの挑戦を通じて他者を盛り立てる
「実行にこだわる」: 現場を基軸とし、泥臭くとも最後までやり抜く
「共に創る」: ステークホルダーを魅了し、仲間にする
「チームで戦う」: 渦中の友を助け、他者の成長に貢献する
このニチノウバリューおよびミッションを全メンバーが腹落ちさせ、日々の活動に落とし込むことで、物理的に遠く離れて仕事をする中でも、「チーム」として一体感を持ちながら、前進を続けています。

Highlighted stories

ICC KYOTO 2019 "CATAPULT GRAND PRIX"にて株式会社日本農業が優勝しました!
ニチノウ社内(外)報 Vol.3 ~必ず笑いをとる!俺流のOKR、教えてやんよ!~
ニチノウ社内(外)報 Vol.2〜キャプテン翼型組織にするためには?〜ワークエンゲージメントの小話
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
株式会社日本農業
  • Founded on 2016/11
  • 30 members
  • Average age of employees in 20s /
    Funded more than $1,000,000 /
    Expanding business abroad /
  • 東京都品川区西五反田1丁目13-7 マルキビル101
  • 農業を構造転換するベンチャーをバックオフィスから支援する貿易+α人材求む!
    株式会社日本農業