1
/
5
海外生産事業立上推進者
Mid-career
on 2021-07-14 1,211 views

タイ現地でイチゴ等のマザーファームを立ち上げる事業開発人材を求む!

株式会社日本農業

株式会社日本農業 members View more

  • ・横浜に生まれ、横浜で育つ。両親は新潟出身
    ・高校時代に自転車で日本を縦断し、農村の美しさに魅了される
    ・慶應大学法学部卒。在学中にイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校農学部に留学
    ・卒業後はマッキンゼー・アンド・カンパニーにて農業関連団体の中期戦略策定などに携わる
    ・2016年11月に株式会社日本農業を創業し、代表取締役

  • ・兵庫県生まれ
    ・慶応大学商学部卒
    ・American Univerisityにて一年間留学
    ・卒業後はテモナ株式会社にて新規事業立ち上げを担当
    ・その後、株式会社Pastryを起業して、その後2018年3月日本農業にジョイン

  • ・静岡生まれ静岡育ち
    ・慶應大学商学部卒。在学中にカリフォルニアに留学
    ・体育会サッカー部に所属
    ・卒業後はITベンチャーのスローガンにて営業を担当

  • ・東京生まれ。9歳からの6年間をアメリカ、カリフォルニア州で過ごす
    ・慶應大学法学部卒。在学中にブリティッシュコロンビア大学法科大学院に留学
    ・卒業後は野村證券投資銀行部門にてアナリストとして勤務し、複数の企業のM&A案件に携わる

Why we do

  • チェンマイの圃場への道作りからスタート
  • チェンマイのいちご圃場

「日本の農業で世界を驚かす」
弊社のミッションです。

なぜ日本の品種、日本式栽培に我々がこだわるのか。それは日本の青果物の「おいしさ」が世界でも抜きんでているからに他なりません。
我々はその「おいしさ」をより世界中の人々に楽しんでもらいたいと考えておりますが、生ものである青果物では、必ずしもすべての品目が鮮度・コストの観点で日本から直送できるわけではありません。
しかし海外消費地現地で、日本品質の生産が可能になれば、これまででは考えられない鮮度、コストでお客様に供給をすることが可能になります。

また一方で生産者の視点としてもハッピーセットというオプションが加わることで、日本同様に農業が「儲からなくて厳しい産業」と思われている国においても、農業という産業、農家の方々を活気づけることができるのではないかと信じていますし、昨今の事業会社によるSDGsを意識した農業参入ニーズにもこたえることができるのではないかと考えています。

Highlighted stories

ICC KYOTO 2019 "CATAPULT GRAND PRIX"にて株式会社日本農業が優勝しました!
ニチノウ社内(外)報 Vol.3 ~必ず笑いをとる!俺流のOKR、教えてやんよ!~
ニチノウ社内(外)報 Vol.2〜キャプテン翼型組織にするためには?〜ワークエンゲージメントの小話
Other users cannot see whether or not you're interested.
8 recommendations
Company info
株式会社日本農業
  • Founded on 2016/11
  • 30 members
  • Average age of employees in 20s /
    Funded more than $1,000,000 /
    Expanding business abroad /
  • 東京都品川区西五反田1丁目13-7 マルキビル101
  • タイ現地でイチゴ等のマザーファームを立ち上げる事業開発人材を求む!
    株式会社日本農業