1
/
5
データサイエンティスト
Mid-career
on 2021-06-28 420 views

機械学習・統計・最適化を軸に、産業構造を変革するプロダクトを創出するDS

株式会社ABEJA

株式会社ABEJA members View more

  • Born in 1988. Started programming from 10-year-old. Majored in computer graphics in high school and awarded a prize from Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology. In university, researched 3-dimensional computer graphics using Graphical Processing Unit (GPU) with Compute Uni...

What we do

  • 【ABEJA Platform】開発・運用に必要なパイプラインをサポートする機能が充実しているため、AIのビジネスへの実装を短期間で実現し、継続して精度を維持・向上することができます。
  • 【ABEJA Insight for Retail】小売経営を勘と経験から脱却するためのサービス。従来の技術では可視化・指標化が難しかった消費者の動きを、店舗に設置したカメラ等のデバイスを通して数値化します。

〇ABEJAについて
ABEJAは、「ディープラーニング」をはじめとするAIを活用し、多様な業界、シーンにおけるビジネスの効率化・自動化による事業構造変革を促進するベンチャー企業です。

2015年10月に小売・流通向けのB2B SaaS「ABEJA Insight for Retail」をリリースし、既に約80社470店舗が導入しており、プロダクション環境で数千台のIoTデバイスが稼働しています。

2016年11月には「人工知能(AI)時代のAWS」となるべく、IoT×Big Data×AIの最先端テクノロジーを結集した革新的AIプラットフォーム 「ABEJA Platform」の提供を開始。ダイキン工業など製造業を中心に、AIのビジネス実装を実現させる革新的な活用事例を創出しています。

またグローバル展開の足掛かりとして、2017年3月にシンガポール現地法人「ABEJA Singapore Pte. Ltd.」を設立。同年4月には、米NVIDIA社から資本業務提携を実施しました。2018年12月には、米Google社から出資を受けております。

2019年10月に米シリコンバレーに現地法人「ABEJA Technologies, Inc.」を設立し、2020年6月、世界経済フォーラムが新興企業の中から選ぶ2020年の「テクノロジーパイオニア」の1社に選ばれました。

〇事業紹介
■ソリューション領域
製造、物流、インフラをはじめとするあらゆる業界において、一気通貫したAIの導入、活用支援を行っています。

クライアントのDX戦略策定、新規事業計画策定、アセスメント・PoCの実施、PoC済のAIの実装など、取り組むプロジェクトは多岐に渡ります。

社内のデータサイエンティストやエンジニアと連携しながらプロジェクトを進めることで、実効性の高いソリューションをクライアントに提案することが可能です。

👉ABEJAが提供するAIソリューション
https://abejainc.com/solution/ja/
👉【松尾豊×ABEJA岡田陽介対談】日本企業でDX、AI活用が進まない5つの理由とその処方箋
https://type.jp/et/feature/13588/

■プロダクト領域
企業の業務プロセスや製造プロセス、製品・サービスなどのAI化を促進するプロダクトを開発・提供することを通じて、顧客企業のDXに貢献することを目指しています。

現在は、AIの開発・運用基盤である「ABEJA Platform」、小売流通業界に特化した店舗解析SaaS「ABEJA Insight for Retail」の2つのプロダクトを顧客に提供しています。

♦「ABEJA Platform」について
AIの開発・運用に必要不可欠なプロセスを最小化し、AIのビジネス実装を加速させるプラットフォームです。ユーザーは大量のデータの取得、蓄積、学習、デプロイ、推論・再学習の工程に必要なインフラ環境を意識すること無く、必要な工程のみを利用することが可能です。またモデルの学習、再学習時の精度比較やモデルのバージョン管理など、これらのプロセスを繰り返し実行することを最小化するための機能を提供しています。

👉ABEJA Platform事業紹介
https://abejainc.com/platform/ja/

♦「ABEJA Insight for Retail」について
「ABEJA Platform」を基盤にした小売流通業界に特化した店舗解析SaaSです。
ネットワー赤外線センサー等のIoTデバイスから取得したデータを解析し、 来店人数、店前通行人数、年齢性別推定、リピート推定、動線分析など、実店舗における来店から購買までの顧客行動をデータとして可視化します。
小売・卸売AI市場、マーケティングAI市場で2年連続シェア1位となっています。
(デロイト トーマツ ミック経済研究所調べ(2021年9月))

👉ABEJA Insight for Retail事業紹介
https://abejainc.com/insight-retail/

Why we do

私たちのタグラインは、「ゆたかな世界を、実装する」こと。
最先端のテクノロジーをベースに、イノベーションの創出を促進し、社会全体にその恩恵を行き渡らせることにより、よりゆたかで高度な社会作りに主体的に貢献していきたいと思っています。

How we do

  • ABEJAはテクノロジーとビジネス双方の観点を持つ「Technopreneur」が集まったチームです。
  • インド、ベトナム、中国、フランスなど多国籍のメンバーが在籍しており、多様性を大切にしています。

〇ABEJAが大事にしていること
私たちは「テクノプレナーシップ」という精神をとても大事にしています。
テクノプレナーシップとは「テクノロジーによって、非線形イノベーションを実現して
インパクトのある社会貢献をする姿勢。リベラルアーツによって、その行為を問い続ける姿勢。」を指しています。
私たちは、テクノプレナーシップの行動精神のもと、人間性、創造性、倫理観を持ってテクノロジーを取り扱い、社会構造の変革を先導し「ゆたかな世界」の実現を追求したいと考えています。

- ABEJAのテクノプレナーシップ
https://note.com/abeja/n/neee9681fa95e
- Approach To AI が発足
https://abejainc.com/ja/news/article/20190821-2542
- ABEJA Advent Calendar 2021
https://qiita.com/advent-calendar/2021/abeja

〇メンバー紹介記事
- 「コレジャナイ」。 内なる声に従って、ベンチャーに飛び込んだ戦略コンサル(山本さん)
https://note.com/abeja/n/n8666a32860b5
- 仕事の中身は「ドラクエの上級職」 データサイエンティストたちのリアル㊦(ゆうこうさん)
https://note.com/abeja/n/nfeaa1ca81f21
- ABEJA なのくろさんが、うっかり転職したくなるissueはこれです(なのくろさん)
https://note.com/abeja/n/ndeb202fd1d9f

〇ブログ
- テクプレたちの日常 by ABEJA
https://note.com/abeja/
- ABEJA Tech Blog
https://tech-blog.abeja.asia/

As a new team member

■事業説明
2021年3月より、ABEJAが2012年の創業以来培ってきた機械学習やディープラーニング、IoTに関する技術基盤や、顧客基盤を生かした「新規プロダクト」の開発に取り組んでいます。現在は事業アイディアを固めており、2021年のうちにMVPの開発に移行する予定です。
そこで、新規プロダクトのAI活用を支えるデータサイエンティストを専任で迎えたく、募集を開始しました。
入社後は、新規プロダクトの他にも、「ABEJA Insight for Retail」のサービス価値拡大にも関わっていただく予定です。

主な技術分野は、機械学習・統計・最適化などですが、ビジネス開拓段階であるため、過去に未経験の新しい技術・未知の分野のキャッチアップや強い推進力が求められます。機械学習等による技術開発のみではなく、フロント・バックエンドに関するサービスの試作や顧客フィードバックに基づく改善など、広範な価値を出す事に魅力を感じていただける方にご活躍いただけるポジションです。

■お任せしたいこと
・新規プロダクト開発において、テーマ探索、実現可能性検討、試作を中心に、顧客にフィットするプロダクトを作るプロセスを担っていただきます。
・「ABEJA Insight for Retail」サービスにおいて、PoCを技術面でリードし、サービスの新たな価値や付加価値の発見に貢献していただきます。

■仕事内容
●新規プロダクト開発プロジェクトの技術面におけるリード
●PoCなどのプロジェクトの技術面におけるリード
 ・テーマ探索、実現可能性検討、試作など
 ・国際会議、論文などによる技術調査
 ・クライアントの課題に対する適切な技術的解決策の提案
 ・数理モデリング(予測、最適化、統計モデルの設計等)
 ・アルゴリズム・ロジックの実装・精度性能評価
 ・ABEJA Platformへの運用ロジックの実装
●技術の横展開・技術ブランディング
 ・実装ロジックの汎用化
 ・技術ナレッジの公開(勉強会・Meetupなどへの登壇、テックブログの執筆など)

■開発環境
•言語:Python
•利用環境:GCP / AWS / Linux / Docker / Kubernetes / ABEJA Platform
•利用ライブラリ:TensorFlow・Keras / PyTorch / Transformers / OpenCV / pandas / spaCy / LightGBM /

■必須要件
•ビジネス・顧客価値への強い興味
•技術キャッチアップ力、開発スピード
•数理的・論理的思考能力
•下記技術において、少なくとも1つ以上の分野においての業務経験を持つこと
 ・機械学習
 ・確率・統計
 ・数理最適化
 ・信号処理
 ・応用(コンピュータビジョン、自然言語処理、音声処理等)

■歓迎要件
•英語を用いた業務経験
•Webサービス開発経験
•クラウド(AWS, GCP)での開発経験
•SQLの知識
•Kaggle、および競技プログラミングでの上位入賞実績
•ハッカソン等でのアイデアのアウトプット
•関連分野での論文誌・国際学会での発表経験
•Docker, GitHub, CircleCI等を用いた開発経験

■参考
・ABEJA Insight for Retail事業紹介
 https://abejainc.com/insight/retail/ja/
・ABEJAの技術スタック一覧
 https://stackshare.io/abeja/abeja-insight-for-retail
・ABEJAの技術スタック詳細
 https://tech-blog.abeja.asia/entry/retail-tech-stack-202110

Highlighted stories

「コレジャナイ」。 内なる声に従って、ベンチャーに飛び込んだ戦略コンサル

きっかけは麻雀。Kaggle Masterが語る「好き」から始まる機械学習の道

プロダクト開発は、失敗からいかに学ぶかだ。

Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
About 株式会社ABEJA
株式会社ABEJA
  • Founded on 2012/09
  • 66 members
  • Expanding business abroad /
    Featured on TechCrunch /
    Funded more than $300,000 /
    CEO can code /
    Funded more than $1,000,000 /
  • 東京都港区北青山二丁目14番4号 the ARGYLE aoyama「WeWork」6F
  • About 株式会社ABEJA
    機械学習・統計・最適化を軸に、産業構造を変革するプロダクトを創出するDS