1
/
5
セールス・マーケティング全般
Mid-career
on 2021-03-01 2,354 views

自分たちの働き方は自分たちでデザインする。WorkstyleOSが世界中のワークスタイルを基盤から変えていく

ACALL株式会社

ACALL株式会社 members View more

  • 日本IBM株式会社に入社。金融市場向けIBMグローバルソフトウェアの提案等に従事する。
    同社を退職後、空間デザイン専門学校生活を経て、2010年に現ACALL株式会社を創業。

  • ■キャリアとストーリー
    −Current
    ACALL株式会社にてセールス&マーケティング管掌に加え、経営企画を担当。
    セールス(インサイドセールス、フィールドセールス、カスタマーサクセス)、マーケティング(事業戦略策定・新規事業開発、データ分析、PR・広報、クリエイティブ)、予算/KPI策定など。

    前職の日産自動車株式会社時代、MaaSの経験からプラットフォーマーやイネーブラーならびにSaaSの今後のポテンシャルを確信したことと、特にマーケティング領域を極め、経営を近くで体系的に学ぶべくACALLへ入社。

    ACALLのVISIONは「Life in Work and Work in ...

  • 2001年 フリーランスプログラマーとして独立し、
    ACALL株式会社 設立時に参画。
    Rubyを使ったWebアプリケーション開発を中心に、各種システムのアーキテクチャ設計・実装を行う。
    現在はCTOとして、開発組織のチームビルディングを中心にいろいろなことをやってます。

  • ・福岡県からフルリモートHRとして参画。
    採用、インナーブランディングをリモート環境でも可能なことを体現し続けます。

    ・スターバックスコーヒー等の飲食業にて人材育成、マネジメント(最大50名)、インナーブランディング、採用を経験。

    ・これまでもこれからも「人の可能性と選択肢を広げて、自分らしく笑顔で生きる人を増やす」を掲げて実現を目指します。

    ・築111年の古民家でコーヒーショップを営み、コーヒーを通じてのコミュニティ作り、地域活性化を目指しています。

Why we do

  • 私たちはテクノロジー企業として、人々の“くらし”と“はたらく”を自由にデザインできる世界を実現してまいります。

profile

CEO 長沼 斉寿
2004年より日本IBMでITエンジニアおよび金融市場向けIBMグローバルソフトウェアの日本国内でのコンサルティングセールス職等を経て、2010年に当社を設立。企業向けソフトウェア開発事業、メンタルヘルスwebサービス事業等を経て、2016年7月に現事業を開始。
profile
COO 吉元 裕樹
新卒でベンチャー企業を経て、DICでモビリティ関連の事業責任者として海外中心にビジネスサイドを幅広く経験し、事業をグロース。日産自動車ではカーシェアサービスの事業統括や他MaaS関連で多数のプロジェクトリーダー、同社のMaaS戦略策定に従事。2020年2月より当社に入社。
自身のワークスタイルをデザインできる社会を目指して

how 長沼 働き方の多様化というものが社会で叫ばれているものの、働く人にとっては働く場所、働く時間、そして何をするかなどのワークスタイルを、自分自身で設計しているという状態にはまだなっていないように見受けられます。

たとえば介護や育児など、生活の中でケアしなければいけないことというのは多くあるでしょう。いまは東京で働いているものの、将来的に地方に住む親の介護のことを考えると、いまの職を辞めて、現地で新しく仕事を探さなければいけないといったことは珍しいことではありません。

また、いまでこそ在宅ワークが広まっていますが、成果ベースではなく、何時から何時まではPC環境にいなければいけないなどの制約があるケースも多くあります。しかし、私たちは人間ですから、人それぞれのバイオリズムがあり、ベストなパフォーマンスが出せるワークスタイルというのは異なります。

そうした仕事と暮らしにおいての課題を抱えるワーカーの方が増える近い将来、日本社会における働き方というのは、OSレベルで変わっていかないといけないと考えているんですね。

では、どう変えていくかとなったときに、やはり企業がそうした判断をできるような定量データが必要です。そこで『WorkstyleOS』では、ワーカーの行動履歴・評価・環境情報を分析・可視化し、AIによる自動化・ファシリテート・レコメンドを行う機能を実装。これによりワークの質と生産性の向上をフィードバックループを形成し、多様性を許容するオープンな次世代ワークスタイルの創造に繋がると信じています。

もちろん、次世代ワークスタイルを実現するためには課題も山積みですが、ACALLが目指す “人々の「くらし」と「はたらく」を自由にデザインできる世界” の実現のために、私たちは『WorkstyleOS』を常に進化させ続けていきたいと考えています。

profile

how 吉元 私は2020年2月にACALLに入社しましたが、そうしたACALLが目指すビジョンに惹かれたというのが入社理由として大きくあります。

というのも、過去の会社では上り方面の電車に乗って通勤しなければならず、毎日満員電車。一方で転職をして次の会社では、逆に下り方面への電車であったためガラガラだったんです。通勤ひとつとっても、満員電車に乗るか乗らないかで、その後の仕事のパフォーマンスが変わることを強く実感しました。

個人的にはやはりバブル期のような元気ある日本、世界の中でもプレゼンスの高かった日本の当時の盛り上がりが、いま失われているのが悔しく感じています。 しかし、もし日本の働く人たちが、自身のパフォーマンスを最大化できる働き方ができれば、日々生き生きと仕事に向き合えますし、さらに生産性が上がることで日本経済全体の活性化に繋がるなと思っています。

Highlighted stories

【登壇のお知らせ】2021年11月24日(水)~26日(金)の開催!Chatwork主催の参加無料のDXカンファレンス
WorkstyleOS、10月4日 (月)より東京都内でタクシーCMの放映開始!
WorkstyleOSユーザーが6,000社を突破しました!
Other users cannot see whether or not you're interested.
8 recommendations
Company info
ACALL株式会社
  • Founded on 2010/10
  • 60 members
  • Expanding business abroad /
    Funded more than $1,000,000 /
    Featured on TechCrunch /
  • 東京都千代田区神田三崎町3-2-14 GLORKS水道橋 1階-B1階
  • 自分たちの働き方は自分たちでデザインする。WorkstyleOSが世界中のワークスタイルを基盤から変えていく
    ACALL株式会社