1
/
5
ライター
on 2021-01-20 6,248 views

READYFORに関わる人たちの想いを届ける、note専属ライター募集!

READYFOR株式会社

READYFOR株式会社 members View more

  • 元出版社の編集者/ 現在フリーのライター・編集者
    2018年12月のREADYFOR note立ち上げ時から編集長就任

  • READYFOR株式会社 PRチームマネージャー
    サービス初期である2014年、大学在学中にREADYFORインターンとしてジョイン。
    キュレーター、CEO秘書、採用アシスタント、WEBマーケ担当等を経て、PRチーム立ち上げに従事。
    テレビ東京「カンブリア宮殿」など1000を超えるメディア対応を行う。
    1993年生まれ、北海道出身。

  • 大手総合化学メーカーで営業を経て、2018年にREADYFORのPRチームにジョイン。READYFOR初となる育休取得後、20年4月にPRチームに復帰。現在は医療やスポーツなどの、クラウドファンディングプロジェクトPRを担当。

  • WEB/編集ディレクターを経てREADYFORに参画。「READYFOR アート部門」立ち上げ、社会的養護の子どもたちへの支援に特化した「こどもギフト」プログラムオフィサー。大型資金調達を主に担当 (統括チーム総調達額25億超)。直近は国内最高額の新型コロナウイルス感染症拡大防止基金のキュレーターを務めた。

What we do

「想いの乗ったお金の流れを増やす」というミッションを掲げ、様々な団体・個人の資金集めや寄付をしたい法人・団体の支援をしています。

|| クラウドファンディングサービス「READYFOR」
主幹事業であるクラウドファンディングサービス「READYFOR」は、国内最大級のクラウドファンディングサービスとして、中学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています。

|| 「レディーフォー遺贈寄付サポート」
近年、終活への意識の高まりや、おひとり様世帯の増加などを背景に、遺贈寄付に対する意識・関心が高まっています。2020年7月には自筆証書遺言書保管制度が開始するなど、関連制度の整備も進んでいます。一方で、社会的な活動を行う団体の多くは、遺贈寄付の呼びかけ・受入に必要な人員・財源・知識が不足しており、遺贈寄付に関する取り組みを思うように進められていない現状があります。
そこで、遺贈寄付サポートでは、READYFOR社内に相続・遺言の専門家を含むチームを組成し、社会的な活動を行う団体と遺贈寄付検討者の方のマッチングの実施に加え、団体が抱える遺贈寄付受入に関する悩みに寄り添った包括的なサポートを行っています。
団体の資金調達手段の多様化・強化を推進することで、「想いの乗ったお金の流れ」を増やしていきます。

|| 「READYFOR 継続寄付」
READYFORは、NPO・医療機関などの活動団体が継続的に寄付を募集し、支援者情報を管理することができる「READYFOR 継続寄付」を提供しています。

「READYFOR 継続寄付」は社会的活動団体が掲載料無料で、毎月の寄付金を集めることができる新サービスです。これまでのクラウドファンディングサービスREADYFOR同様、前後のサービスを含めて、安心してご利用いただける体制をご用意しました。

過去に実施したクラウドファンディングの支援者様にREADYFORのプラットフォーム上で継続寄付募集の声かけをすることができ、支援者様には登録済みの決済情報などをご利用いただくことができるので、気軽に継続寄付を始めてもらいやすくなります。また、支援者情報の管理がスムーズになる等、団体の継続的な寄付集めを促進する仕組みを構築しています。

その他、新しい事業の立ち上げも行っており、READYFORは一度きりの寄付集めから、トータルファンドレイジングを実現するサービスへと進化する第一歩を踏み出しています。

Why we do

  • プロジェクトの記者会見の様子
  • 第5回日本ベンチャー大賞経済産業大臣賞(女性起業家賞)を受賞

====================================================
 ビジョン 「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」
 ミッション「想いの乗ったお金の流れを増やす」
====================================================

この社会には、助けが必要な人々のために、持続可能な未来のために、活動を続ける方々がいます。しかし、ビジネスとして成り立つための制度やその見込みがある一部の場合を除いて、その活動を継続・拡大するために受け取れる支援は十分とは言えず、社会のためにと高いハードルを乗り越えようとするその個人の「善意」に依存しているのが現状です。

一方で、そういった活動を応援したくても「誰をどうやって応援したらいいかわからない」という人々も、たくさんいることを私たちは知っています。

だから私たちは、このミスマッチを解消し、両者の想いがしっかりとつながる「仕組み」を作ります。経済合理性の壁を越えて、様々な「願い」や「希望」をのせたお金が流れやすくなることで、それを受け取る活動から生まれる社会的インパクトの総量を大きくしていくことが私たちの使命です。

最前線で活動をする人も、働きながら支援をする人も、資産を未来の社会のために託す人も、すべての人々が安心して、自分なりのやり方で、今より一歩、好きなほうの未来へ近づけていく。そんな社会の先に、「誰もがやりたいことを実現できる世の中」があると信じています。

How we do

  • 2021年よりオフィスは縮小し、リモート中心の勤務形態へ

|| 組織
アルバイトやインターンのメンバー含めると200名を超える組織となりました。
人数やチーム数が増加する中でも、スピーディな意思決定や他チームの状況把握を継続していけるよう、「オープンなコミュニケーション」「積極的な情報共有」を大切にし、組織運営をしています。

|| 育成・人事評価
社内では「グレード制」を運用しています。グレードは必ずしも組織図や役職と紐付ける訳ではなく、全員がより高いグレードを目指してもらうよう、育成プランを組んでいます。
全員に隔週で1on1を実施し、日頃の業務のみならず中長期でのキャリア形成においてもサポートできるよう努めています

|| 働き方
READYFORでは2020年2月からいち早く全社リモートワークを導入しました。また「リモート手当」を支給することで、リモート環境の整備を会社としても補助をしています。スピード導入に至るまで裏側を担当者が語りました。READYFORメンバーの「やりたいこと」を実現できるように奔走してくれる、頼れるコーポレートメンバーがいるのもREADYFORの強みです。

|| 産休・育休制度
READYFORの平均年齢は30歳半ば。産休や育休に入ったり、復帰して子育てしながら活躍したりするメンバーも増えてきました。最近では男性メンバーも育休に入るなど、積極的な制度活用が進んでいます。Slackで「子どもの成長と癒しを共有する」チャンネルや「ベビー用品融通し合う」チャンネルなど、部署を超えて子育てメンバーが共通の話題で盛り上がる場面も多く見られます。

As a new team member

2011年に業界に先駆けてスタートしたクラウドファンディングサービス「READYFOR」は、これまで70万人から累計170億円の資金調達を実現し、様々なジャンルのチャレンジを「資金」の面からサポートしてきました。ここ数年では個人のチャレンジのみならず、医療機関・プロスポーツクラブ、大学、研究機関、自治体、芸術領域などのクラウドファンディングプロジェクトのサポートを行っています。

2018年12月からは、多様なチャレンジャー、そして支え手であるREADYFORメンバー・寄付者の方などREADYFORに関わる人たちの「想い」を届けためのメディア「READYFOR note」を運営し、発信を続けています。 https://blog.readyfor.jp/
元出版社の編集者で現在はフリーライター・編集者である、徳瑠里香氏が編集長となり、社内メンバーと共にREADYFOR noteを育てています。今回はこのREADYFOR noteでインタビュー記事等を作成するライターを募集いたします。様々な人たちへのインタビューを行うことになるので、どんなお話でも楽しめる方とご一緒したいと思います。オンラインでのやりとりが中心となるので、地方・海外在住の方も歓迎します!

<READYFOR note 記事作成例>
・「音楽が楽しめる場を、文化にするために。日比谷音楽祭の実行委員長を務める亀田誠治さんが見出した、クラウドファンディングの価値」
https://blog.readyfor.jp/n/ne4d169ad7460
・「「美術館とクラウドファンディングは相性がいい。」山種美術館が初のプロジェクト挑戦で得た手応えとは?」
https://blog.readyfor.jp/n/n3dc677ac7e7b

<記事作成においてお願いしたいこと>
・取材(場合によりますが、取材をお任せする場合も編集者が同席します)
・文字起こし
・記事構成
・原稿修正(編集者とのやりとり)

<求めるもの>
・基本的なITスキル
・インタビュー記事のライティングスキル

<このようなご経験お持ちの方は歓迎します>
・WEBメディアでのライター /編集経験

Highlighted stories

10ヶ月に渡るCIリニューアルの裏側「想いをつなぐ金融機関へ」-電通チーム×READYFOR米良はるか
READYFOR Entrance Book –ビジネス職向け–
エンジニアの人数が一年で2倍に!CTOに聞く、サービスの未来を描ける技術組織のつくり方
Other users cannot see whether or not you're interested.
1 recommendation
Company info
About READYFOR株式会社
READYFOR株式会社
  • Founded on 2014/07
  • 200 members
  • Funded more than $1,000,000 /
    Featured on TechCrunch /
  • 〒102-0083 東京都千代田区麹町一丁目12-1 住友不動産ふくおか半蔵門ビル 2階
  • About READYFOR株式会社
    READYFORに関わる人たちの想いを届ける、note専属ライター募集!