1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.
Mid-career
経理
on 2020-12-21 2,346 views

経理・財務を通じて事業成長を支えてくれる仲間を募集!

株式会社オリィ研究所

株式会社オリィ研究所 members View more

  • 財務・法務からプロジェクトマネジメントまで、会社のビジネス面を支えるのが結城です

    ICU, UCLなど国際色の強い大学を経て、大学にて経営学を専攻。現在はオリィ研究所で財務や法務などを担当。根は理系で、流体力学の研究で高校時代にJSECにて優勝し、そこで前々年度優勝者であった吉藤と出会います。その後、結核で入院、ISEFへの参加を逃した過去から、OriHimeのコンセプトに賛同し、共同創業者の一人となっています。論理的な思考と文章を重んじ、理系でありながらも論述や弁論も得意とします。

  • 1999年-2018年、大規模システム開発の経験が多く、近年ではEC系業務システム、基幹システムのAWSアーキテクトとして従事。
    2019年、ロボティクスベンチャー「オリイ研究所」へ入社。
    CEOの吉藤とは創業前から知り合い、プロトタイプのOriHimeと共に福島へ被災地訪問などを行う。
    また、CTOの椎葉と吉藤の出会いのきっかけを作り、オリイ研究所の設立へ加速を促したことも。
    かねてよりOriHimeの有用な点をブログやSNSで広報することに努め、日本のロボットにOriHimeありと言わせることを目標に日夜活動している。

  • 現在の開発を一手に担っています

    好きな言語はLisp。AppStore2位かつ47万ダウンロードを記録した”シンプル顔文字手帳”を開発。Mediumに書いた“コードの書けるアントレプレナーはどこにいる”は、15000ユニークユーザを獲得。Clojure、Prolog、JavaScript、CoffeeScript、Objective-C、HTML、CSS、Python、Ruby、PHP、Perl、Java、C++、C#、VB、VB.NET、C、CASL II などを使用。オリィ研究所ではウェブ・アプリ・ファームウェアなど、すべての開発を担っています。

  • 独特の感性と発想でオリィ研究所を率いています

     分身というコンセプトをもとにOriHime初号機を開発し、株式会社オリィ研究所を設立しました。つま先機構を搭載し女の子座りのできる二足歩行型や、最近ではアイスバケツで一躍有名となった難病ALSの患者会などと共同で、視線で操作できるOriHimeも開発し、デジタル透明文字盤を発明しました。過去には水平制御と段差を登る機構をもつ電動車椅子を発明し、科学技術の世界大会Intel ISEFにてgrand award を受賞しています。

    個人サイト:http://www.orylab.net/profile.html

What we do

  • 分身ロボットOriHimeプロトタイプ
  • 今では腕がつき、多様な感情表現が可能になりました。

オリィ研究所は、孤独化の要因となる「移動」「対話」「役割」などの課題をテクノロジーで解決し、これからの時代の新たな「社会参加」を実現します。

私たちはこれまでに
遠隔操作でありながら、「その場にいる」感覚を共有できる分身ロボット『OriHime(オリヒメ)』
難病や身体障害があっても、目の動きだけで意思伝達を行える『OriHime eye+Switch(オリヒメアイスイッチ)』
テレワークにおける身体的社会参加を可能にする分身ロボット『OriHime-D(オリヒメディー)』
などのプロダクトを世の中に送り出してきました。

事情を抱え学校に通えない子供やひとり暮らしの高齢者、外出に困難を感じる移動制約者などは、社会参加に必要な「移動」「対話」「役割」の機会を失いがちです。この“社会への帰属感の喪失”こそ孤独の原因だと考えた弊社は、テクノロジーによる新たな形のコミュニケーションツールを開発しました。自社プロダクトによって多くの人々の社会参加を実現すると共に、社会問題化する孤独の解消を目指しています。

コミュニケーションテクノロジーによって新たな形の社会参加を実現し、人々の孤独を解消すると共に、社会そのものの可能性を拡張していくこと。
それがオリィ研究所のミッションです。

Why we do

  • 体が動かなくても、OriHimeがあなたの代わりに動いてみせます。
  • 遠く離れたアメリカにいたって、大事な人の結婚式に参加できます。

CEOの吉藤は、小学校時代から闘病や療養を重ね、3年半の間学校に通うことができませんでした。毎日毎日、家族や友人のお見舞いを待つだけの日々。電話をかけても友達は遊ぶのに忙しく、勉強には遅れ、学校行事での思い出づくりもできなかったのです。自分は人に迷惑をかけるだけの存在だ。そう思い込み、日本語を忘れ、笑うこともできなくなってしまった吉藤は、そこではじめて「孤独」という大きな病に気づきました。

同じような人間がもっとたくさんいるはずだ。

自分が感じた孤独とほかの誰かが戦わなくて済むように。吉藤はそのために分身ロボット「OriHime」を開発しました。

How we do

オリィ研究所は2012年の設立から成長を続けています。
「コミュニケーションで人類の孤独を解消する」というミッションに共感するメンバーが集まり、それぞれがミッションに対して考えながら行動しています。

▼組織の文化
・多様な人材
 大手企業・スタートアップ出身者、元医療関係者と、様々なバックグラウンドを持つ人材が活躍。
 平均年齢38歳、20~60代と幅広い年齢の社員が在籍しています。
・意見の言いやすい環境
 週1回の全社MTGを設け、それぞれの部署の進捗状況を共有し、意見を出し合っています。
 また、役員との距離も近く、フラットに意見が言いやすい環境です。

▼働く環境
・個人に合わせた形の働き方が可能
 フルフレックス制(コアタイムなし)、所定労働時間7時間30分、リモートワーク導入済。
 それぞれの事情に合わせて、パフォーマンスを最大化できる働き方が可能です。

As a new team member

【募集ポジション】
オリィ研究所の経理財務業務全般をご担当頂く方を募集します。
製造・開発からレンタル・人材紹介サービスまで行っている当社での経理財務は、さまざまなビジネスのヒトモノカネの流れに触れることができます。
また当社は上場準備も進めており、経理・財務体制の強化も急務となっております。
上場準備から関わりIPOを経験したい方、日常的な経理業務だけでなく、業務改善や仕組みづくりなども経験しつつ経理キャリアの幅を広げたい方を歓迎します!

【業務内容】
ご経験やご希望に応じて、以下の業務に携わって頂きます。
- 記帳業務
- 年次・月次決算
- 原価計算、在庫水準管理
- 債権・債務管理
- 資金繰り管理
- 監査法人・税理士事務所対応
- その他、経理に付随する業務
など
※会計ソフトはfreeeを使用しています
※リソースに応じて、総務庶務業務やイベント管理にも関わっていただく可能性があります

▼必須条件
・財務会計・管理会計の理解(日商簿記2級の資格もしくは同等程度の知識・経験)
・年次・月次決算業務の理解(月次決算を一人で締められる程度の知識・経験)
・原価計算業務の理解

▼歓迎条件
・製造業界での経理経験
・会計事務所、監査法人での経験
・スタートアップでの就業経験
・経理を軸に管理部門業務を幅広く経験
・経理財務を通じた業務改善の経験がある方

<こんな方を求めています>
・オリィ研究所のビジョンに共感してくださる方
・自ら学び続けられる意欲のある方
・他部署や各プロフェッショナルとも積極的にコミュニケーションを取り、業務を円滑に進められる方
・物事を自分事として考え、自発的に行動・提案できる方
・日々の業務を通じて、改善策を考えられる方

<こんなところが魅力です!>
・少人数のベンチャーなので、経理にかかわる一連の仕事をすべて体験することができます。
・上場準備の経験をしたい方、経理を軸に業務範囲を広げてステップアップをしたい方、お待ちしております。
・在宅、テレワークが可能です。フルフレックス制で、個人の事情に合わせた働き方が可能です。

<ご応募いただくにあたり>
・応募後、メッセージをお送りするにあたり、プロフィールを確認しております。
 特にお持ちのスキルや仕事に対するマインドを重視しています。応募にあたり、生かせそうなスキルをお持ちの方は、ぜひプロフィールでアピールをお願いします!

まずはお気軽に連絡ください。
ご応募お待ちしております!

Other users cannot see whether or not you're interested.
1 recommendation
Company info
株式会社オリィ研究所
  • Founded on 2012/09
  • Featured on TechCrunch /
    CEO can code /
    Funded more than $1,000,000 /
    Funded more than $300,000 /
  • 東京都港区芝5-1-13 三ツ輪三田ビル 6階
  • 経理・財務を通じて事業成長を支えてくれる仲間を募集!
    株式会社オリィ研究所