1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.
Mid-career
メディアコンサルタント
on 2020-09-29 1,381 views

海外事業 l ダイナミックかつスピード感ある、中国企業の日本市場進出支援

株式会社フリークアウト・ホールディングス

株式会社フリークアウト・ホールディングス members View more

  • 「一度も進路相談に来なかったのは君だけ」と、卒業時に教授に言われるような大学生活を送る。教授に見放されたその後の進路は、まずはミュージシャンを志すも、ロボットを作ったり、果ては生物化学の研究者として2001 年から米国勤務となる。帰国後は研究者の傍ら、独力でコンテンツマッチ広告配信システムを作り上げ、2005 年株式会社ブレイナーを創業、わずか2 年で同社をYahoo! Japanに売却。Yahoo! Japan退職後は、エンジェル投資家として10社近くのIT ベンチャーに出資。2010 年、広告業界では二度目の起業となるフリークアウトを設立。

  • 「社内での顔がデカくなってきたため」と役員陣の陰謀にハメられトルコへ左遷、現地子会社の代表を務めた後、2017年1月より株式会社フリークアウト代表取締役

  • 新卒で株式会社デジタルガレージに入社。
    インターネット広告業に従事し、ゲームアプリを開発・運営する企業をクライアントとし、
    営業として、部署立ち上げから社内一の売り上げをあげる部署になるまでのフェーズを経験。

    その後、株式会社Viibarで人事として中途採用と新卒採用を経験。
    組織作りを経営サイドに近い位置で経験。

    2019年にFreakOutの子会社である、本田商事株式会社の立ち上げに参画。

    市場がなければ市場を作る
    流れがなければ流れを作る
    売り方がなければ売り方を作る

  • 新卒で株式会社インテリジェンスに入社。求人媒体の営業を経験。
    その後、GREE / GREE Advertising / Glossomにて、インターネット広告業に従事。
    2015年から動画系スタートアップのViibarにjoin。営業を経験後、人事担当役員に。
    2019年3月からFreakOutにJoin。FreakOutでは人事部門 日本統括責任者

What we do

フリークアウトの祖業であるRTBのテクノロジーは、「コンピュータが、人が媒体を見た瞬間を一瞬で評価し、適正価格を算出し、広告枠を買い付ける」ことを可能にしました。それまでの人の手による買い付けでは絶対にできなかったこの手法が可能になったことで、広告業界には、「アドテク(広告テクノロジー)」と言われる新しいマーケットと、多くの職種が誕生しました。

この経験から、当社のミッションは「人に人らしい仕事を」とし、機械が人間の仕事を奪うのでなく、機械によって、人間の新しい仕事を作り出すことを可能にするようなビジネスの創生を目標としてきました。

昨今DXというキーワードが流行り言葉になっていますが、このキーワードが意味するところが、「人の仕事を機械に置き換えること」であるとするなら、我々フリークアウトは流行り言葉に惑わされず、引き続き「人間では不可能だったことを機械によって可能とし、それによって、これまでなかった新しい仕事を人に提供する」を目指します。

■「Focus on the good stuff.」 / (FY21-23 中期経営計画達成に向けたグローバル統一グループスローガン)
今までやってきた通りに、圧倒的な技術力と、高いモラルをもって、よいものを扱っていくことに集中していきます。

 □国内事業
  ■プレミアム媒体支援:優良な広告主が求める優良媒体を支援するハイレベルな広告プラットフォームの提供
  ■動画広告技術:AIを活用した動画コンテクストマッチ広告など、ユーザデータに依存しない高度なターゲティング技術の研究開発・事業化
  ■デジタルサイネージタクシーに続く新たなプレミアムなサイネージ広告枠の開発
  ■次世代型チャット:リターゲティング広告の代替としてチャットが当たり前になる中、より高度な「接客」レベルの顧客対応を可能とする次世代型
  ■Fin Tech:個人向けスマホ決済 / 金融事業への注力 → 収益化

□海外事業
  ■米国事業 および APAC事業の収益力拡大にフォーカス
  ■動画広告プロダクト(SilverPush)のグローバル展開

 □グループマネジメント(グループ力の強化)
  ■グループとしての全体最適をより意識した経営により、グループ全体の価値向上を目指す。成長領域への投資余力を高めるため、よりキャッシュフローを重視し、改善・安定化に努めます

■最新topic

▼フリークアウト・ホールディングス
2021-23年度 フリークアウト・ホールディングス 中期経営計画策定及び役員人事内定のお知らせ
https://www.fout.co.jp/news/information/info20201117/

創業10周年記念 特設サイト公開のお知らせ
https://www.fout.co.jp/news/information/info20201001/

オウンドメディア「Make Some NOISE!」開設のお知らせ
https://www.fout.co.jp/news/information/info20191028/

▼フリークアウト
フリークアウトのマーケティングプラットフォーム「Red」、コネクテッドテレビへの広告配信を開始 〜「TVer PMP」を通じてテレビデバイスへ高解像度の動画広告の配信を実現〜
https://www.fout.co.jp/freakout/news/pr20201217/

チラシ動画生成ツール「ASE チラシ動画」をRICHKAと共同で提供開始。
https://www.fout.co.jp/freakout/news/pr20190925/

▼IRIS
新世代デジタル・サイネージTokyo Prime、Premium Taxi Visionとサービス統合し 東京都内および日本最大のタクシーサイネージメディアに
https://www.tokyo-prime.jp/news-20200729_integration/

▼インティメート・マージャー
広告アカウントの自動最適化サービス「Data Driven RPA」提供開始
https://corp-media.intimatemerger.com/f6c908fa-20200518_datadriven_rpa.pdf

Why we do

         Give People Work
        That Requires A Person.
        〜人に人らしい仕事を。〜

AIによって、人の仕事が奪われることはない。

我々フリークアウトの祖業である「人が媒体を見た瞬間に広告枠を買い付ける」ことを可能にした RTB は、それまでの人の手による買い付けでは絶対にできない手法でした。これが可能になった途端、広告業界に起きたこと、それは新しいマーケットの始まりでした。

そのマーケットを支える事業社群の成す業界構造は、のちにカオスマップと呼ばれるくらい複雑なものとなり、最近では MBA の教科書にも出てくるようになったそうです。結果として、日本では RTB 誕生から数年で、当社をはじめ、いくつものアドテク銘柄と言われるような上場企業が誕生しました。

この経験からフリークアウトでは、昨今言われている「AI が人の仕事を奪う」ような考えに対して、それは「人が機械に何をやらせるか次第」と考えるに至り、それに基づいて、我々の成すべき事業を定めています。

つまり、元々人間でも出来たことを、人の代わりに機械にやらせる程度の事業を作るから、「機械に仕事を奪われる」と言われてしまうのであって、そもそも人間が出来るわけがないレベルの仕事を機械に託すほどの事業を作り出せれば、それは新たな産業を生み出し、そこにおいて、人は人らしい新たな仕事を見つけ出すであろうことから、雇用創出は可能ではないでしょうか。

さらに我々は、これをグローバルで実現していくため、急速な海外展開と、世界でも勝てる技術水準の向上を同時に進めています。広告取引を機械の手に置き換え、タクシー車内では紙チラシ時代にはあり得なかった一流ブランドの広告が流れるようにした我々ですが、まだまだ道半ば。もっともっと圧倒的な技術力と、世界に手を広げたビジネス基盤をベースに、人が思いもしなかった、freak out (度肝を抜かす)レベルのことをコンピュータに任せることで、新たな産業を創出していくことが我々フリークアウトの使命です。

「AI によって、人の仕事が奪われることはない。」
“賛成する人がほとんどいない大切な真実”であると信じて、人とコンピュータと、その間にある仕事のあり方そのものに一石を投じるようなプロダクトを作り続ける企業グループでありたいと願っています。

弊社コーポレートサイト TopMessageより
株式会社フリークアウト・ホールディングス 代表取締役 本田 謙

How we do

FreakOut ブランドに込めた想い

”freak out”という英単語は、「ひどくびっくりさせる」という意味を持ちますが、
社名の「FreakOut」は、我々が世間の”度肝を抜く”水準の製品を作り、世に送り出す集団であることを示します。
ありきたりに満足せず、世の中に強いインパクトを与えるべく挑戦を続ける姿勢・意思を
集約した社名が「FreakOut」なのです。

「FreakOut」のブランドには、その名の通り

1・挑戦を続ける(=いつまでもベンチャーであり続ける)
2・他者に強烈なインパクトを与える(=染まらず、自らが染めていく)

という意味が込められ、強烈な印象を持つ「赤」の中でも
「ディープレッド(重厚な赤)」をブランドカラーにしています。

我々FreakOutはプロダクトベンターとして、ありきたりの製品レベルに満足することなく、世に出した製品は常に世間の「度肝を抜く」水準であることを目指していきます。
それが世間的・業界的に受け入れがたいモノであったとしても、「横並びで、無難な落ち着きどころを良しとせず、一石すら投じることの出来ないモノを世に送り出すことに何の意味があろうか」と、高度なテクノロジーの中にもどこかロックな反骨精神が見え隠れする我々でありたく願っております。

今後も今までと変わらず、FreakOutらしい稀有なチャレンジで業界に向き合い続けます。

<FreakOutの挑戦はコチラ↓>
フリークアウトグループにいる、「すごい仕事をやっているすごい人」を伝えるメディア
https://make-some-noise.fout.co.jp/

As a new team member

■事業について

弊社は2010年10月に創業し、2014年6月に東証マザーズに上場しました。2011年1月にDSP(Demand Side Platform)をリリースして以降、さまざまな広告プロダクトを開発し、その広告技術を他社に提供しながら、日本のアドテクノロジー業界を牽引してきました。2015年以降はアジアを中心に積極的に海外展開を進めております。

中国支社は創業の2018年6月から、中国のゲームやアプリ広告主を主な顧客とし、各国の自社拠点と連携しながら、日本や台湾、韓国、東南アジアなどでのマーケティング支援を行う “越境広告代理事業” を中心に事業展開しております。

FreakOutの自社広告プラットフォームを含むオンライン広告のみならず、ゲーム内のローカライズ、声優のアサインメント、イメージキャラクターのキャスティング、オフラインイベントの開催、WebCMの企画・撮影、飲食店との異業種コラボなど、幅広いマーケティングソリューションを提供しています。

■募集背景

2020年、世界的に在宅期間が伸びたことにより、主な顧客であるモバイルゲームや娯楽アプリの利用時間が増えています。
それに伴い、世界一位のARPPUを誇る日本市場の注目度も上がり、中国企業の日本市場進出も激化しました。
広告デマンドの増加に伴い、顧客、パートナー企業、そしてマーケットに対してより高い価値を継続的に提供するため、チームの体制強化が急務となっています。

■なぜやっているのか(解決したい課題と目指す理想像)

我々が勝負している中国市場は、中国国内の膨大なマーケットのみならず、世界中でのビジネス成功を前提とし、日本のローカル企業に負けない質の高いアプリが開発されています。
一方で、日中の文化の違いが生む ”誤ったユーザーコミュニケーション” により、「これだから中国企業は」と、中国産の商品全体のイメージダウンに繋がるマーケティング施策も散見されます。
また、GoogleやFacebookのようなグローバルプラットフフォームでユーザーを獲得しておけばOKというような一辺倒なマーケティング活動を行う企業も少なくありません。

我々FreakOutは、ベンダー出身であるからこそ、他の専業代理店が強みとする大手媒体の広告配信支援のみならず、進出先の国にあるローカルな媒体との繋がりを活かした「地域に根ざしたマーケティング」をご提案・実行することで、これまでいくつもの中国企業の成功のためのお手伝いを行なってきました。
今後は、既存のゲームや娯楽アプリの他にも中国から世界へ進出する良質な商品が世界で成功するための支援を行なっていきたいと考えています。

■業務内容について

・中国を中心とする海外クライアント(主にゲーム企業)の日本国内での広告運用業務
・キャンペーンのKPI達成のためのメディアプラン&運用戦略をデータ・ドリブンに作成、実行
・キャンペーンの開始にあたり、迅速かつ正確に進めるために社内のセールス・クリエイティブチームと協力
・日々のパフォーマンス最適化による売上への貢献
・社内セールスに対して、適切なメディア追加など、アップセルのための提案
・必要に応じて、キャンペーンの最適化に対しての意見などを伝えるためクライアントとのミーティングに参加
・新規メディアやツールなどのパートナー開拓
・メディアパートナー会社との強固な関係を構築
・最新の市場トレンドを追い続け、共有・発信
・そのほか、WebCM撮影やオフラインイベントなど、ブランディングキャンペーンに際しての業務

■体制 / 組織について

中国アプリ専門チームは15名。上海10名、東京4名、台北1名の体制です。
上海は主にセールス機能、東京と台北は運用/実行機能を担います。
上海のセールスは、中国全土のクライアントへ出張ベースで訪問し、
東京と台北のチームは、現地のメディアやパートナー企業との協業と、広告クリエイティブ機能などを担います。

■こちらのポジションの魅力

・中国ならではのダイナミズムやスピードを肌で感じながら仕事をする機会
・質とスピードのバランスを取りながら意思決定の回数と精度を上げていく機会
・中国語・英語・日本語を使ったビジネスコミュニケーションスキル向上の機会
・多様な国籍やバックグラウンドを持つメンバーと仕事をする機会
・日本のアプリマーケティングにおけるソリューションの幅を広げる機会

Highlighted stories

【事業報告会】FY2021 Q1事業報告会を実施。今回のMVP受賞者は…!?
プロダクトに全集中できる環境で、新しい価値を生み出していく。フリークアウトのプロダクトマネジャーだからこそできること【社員インタビュー】
エンジニアからのキャリアチェンジ。プロダクトマネジャーのやりがいと求められること【社員インタビュー】
Other users cannot see whether or not you're interested.
3 recommendations
Company info
株式会社フリークアウト・ホールディングス
  • Founded on 2010/10
  • 570 members
  • Expanding business abroad /
    Featured on TechCrunch /
    CEO can code /
    Funded more than $1,000,000 /
  • 東京都港区六本木6-3-1 六本木ヒルズクロスポイント5F(総合受付)
  • 海外事業 l ダイナミックかつスピード感ある、中国企業の日本市場進出支援
    株式会社フリークアウト・ホールディングス