1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.
Marketing / Public Relations
on 2019-06-15 138 views

お花の定期便でwebマーケのインターン!SNS分析や、認知獲得施策など

株式会社Crunch Style

株式会社Crunch Style members View more

  • 都内大学商学部マーケティング学科在学中にインターンとして参画していたVR関連スタートアップ企業に新卒入社。入社後、マーケティング部立上げメンバーとして、新しいBtoB向けのVR企画を担当。全体のディレクション、テレマーケティング、企業に赴いてのヒアリングを用いた市場調査、資料作成、提案業務など幅広く従事。現在はCrunch Styleマーケティング部メンバーの一員として、主にSNS、MA、広告を通してBloomee LIFEの新規獲得に取り組む。

  • 大学卒業後Web系制作会社にデザイン職で新卒入社。2年目以降はディレクターとして常時10件以上のWebサイト・DTP制作のメイン担当案件を抱え、企画設計からクライアント対応、社内外制作チームの進行管理、時にはデザイン・コーディングまでを1人でこなす。受託の現場で幅広い分野に触れる中で、女性をターゲットにしたクリエイティブへの興味が強まりCrunch Styleに転職。現在は一人目のデザイナーとして社内のビジュアル制作・UI改善全般を担当する。

  • お花の定期便サービスでカスタマーサクセスを担当

What we do

◇毎日にちょっとした感動を
私たちは日常生活にちょっとした感動を与えるようなライフスタイルに絡んだプロダクトを展開していくことを目指しています。
現在、日本最大級の花のサブスクリプションサービス「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」を運営しています。全国のお花屋さんから定期的に季節の花がポストに届くという斬新かつ新しいサービスは大きな話題となり、複数のテレビ番組や日経などの全国紙、誰も知るようなWebサイトなど名だたる数々のメディアでも取り上げられるようになりました。

現在ユーザーさんは4.5万人を超えて聞いており花屋さんとの提携は100店舗以上です。
そして今後の構想として『花3.0』という構想を掲げています。
具体的にはマーケテイング4Pの主に3つのプロダクト、プレイス、プロモーションを再定義することによって新たな体験を創り市場を創造しようと進めています。あとはスピードです。
『花の定期便といえばBloomee LIFE』という第一想起を僕らがとってしまっているうえに、事業の成長スピードがものすごく早く、他が追いつけない状態を作り上げています。」

「Bloomee LIFE」の現在のユーザーの8割が、これまでに花を買っていなかった人たちです。
それは、私たちが「新たな市場を作っている」という自負にもつながっています。
そして上記の『花3.0』構想を成し遂げるためにこの3月には、法人向けのお花の定期便サービスとして「Bloomee LIFE Business(ブルーミーライフビジネス)」が立ち上がり、また、都内に花を取り扱う実店舗もオープンさせたばかりです。これまでも進めてきましたがグローバルブランドとのコラボレーションを通じたキャンペーン企画の立ち上げなど、チャレンジは加速しています。

今まで、新たな市場を自分たちの手で創り上げてきました。そして、今では『花』という市場全体を視野に入れ、企画を開始している。さらには、2023年のIPOも視野に入れています。

『花3.0』という我々が目指す変革の下地はできたので、ここからは「花」の業界ナンバーワンを確立していくための第2章が始まります!

Why we do

  • 代表取締役 CEO 武井

花の業界は市場規模が1兆円ほどと言われています。お花屋さんの数は全国に2万5000店ほどあるのですが、そのほとんどが個人店。IT化も非常に遅れています。テクノロジーの力を使って店舗ビジネスとうまく組み合わせることができれば、もっとその魅力を伝えられます。
そもそも花業界の課題は花を買うという行為が習慣化されていない部分にあります。

これは創業理由の一つにもなりますが花を買って誰かにプレゼントすること自体や花を自宅用に買うということが、多くの人にとって身近なことではなかったのです。
お花を贈る、自宅用に買う習慣がない中で、そこを攻めてもニーズとしては弱い、
そのために私たちは新たな市場として花のサブスクリプション 事業をはじめました。

花の購入習慣がないという課題に対して、業界が何もしていないわけではないのです。
駅近にお店を出すチェーンが増えたことで花を買いやすくなったのは事実です。しかし、「そこで止まってしまっている」のが花業界です。

その業界課題に挑んでいくのが私たちであり上記の『花3.0』構想です。

私たちのようなスタートアップが今までに作ってきた市場をさらに拡大していくだけでなく、より新しいものに上書きしていく前人未到の取り組みをしていくことが業界全体の拡大に繋がると信じています。そうした目まぐるしい変化の中で、たくさんのオポチュニティが生まれますしそして、会社としての意思決定に携わり、より自由度高く働けることは自己成長にもつながることは間違いないと思います。

How we do

  • メンバー
  • オフィス風景

2016年6月にサービスローンチして以来、毎週500円から手軽に利用できるサービスが受け、利用世帯数は全国で3万世帯を超えた。全国150以上のお花屋さんと提携し、累計で300万本以上の花を配送しています。
商材としては非常に強いものだと思っていますが、単に花が近くにあればそれでいいわけでなく、ただ毎週届けばいいわけでもない。根付かせるというのは思ったより難しく、そこに新たな市場を作るというのは簡単なことではない。そのためマーケもUXも組織全体で数字やロジカルさを重視していて、事業状況や施策を可能な限り全て数字でモニタリングして解像度を上げることを徹底しています。定性的なユーザーの声も真摯に自ら取りに行っており仮設の質と検証できる数が圧倒的に他と違う自信があります。
プロダクトとしても、全国のお花屋さんとの強い結びつきから、膨大な種類の中から普段は選ばないような珍しいものも含め、いろいろなバリエーションのお花が届く楽しみがユーザーより強く支持されている。その際、ポストに入れるための箱の仕様についても3カ月に一度は改善するなど、ユーザー体験の細部にも徹底してこだわっています。
そもそも花というプロダクト柄エモいもの、感情で捉えるものなのです。だからこそ定量的にも数字で捉えることにはこだわっています。定性も定量も両方見る思想を支えているのが、僕らが大事にしている『ユーザー目線』です。これまで2年以上、毎月ユーザーさんの家に足を運び、対面でヒアリングを行なっています。どういう家に住んでいて、どう飾ってくれているのか、僕らのサービスがどのように生活に影響を与えているのか、そこまで入り込んだうえでユーザーの声をサービスに反映させています。

As a new team member

今注目の最新ビジネスモデル、「サブスクリプションサービス」!

私たちはサブスクリプションサービスの最前選で、
toCに向けたリアルプロダクトの展開をしています。
それが、ポストに届くお花の定期便、"Bloomee LIFE"。

webマーケティングで新しいサービスを広めてみたい!
そんな思いを持った方を大募集!

Bloomee LIFEは一年で3倍以上の急成長をしています。
サービスの急成長を牽引するマーケティングチームに参加して、更なるサービス成長を一緒目指す学生さんを募集中です!!
マーケティング未経験でもOKです!

■やること
SNSを中心にした
ユーザー獲得に向けてのマーケティング施策。

■身につく力
・マーケティング視点
どういうユーザーさんに何を伝えるのか

・仮説を立てる力
どんな伝え方をすると効果がでそうか

・データ分析力
実行した施策はデータを見て効果検証

■求める人物像
・新しいことにチャレンジしてみたい人
・数字にコミットできる人
・新しいものに感度が高い人

■歓迎
・半年以上のインターン経験者は大歓迎!

ご応募お待ちしております。
まずは、カジュアルにお話をしましょう!

Highlighted stories

新オフィスの内装とこだわりを大公開!
たった一人の社内エンジニアから見た、CrunchStyleの世界
社員全員で作り上げた企業理念。私たちが考える組織とは
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
株式会社Crunch Style
  • Founded on 2014/09
  • 25 members
  • Featured on TechCrunch /
    Funded more than $1,000,000 /
    Average age of employees in 20s /
    CEO can code /
    Funded more than $300,000 /
  • 東京都品川区東五反田2-2-2 松楽ビル5階
  • お花の定期便でwebマーケのインターン!SNS分析や、認知獲得施策など
    株式会社Crunch Style