This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.
若手エンジニア

第2新卒歓迎!フルスタックエンジニア目指して精神と時の部屋で働きませんか?

株式会社Odd-e Japan

株式会社Odd-e Japan members

View all (6)
  • 2012年 システム開発会社で主にWEBアプリケーションエンジニアとして開発に従事。
    2016年 ユーザに喜んでもらえるサービスを作りたいところ、Odd-eの経営理念に賛同し入社。

    Jazzギタリスト。John Pizzarelliか長岡亮介になりたい
    平成生まれ。犬と枯山水と鹿おどしがある暮らしがしたい

  • 2006年 大学卒業後、ヤフーにて営業職として入社。その後、企画職に異動しヤフオクなどECサービスのプロダクトマネジメントを通して、「モノづくり」の楽しさを知る。
    2011年 (株)ディー・エヌ・エーへ入社し、Scrumと出会う。 プロダクトオーナー としてMobage(ソーシャルゲームプラットフォーム)の開発や新規事業の立ち上げを推進。
    2014年 リクルートで海外事業の責任者をした後、2015年からOdd-Eに参画。 プロダクトオーナー として医療・農業向けの新規プロダクト開発に挑戦中。 営業、CS、人材採用、総務などコードを書く以外の業務を担当。

  • 大学卒業後、6年間、派遣社員として事務職に従事。派遣先のソフトウェア会社で「モノ作り」に興味を持ち、プログラミングを勉強を始め、2008年からエンジニアとして、金融業、製造業、大手企業など様々な業界のWebアプリケーションのシステム開発に参画。
    その時にお客様目線でのモノ作りやScrumに出会い、世の中に価値あるサービスを提供したいとOdd-eに参画。
    開発メンバーとして自社サービスの開発に邁進中。

  • 2012年Odd-eに入社。入社前は6年間、開発の業務委託を行う会社で働いていました。
    現在、エンジニアとして自社プロダクト開発に従事している。主にRubyがメイン。

    体が資本なので健康第一です。
    風邪とかは引かないけれど、健康診断にひっかかる系のおっさん(最大8項目)。改善のため運動しています。

    やりたいことはやらないで後悔するより、やって後悔する方が好き。失敗は経験だ。

What we do

  • 6140616e 28cb 4c64 b7f4 71a95576b931?1560919102 Toucheez(タッチーズ)画面
  • Faa5c1f3 6da5 45e3 8b77 fec1604c2e29?1560919102 PRコネクト画面

∞∞∞∞▼プロダクト▼∞∞∞∞
〇TOUCHEEZ(タッチーズ)https://www.toucheez.com/
Toucheez(タッチーズ)はICカードやタグを使って、誰でも簡単にモノやヒトの管理ができるサービス。
「触れる」は、人の活動の一番単純な動作。この動作をいかに自然に、シームレスに様々な情報とつなげ、人々の生活や活動を豊かなものに出来るか。タッチーズは地域医療、物流の在庫管理、複雑な勤務形態も網羅できる勤怠管理など、「タッチ」を起点に様々な社会・業界課題を解決する「データ収集・分析自動化」サービスです。

〇PRコネクト https://www.ryeland.jp/pr_connect/
立ち上げたばかり製品サービスを、もっと世の中に知ってほしい。そんな人たちのためのPR業務サポートサービス。
配信先メディアやPR文書管理などの業務の効率化を始め、テクノロジーを駆使しメディア担当者との出会いの創出等、企業様の収益向上に繋がる仕組みを次々に創り出しています。

∞∞∞∞▼製品開発・組織改善コーチング▼∞∞∞∞
Odd-e(オッド・イー)グループはシンガポールを本部にもち、アジア圏で活躍するソフトウェア製品開発の技術コーチ、組織改善コーチ集団です。エンジニアの技術支援をはじめ、組織の人材育成、チームビルディング、製品開発手法の導入・改善、エグゼクティブコーチングなど、ソフトウェア開発に関する様々なサポートを行っています。
Odd-e Japanでは、コーチング事業以外に、自社製品開発を通じて自分たち自身がバッターボックスに立つことの挑戦をし続けています。
(※本採用は自社プロダクトの企画プロデュース・セールス職の採用となります)

Why we do

  • 6febae90 8121 4a55 8d48 c68d293c0fa0?1556196623 海外のOdd-eメンバーと協同開発することも!
  • 7ca3a941 9b1b 463e 869c bd4cbd98a701?1556196623 社内の真ん中の机はワークショップスペース。みんなで企画から考えます。

 【仮説とデータを駆使し、なりたい "今" を創り続ける】

私達はお客様の「やりたいこと」を「できる」に変えることに尽力していきたい。
それは、お客様のニーズをそのままに応えることではなく、その先を見ながら新しい視点や価値の提案、ディスカッションを共におこない、伴走することで、「共に創る」を大切にしていきたいと考えています。
∞∞∞∞▼∞∞∞∞▼∞∞∞∞▼∞∞∞∞▼∞∞∞∞▼∞∞∞∞▼∞∞∞∞▼∞∞∞∞▼

■Toucheez(タッチーズ)をなぜ世に出したいのか?
〇手軽で、最高に使い勝手がよいサービスを提供したい
遠隔地などどんな場所でも、ITサービスに詳しくない人でも、「だれでも・どこでも・簡単に」使えるサービスを提供したいと思っています。

〇あえて作りすぎない!のコダワリ
私達は業務効率化ツール「Toucheez」をリリースするにあたり、【あえて作りすぎない!】を拘りとしました。最低限の機能やインターフェースにしつつ、お客様の状況に柔軟に合わせることができ、かつご要望をすぐにサービスに反映できるような製品構造、開発スタイルを採用しています。「アナログが当たり前」とされている業界や業種を中心に、お客様の業務効率化をスピーディに実現していきます。

■PRコネクトをなぜ世に出したいのか?
〇世の中の人たちが「宝物を発見できる」社会を実現したいー。
いま、多くの人たちが独自のアイディアで製品・サービス提供に挑戦しています。製品が「掘り出し物」としてユーザーに届くためにPRは重要なマーケティングプロセスです。ただたとえ良い製品でも、PRの配信サービスに掲載しているだけではうまくいかないのが現状です。これは、私達自身が、製品を作りながら感じてきた課題感です。おそらく同じような悩みを抱える人達も多いはずです。

〇作り手の「挑戦」を「可能性の源泉」へ
PRの業務管理、アナログすぎる配信の効率化、自社のサービスに興味関心がありそうな記者や編集者の方々との「つながり」作り・・こういった分野へのソリューションが、作り手の「挑戦」を「可能性の源泉」にするのではないか。また、それが続けられれば、日本の製品開発、サービス開発ももっと元気になるはず!そんな状態をPRコネクトは目指しています。

How we do

  • 61133a0e 164f 4ea3 923b 89c31782f219?1556196623 メンバーのやりたいことを応援するのがOdd-e文化
  • 5e673c77 2a24 4e47 87c1 c25c8fda4de2?1556196623 半年に1度、世界のOdd-eメンバーと合宿をします

==▼働き方へのこだわり▼==
〇チームで働く
自分自身をマネジメントする働き方として、Salesチームは2週間単位で行動計画、実行、計画の見直し・改善を行っています!

〇チーム体制
中途入社メンバーも増え、toC向け大手IT企業出身者や事業立ち上げ経験者、医療法人経営企画出身者など、幅広い経験をしたメンバーが集まっています。 自身の経験を生かしながら、これまで経験していないような領域にも積極的にチャレンジしていきたいと思っています!

〇自分たちで創る
定期的に都内で合宿を行い、会社のルールの更新や、じっくり議論することが必要なこと、お互いの知識の共有などを行うことで、「自分たちで組織を創り、常に改善していく。」ことを大切にしています。

==▼会社のバックアップ▼==
〇スキルアップ支援
ミッション達成に必要なスキルアップの支援をします!
「全てやる」と言っても、最初から全てできる必要はありません。業務をするうえで必要な学習に関しては、本の購入、社外研修の受講などの費用はできる限り支援します。

〇みんなが最大限の力を発揮できるように
当社は、メンバーの実現したいことを他のメンバーができる限りお互いが協力していくことで、個々のメンバーの成長と夢の実現を目指しています。成長、夢の実現のために、必要であれば、副業(ダブルワーク)やリモートワークを支援してます。
また子育てや介護を頑張る社員のために、働く時間をフレキシブルに対応できるようにもしています。

==▼カルチャー▼==
私たちは、「自律的な組織」のあり方を追い求めています。 「形式だった管理」「指示命令」、「固定の役職」などはありません。働く時間や場所も、個人が決定します。
誰かの価値観や細かく決められたルールでコントロールされるのではなく、自分たち1人1人が自らマネージメントする。
それが、マーケットや様々な外的環境に柔軟に適応するため、またイノベーションを起こすためには必要だと考えるからです。

Description

■仕事内容
スピード感を持って一緒に事業を作っていくエンジニアを募集します。
フロント・バック・アプリ・WEBのような区分けはなく、ビジネス成功のためにやれることは全てやる。自分の成長と組織の成長同時に考えているメンバーが、顧客ニーズや課題解決のために、全力で製品開発・製品改善に取り組んでいます!

■ 業務内容について
現在2つの軸で製品企画・開発を行っていますので、キャリアやスキル、案件進捗状況に応じていずれか、または複数を担当していただきます。
・医療|医療業界向け人事・採用管理サービス「Jinji Karte」の開発
・農業|生産管理・在庫管理支援サービス
・その他|業界やサービス問わず、こんな課題を解決したい!と思った人が起案し、製品化

また、製品に関わらずチームの生産性、品質向上につながる施策の検討・推進は常時実施

<具体的な働き方については以下のストーリーを御覧ください!>
人の習性と戦え!顧客や時代のニーズに応えるためのシステムづくり
https://www.odd-e.jp/ja/stories_04/

■ 開発環境について
・開発言語:Golang React
・OS:Mac
・DB:MySQL/Mongo DB
・インフラ:AWS

ユーザーの声やマーケットに柔軟に適応していくため、1週間単位で開発計画、実装、リリースを行っています。また、TDDでテストの自動化や継続的なリファクタリングにも注力し、製品開発のエコシステムを追求しています。

■ 弊社で働く魅力
・メンバーには大手ITベンチャー企業出身者や、スタートアップ出身のメンバーが集まり、成長できる環境が整っています!
・個性溢れるメンバーばかりですが、共通点は「負けず嫌い」です
・事業の成長はメンバーの成長と健康なくしては成り立たない!という考え方から、スキルアップに対する
 投資はおしみません。
 例)業務やスキルアップに関連する書籍:経費で自由に購入可能
   技術コーチング:2017年はシンガポールからテクニカルコーチが来日し、ペアプロを通じてTDDやリファクタリングを学習

各個人がプロフェッショナル意識をもち自律的に組織運営をしているので、成長意欲が高い方には打ってつけの環境です。
チームで成果をだしていくため、個々人の技術力以上にマインドや姿勢が評価される環境です!

【必須要件】
・フレームワークを使ったwebアプリ開発の経験

【歓迎要件】
・Go,Reactでの開発経験
・AWSの知識がある
・業務効率ができるツールをすぐに作れる人(例.Slackのbotなど)

【求める人物像】
・やりたいことやチャレンジしたいことを見つけ、周りを巻き込みながら進めていける方
・忖度することなく、自分の考えや意見を積極的に発信できる方。
・何事においても受身にならず、当事者としての意識を持ち、主体的に自律して働ける方
・少人数の会社のため、経営者としての視点で物事を考え、提案していくマインドをお持ちの方
・自社都合ではなくお客様のことを第1に考えて、プロダクトの開発、運用ができる方
・常に新しいことを学ぶ姿勢
・今までの開発手法に囚われない方
・個人プレーよりチームで開発するのが好きな方
・少人数のため、やりたいことを限定せず、何事にも挑戦できる方

【職場】
103-0004 東京都中央区東日本橋2−4−1 アドバンテージ1ビル3階

都営浅草線 東日本橋駅から徒歩3分
都営新宿線 馬喰横山駅から徒歩5分

【私たちのことをもっと知りたいなら】
ぜひ、ホームページをご覧ください。
具体的な事業内容、全メンバーの紹介があります。
https://www.odd-e.jp/ja/

Highlighted posts

Basic info
Looking for 若手エンジニア
Job type New grad/entry level / Mid-career
Special features Available to talk on Skype / Come visit with friends
Company info
Founder 江端一将
Founded on September, 2009
Headcount 15 members
Industries Consulting / Survey / IT (Internet/Mobile) / Restaurants / Food Services

Recommendations (2)

There are no recommendations yet.

Recommendations (2)

There are no recommendations yet.

Location

東京都中央区東日本橋2−4−1 アドバンテージ1ビル3階

Page top icon