1
/
5
機械学習エンジニア
on 2018-12-25 934 views

そろそろ就活?まずはインターンで会社の中身を知りたい機械学習エンジニアへ

Wantedly, Inc.

Wantedly, Inc. members View more

  • Wantedly Peopleの開発リーダーをしています。

    早稲田大学基幹理工学部情報理工学科を卒業後、Googleに入社し、検索システムの開発に従事。2012年6月にウォンテッドリーに入社。アルゴリズム、決済システム、インフラ基盤などバックエンド中心に開発。2016年8月よりWantedly Peopleの開発を主導。

  • Peopleの機械学習とサーバサイドを担当しています。

    大学で機械学習や遺伝的アルゴリズムといったマニアックなことを学んできましたが、人に使ってもらえるサービスに活かしていきたいです。
    最近Raspberry Piをいじるのが楽しいです。

  • 京都大学大学院 情報学研究科を修了
    情報検索や情報推薦についての研究に携わっていました.

    大阪のWebベンチャーでの長期開発インターンを経験した後,
    地方のエンジニア学生にももっと機会を!との思いで,学部時代に起業.
    京都大学の学生に対して,プログラミング教育,開発アルバイトの提供,インターン先の紹介,企業とのイベント開催などを行う.

    人の人生を良い方向に変えられるような仕事がしたいという思いにマッチしたことと,
    働いているエンジニアのレベルの高さに惹かれ,
    2018年4月,新卒でWantedlyにエンジニアとしてジョイン.
    現在はVisitの検索や推薦周りに責任...

What we do

  • 人と企業のマッチングを最大化するWantedly Visit
  • つながりを資産に変える、Wantedly People

ウォンテッドリーは、『シゴトでココロオドルひとをふやす』ために、はたらくすべての人が共感を通じて「であい」「つながり」「つながりを深める」ためのビジネスSNS「Wantedly」を提供しています。

私たちは「ココロオドル」瞬間とは「没頭して取り組んでいる」瞬間と定義しています。
その没頭状態に入るには、内なるモチベーションを産み出す3要素が重要と考えています。
・自律:バリュー(行動指針)を理解していて、自分で意思決定しながらゴールへ向かっている状態
・共感:ミッションを有意義なものであり、その達成が自分の使命と感じられる状態
・挑戦:簡単/困難すぎないハードルを持ち、成長を実感しながらフロー状態で取り組んでいる状態

この要素に基づき、下記のプロダクトを開発しています。
・「共感」を軸にした運命の出会いを創出する会社訪問アプリ「Wantedly Visit」
・働き手同士のつながりを深めるつながり管理アプリ「Wantedly People」

2020年より従業員の定着・活躍を支援すべく提供開始したEngagement Suite
・新しい福利厚生「Perk」
・モチベーション・マネジメント「Pulse」
・社内報「Story」

目下の目標は全世界1000万人のユーザーにWantedlyを使っていただくこと。
そのため海外展開にも積極的に取り組んでおり、シンガポール、香港に拠点を構えています。

Why we do

  • 洒落た会議室でココロオドルミーティングを
  • メンバー同士フラットなコミュニケーションが可能な環境

私たちのミッションは「シゴトでココロオドルひとをふやす」こと。

そもそも、シゴトでココロオドルとはどのような状態なのか。
それは、没頭することにより成果を出し、成果によって成長を継続的に感じている状態だと僕たちは考えています。

そうしたシゴトを生み出す企業や人との出会いを生み出し、1人でも多くの人がワクワクしたり、熱中してシゴトと向き合えるような世界を作っていき、Wantedlyが「すべての働く人にとってのインフラ」となるような世界を目指しています。

How we do

  • 「どうやっているのか」を本にまとめました
  • The Wantedly Values

■行動指針
「最短距離の最大社会的インパクト」
これは、できるだけ短い時間・少ない工数で、できるだけ社会的に意味のある大きな影響を与えていくことを意味しています。

■目指すプロダクト
解決したい課題に対してユーザーが最短距離でアプローチできる一方、裏では技術的に難しい挑戦をしたり、UIを徹底的に考え抜くことで、シンプルで直感的に使えるプロダクトを目指しています。

■目指すビジネスモデル
「少数の人だけに向けた高単価なビジネス」ではなく、「リーズナブルで効果があるプロダクトをより多くの人に使ってもらう」ビジネスモデルです。

■目指すチーム
「プロダクト」中心の会社であるために、プロダクトを改善していける「作る人」に、意思決定権や裁量があるチームです。

As a new team member

※「話を聞きに行きたいボタン」をクリックしてエントリーしてください
画像解析・言語処理・データ分析・機械学習のいずれかを行い、Wantedly People の基盤となっている機能を改善していただきます。インターンの内容は実際にアプリをダウンロードしていただき1度使ってみていただくと理解しやすいと思います。 課題は、個人の経験に合わせ個別に設定します。

## 期間
2週間程度
スケジュールは柔軟に対応します

##こんなことやります
機械学習で、Wantedly Peopleに関する改善を行います。
(例)
- 名刺の画像から書かれている文字列を取り出す(OCR)
- 名刺上の文字情報が、名前・会社・電話番号・住所などのどのカテゴリなのかを98%以上の精度で当てる
- 2枚の別の名刺の画像が同一の名刺であることを判定する
- 色々な表記の会社名から1つの会社をあてる
- 持っている人の繋がりからその人の業種・業界を当てる
- 募集や記事の閲覧履歴からその人の興味・嗜好を当てる

## こんな人はぜひ
- Deep Learningで、しっかり内部状態をみて、何故うまくいくのかいかないのかを分析した経験がある方
- Deep Learningばかり流行っているけど、自分はそうじゃないアルゴリズムのほうが好き・得意な方

## このインターンで特に学べること
機械学習を実際のプロダクトに入れる際のノウハウ
しっかり精度を上げていく体制や仕組みをどう作っていくか
すべての手段を考えた上で、結果を出すことの重要性

##魅力
自分の成果がすぐにプロダクトに反映されるため、やり甲斐は非常に大きいです。自分のアイデアを実際のプロダクトで試してみたい方はぜひチャレンジください!

Highlighted stories

Wantedly有志エンジニアによるpodcastでリスナーが多かったトーク3選はこの技術領域!#PoddeEngineer
アウトプットで振り返るWantedly Designの2019年、そして新たな10年の始まり。
Wantedlyビジネスチームに入社する「未来のメンバー」へ
Other users cannot see whether or not you're interested.
2 recommendations
Company info
Wantedly, Inc.
  • Founded on 2010/09
  • 100 members
  • Expanding business abroad /
    CEO can code /
    Featured on TechCrunch /
    Funded more than $1,000,000 /
  • 東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル4階
  • そろそろ就活?まずはインターンで会社の中身を知りたい機械学習エンジニアへ
    Wantedly, Inc.