Discover companies you will love

  • 旅行プランナー
  • 9 registered

関係人口の最先端を切り拓く旅行プランナー募集!

旅行プランナー
Mid-career

on 2024-05-24

1,205 views

9 requested to visit

関係人口の最先端を切り拓く旅行プランナー募集!

Mid-career
Mid-career

Share this post via...

Hiroyuki Takahashi

団塊ジュニアの最後の年、1974年に岩手県花巻市に生まれる。前年、高度経済成長が終わる。その残像を引きずる団塊世代から、都会の会社でネクタイ締める人生がよいとの価値観を刷り込まれ、18歳で上京。見つかるわけもない自分探しに没頭(2年生を3回やりました)。大学出るときは超就職氷河期で、大きく価値観が揺さぶられる。新聞社の入社試験を100回以上受け、全滅。29歳、リアリティを求め、帰郷。社会づくりの矢面に立とうと、政治家を目指す。岩手で県議を2期やって、震災後の県知事選に挑戦し、被災地沿岸部270キロをぜんぶ歩いて遊説するという前代未聞の選挙戦を戦い、散る。口で言ってきたことを今度は手足を動かしてやってみようと、事業家に転身。生産者と消費者を「情報」と「コミュニケーション」でつなぐマイクロメディア、東北食べる通信を創刊。定員1500人の目標を達成するも、読者から変酋長呼ばれされる。その後、日本食べる通信リーグを創設し、現在、全国39地域にご当地食べる通信が誕生。「世なおしは、食なおし。」「都市と地方をかき混ぜる」の旗を掲げ、20キロのスーツケースをガラガラ引きずりながら、全国各地を行脚する寅さん暮らしを送る。昨年9月、食べる通信をビジネス化した新サービス、ポケットマルシェを始める。

Taizo Otsuka

ウェブ、スポーツ、NPO、食とさまざまな領域でチャレンジをしてきました。熱量の高い領域で挑戦し続けることが、自己の成長であり社会への貢献だと思っています。

Shota Kise

雨風太陽 社長室で新規事業推進を担い、特に「ポケマル親子地方留学」の企画運営を重点的に従事中。新卒でTV通販企業でマーケティング部門でリテンション施策を担当。公益事業への関心から文部科学省の推進する「トビタテ! 留学JAPAN」事務局で個人寄付の立上げを経験。20代に海外で働きたい気持ちを捨てきれず、青年海外協力隊でモザンビークへ。コロナ禍で途中帰国を余儀なくされ、福岡発のフードテックベンチャーに転職後に学生時代のインターン先である現、雨風太陽に再ジョイン。今に至る。

Rena Takasaki

大手旅行会社で約10年間、国内外の旅行、東京オリンピック、医療系カンファレンスイベントに携わる。 もともと大学で学んでいた食分野と、経験を積んできた旅行分野で日本の地域の魅力を発信したい思い、今年から同社のおやこ地方留学プログラムの担当として業務に携わる。

株式会社雨風太陽's members

団塊ジュニアの最後の年、1974年に岩手県花巻市に生まれる。前年、高度経済成長が終わる。その残像を引きずる団塊世代から、都会の会社でネクタイ締める人生がよいとの価値観を刷り込まれ、18歳で上京。見つかるわけもない自分探しに没頭(2年生を3回やりました)。大学出るときは超就職氷河期で、大きく価値観が揺さぶられる。新聞社の入社試験を100回以上受け、全滅。29歳、リアリティを求め、帰郷。社会づくりの矢面に立とうと、政治家を目指す。岩手で県議を2期やって、震災後の県知事選に挑戦し、被災地沿岸部270キロをぜんぶ歩いて遊説するという前代未聞の選挙戦を戦い、散る。口で言ってきたことを今度は手足を動かし...

What we do

生産者と消費者が直接つながり、コミュニケーションをとりながら旬の食べものを売り買いできるプラットフォーム「ポケットマルシェ」を運営しています。そのほか、食べもの付き情報誌「食べる通信」の多地域展開の促進、親子向け地方留学プログラムの企画・実施などを行っています。 ▼私たちが目指すもの https://ame-kaze-taiyo.jp/impact/ ▼サービスについて ○産直アプリ「ポケットマルシェ(ポケマル)」 https://poke-m.com/ ○食べもの付き情報誌「食べる通信」 https://taberu.me/ ○電力事業 https://ame-kaze-taiyo.jp/electricity/ ○地方留学事業 https://oyako.travel/ ▼沿革 2013.05 NPO法人東北開墾設立(2013.10.16法人格取得) 2013.07 「東北食べる通信」創刊 2014.04 一般社団法人日本食べる通信リーグ設立。「食べる通信」モデルの全国展開スタート 2014.11 「東北食べる通信」が「グッドデザイン金賞」受賞 2015.02 株式会社KAKAXI設立(2016.03.31に株式会社ポケットマルシェに商号変更) 2016.06 「食べる通信」が「第1回 日本サービス大賞 地方創生大臣賞」受賞 2016.09 「ポケットマルシェ」サービスリリース 2017.04 「ポケットマルシェ」が「新経済サミット2017 NEST STARTUP CHALLENGE」で優勝 2017.09 ユーグレナ・メルカリ等を引受先とする第三者割当増資を実施、資本・業務提携 2019.08 電通・小橋工業等を引受先とする第三者割当増資を実施 2020.08 丸井グループ・オレンジページ等を引受先とする第三者割当増資を実施 2020.12 農林中央金庫を引受先とする第三者割当増資を実施 2021.09 「ポケマルふるさと納税」サービスリリース 2022.04 株式会社雨風太陽に商号変更 2023.12 東京証券取引所グロース市場に上場
生産者と消費者が直接つながり、コミュニケーションをとりながら旬の食べものを売り買いできるプラットフォーム「ポケットマルシェ」
生産者を特集した情報誌と、彼らが収穫した食べものがセットで届く食べもの付き情報誌「食べる通信」
全社会議にて。続々と社員が増えています!
消費者からの「ごちそうさま」「ありがとう」の声で、生産者の仕事に一層のやりがいや誇りが生まれています。
生産者がどんな想いでどんな風につくっているのかを知り、消費者は食事に一層の楽しさを見出しています。

What we do

生産者と消費者が直接つながり、コミュニケーションをとりながら旬の食べものを売り買いできるプラットフォーム「ポケットマルシェ」

生産者を特集した情報誌と、彼らが収穫した食べものがセットで届く食べもの付き情報誌「食べる通信」

生産者と消費者が直接つながり、コミュニケーションをとりながら旬の食べものを売り買いできるプラットフォーム「ポケットマルシェ」を運営しています。そのほか、食べもの付き情報誌「食べる通信」の多地域展開の促進、親子向け地方留学プログラムの企画・実施などを行っています。 ▼私たちが目指すもの https://ame-kaze-taiyo.jp/impact/ ▼サービスについて ○産直アプリ「ポケットマルシェ(ポケマル)」 https://poke-m.com/ ○食べもの付き情報誌「食べる通信」 https://taberu.me/ ○電力事業 https://ame-kaze-taiyo.jp/electricity/ ○地方留学事業 https://oyako.travel/ ▼沿革 2013.05 NPO法人東北開墾設立(2013.10.16法人格取得) 2013.07 「東北食べる通信」創刊 2014.04 一般社団法人日本食べる通信リーグ設立。「食べる通信」モデルの全国展開スタート 2014.11 「東北食べる通信」が「グッドデザイン金賞」受賞 2015.02 株式会社KAKAXI設立(2016.03.31に株式会社ポケットマルシェに商号変更) 2016.06 「食べる通信」が「第1回 日本サービス大賞 地方創生大臣賞」受賞 2016.09 「ポケットマルシェ」サービスリリース 2017.04 「ポケットマルシェ」が「新経済サミット2017 NEST STARTUP CHALLENGE」で優勝 2017.09 ユーグレナ・メルカリ等を引受先とする第三者割当増資を実施、資本・業務提携 2019.08 電通・小橋工業等を引受先とする第三者割当増資を実施 2020.08 丸井グループ・オレンジページ等を引受先とする第三者割当増資を実施 2020.12 農林中央金庫を引受先とする第三者割当増資を実施 2021.09 「ポケマルふるさと納税」サービスリリース 2022.04 株式会社雨風太陽に商号変更 2023.12 東京証券取引所グロース市場に上場

Why we do

消費者からの「ごちそうさま」「ありがとう」の声で、生産者の仕事に一層のやりがいや誇りが生まれています。

生産者がどんな想いでどんな風につくっているのかを知り、消費者は食事に一層の楽しさを見出しています。

株式会社雨風太陽は、東日本大震災をきっかけに生まれました。 当時、岩手県議会議員だった代表の高橋が目にしたのは、それまで交わることのなかった都市の消費者(支援者)と地方の生産者(被災者)が被災地で初めて出会い、お互いを知り、活動を共にするにつれて関係性が深まっていく様子でした。 東北の農漁村は、震災前から過疎・高齢化で疲弊していました。食べものをつくっている生産者自身が食べていけない、後継者がいない、耕作放棄地が広がる、鳥獣被害が増える、気候変動が猛威を振るう… ボランティアとして被災地に訪れた都市の消費者は、そのような地方の生産現場の実態に心を痛めたり、食べものの裏側にいた生産者の哲学や生き様に共感したことで、継続的な復興支援に参加していきました。 一方で、東北の豊かな自然に触れ、目の前の困っている人を助け感謝されることで、都市生活では得にくかった生きる実感ややりがいを得て、支援に来たはずの彼らが逆に被災者から救われる場面も数多く見られました。 課題を抱えていたのは、地方だけではありませんでした。生かし生かされ合っているはずの自然や人間とのつながりが希薄になり、生きる実感を失っていた都市もまた、同じだったのです。 このとき、消費者と生産者がもう一度関係性を紡ぎ直すことで、「疲弊する都市」と「衰退する地方」の双方が抱える課題を同時に解決できるはずだと、髙橋は確信しました。 雨風太陽のミッションである「都市と地方をかきまぜる」という考え方の新しさは、都市のいいところと地方のいいところをフラットに見て再配列し、互いの課題を解決しながらこれまでにない価値を一緒に生み出すところにあります。 現代社会では、本来不可分である消費者と生産者、都市と地方、人間と自然が分断されてしまっています。私たちは、消費者と生産者の接触面積を広げ、都市と地方のあいだに「関係人口」を生み出すことで、日本中あらゆる場の可能性を花開かせていきます。どの土地にも等しく自然のめぐみをもたらす、雨や風、太陽のように。

How we do

全社会議にて。続々と社員が増えています!

▼ビジョン実現を本気で目指す、多種多様なメンバー 元官僚やコンサルタント、ポケマルユーザーなど、食・農業界内外から多種多様なメンバー約60名が集まりました。代表の高橋博之を中心に、本気で社会を良くしていこうと、ビジョンの実現に向けて日々奮闘中です。 個性豊かなメンバーのインタビュー記事はこちら。 https://note.com/pocket_marche/m/mff356b26d8e5 ▼雨風太陽の行動指針 1. 社会の答えになる 2. できる方法を考える 3. かきまぜる 答えを探すのではなく、ビジョンを社会の答えにする気構えを持とう。 そのために、できない理由ではなく、できる方法を考えよう。 ひとりでは無理でも、関わりの力で必ず乗り越えられる。

As a new team member

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 《 担当事業:「ポケマルおやこ地方留学」をはじめとした人流創出事業 》 「都市と地方をかきまぜる」というミッションを掲げる当社は、2022年7月より、都会の親子が地方の農山漁村を訪れ、親がテレワークをする間、子どもたちは自然の中に飛び込み、農家や漁師と交わりながら生きる力を学ぶ「ポケマルおやこ地方留学」をスタートしました。 初回の2022年夏休みプランは岩手県で展開し、24日間で延べ200名以上が生産者さんの提供するアクティビティに参加し、満足度は100%を達成。2023年の同シーズンでは、開催地域に北海道、和歌山県、京都府、福岡県を追加した全5地域に催行地域を拡大し、6泊7日の旅程を4日程累計28日間に渡り98家族の参加を実現。アクティビティには延べ人数1,000名が一次産業の体験を行うことができました。 2024年度以降は更なる事業の発展を目指し、催行地域数の拡大とプログラムの磨き上げ、未就学児やインバウンドをはじめとした異なるセグメントに対しても生産現場を舞台にした新規プログラムの造成をしていきます。 ◯なぜ、おやこ地方留学をやるのか 年齢が若いうちから地方を実際に訪れ、その土地の自然・文化・食に長期間触れられる機会を提供することで、多様な地域を次世代に残していきたいと考えています。 都市部に暮らす親子が日本中の農山漁村を訪れ、農家、漁師、猟師さんや自然と交わり、地方に心を寄せられる「第二のふるさと」をつくっていけば、都市と地方はかきまざり、人と人、人と自然が生かし、生かされあう関係を実感し、感謝や喜びを感じられる社会になると信じています。 ◯一緒に働くメンバーのインタビュー記事もぜひご覧ください! ▼【雨風太陽 社員インタビュー】ポケマルおやこ地方留学で目にしたのは"子ども達が変わる瞬間"。旅行事業から「都市と地方をかきまぜる」 https://note.com/pocket_marche/n/ncfd78223f32d ▼【雨風太陽 社員インタビュー】旅行会社から"本当にやりたいこと"を求めてジョイン!ポケマルおやこ地方留学を通して、他にはない価値を提供していく https://note.com/pocket_marche/n/neb6d24cc9135 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■役割・業務内容 ◯地方留学事業の推進 多様な関係者(生産者、自治体、現地パートナー、宿泊施設、移動事業者など)と協働しながら、ツアーの企画から実行まで、総合的なディレクションを一貫してお任せします。 ◯インバウンドを対象にした旅行商品の造成 今後急速に回復するインバウンド需要を取り込み、日本の自然や生産現場でのユニークな体験を通して、訪日外国人観光客と地域の継続的なつながりを創出する旅行事業の立ち上げにも携われます。 【主な業務内容】 ・旅行商品の企画造成・集客 ・社内外のステークホルダーとの交渉・調整・手配 【必須スキル】 ・旅行商品のツアー造成に関する実務経験 ・プロジェクトマネジメント経験(進行管理能力、スケジュール調整能力など)  【歓迎スキル】 ・旅行業務取扱管理者 【求める人物像】 ・人が好きな方、食べることが好きな方 ・地方に関わる仕事に興味がある方 ・個人やチームの課題やミッションの達成に向けて、当事者意識と責任感を持ち、自ら行動を起こせる方 ◯ポジションの魅力 ・日本全国を舞台に、お客さま・生産者・地域の三方よしを実現する旅行商品の発展を自ら切り拓ける 【勤務時間】 ・フレックスタイム制(標準労働時間:8時間/日) ※コアタイム11:00〜15:00、フレキシブルタイム5:00~11:00/15:00~22:00 ※平日勤務 / 土日祝お休み ※おやこ地方留学は旅程に土日祝日が含まれるため、プログラム期間中は休日出勤の可能性あり(その場合は、通常平日に振替休日を取得していただいています) 【勤務方法】 ・東京オフィス:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-26-5 金子ビル3F ※オフィス屋内は全面禁煙 ※チームの出社日や会社の指定日以外は、在宅勤務可能
0 recommendations

    0 recommendations

    What happens after you apply?

    1. ApplyClick "Want to Visit"
    2. Wait for a reply
    3. Set a date
    4. Meet up

    Company info

    Founded on 02/2015

    44 members

    • Funded more than $1,000,000/
    • Funded more than $300,000/

    東京都渋谷区千駄ヶ谷3-26-5 金子ビル3F