Discover companies you will love

  • テクニカルサポート
  • 1 registered

在庫は小売の生命線!AI×SaaSのテクニカルサポートを募集!

テクニカルサポート
Mid-career

on 2023-10-25

249 views

1 requested to visit

在庫は小売の生命線!AI×SaaSのテクニカルサポートを募集!

Mid-career
Mid-career

Share this post via...

田中 大介

壮大なミッションに立ち向かうためにはチームが必要。 これまで培ってきた小売業の知見、コンサルティングの知見を総動員して日々奮闘中。 CSメンバーのバックグラウンドは様々。それぞれがGIVE&GIVEして進化し続けるチーム。 チームと共に自分自身も日々成長していける。そんなチームで働いています。

我妻 結夏

フルカイテン株式会社 カスタマーサクセスチームリーダーの我妻です。 東北出身の鎌倉暮らし、コーヒーが好きです☕️ 新卒で金融機関に入社。無形商材のセールスに従事した後、株式会社ユナイテッドアローズに入社。店長として新ブランド立ち上げや店舗運営を経験しました。 小売のリアルでの経験を活かし、顧客の成功体験に貪欲に挑んでいます!

あの時、転職を決意した私を誉めてあげたい!大手アパレルブランドの店長からフルカイテンへ。ときめく会社で、自分の市場価値を高めるために

我妻 結夏's story

森田 浩介

フルカイテン株式会社のカスタマーサクセスを担当しています。 小売業界からキャリアをスタート!小売りの最前線で働き、数多くの新店舗の立ち上げ、新ブランドの立ち上げに携わり多岐にわたる業務に携わってきました。 32歳の時に偶然知ったフルカイテン株式会社のミッションである「世界の大量廃棄問題を解決する」を是非実現したいと思い転職を決意! まだまだ未熟ですが、お客様のサクセスのために日々精進! 趣味はキャンプ、観葉植物収集でアウトドアインドアどちらも好きです!

Mayu Kusumoto

エンジニア(開発/保守) → テクニカルサポート

フルカイテン株式会社's members

壮大なミッションに立ち向かうためにはチームが必要。 これまで培ってきた小売業の知見、コンサルティングの知見を総動員して日々奮闘中。 CSメンバーのバックグラウンドは様々。それぞれがGIVE&GIVEして進化し続けるチーム。 チームと共に自分自身も日々成長していける。そんなチームで働いています。

What we do

228億点。 何の数字か分かりますか? 世界中で1年間に廃棄される衣料品の数を指します。中には一度も袖を通されずに捨てられる商品もあります。 日本国内に目を向けても、年間に販売される新品35億点のうち、およそ半数の17億点は売れ残ります。 余剰在庫の一部は翌年に持ち越されますが、大半は発展途上国をはじめとする海外へ二束三文で輸出されます。そして、現地の繊維産業の育成を阻害するだけでなく、焼却処分によりCO2の排出につながっているのです。 この背景には、業界の構造的な問題があります。大量生産によって日本のアパレル製品の価格は過去30年で半値になり、私たちはメリットを享受しています。アパレル企業も多くの在庫を抱えて販売数量を稼ぎ、多くの商品が売れ残っても利益が出る経営モデルに安住してきました。 しかし、こんなビジネスは持続可能ではありません。 フルカイテン株式会社は、「世界の大量廃棄問題を解決する」ために、アパレルなど小売業界の在庫問題をAIで解決するためのSaaS「FULL KAITEN」を開発・運営を行っています。 アパレル企業が大量生産をせず余分な在庫を持たなくても売上と利益を増やすことができるシステムです。 アパレル企業だけでなく、他業種の小売企業でも導入が進んでいます。 そして、FULL KAITENが在庫問題を解決するフィールドは小売業にとどまりません。卸売業や原材料メーカーまで、サプライチェーンを網羅するべく、事業基盤を強化中です。 社員数は50名弱となりました。 まさに創業期の会社ですが、メンバーには元マスコミ・転職エージェント・アパレルなど多様な業界出身者がおります。 累計約23億の資金調達も完了させており、複数の新プロダクト開発にもチャレンジしております。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000112.000025713.html 世界の大量廃棄問題を解決するため、小売業界を一から変える仲間を募集しています! ◆自社プロダクト『FULL KAITEN』 在庫問題は”小売企業の生命線”。経営に直結する問題とされています。 かつて代表瀬川が子供服のEC事業を運営しており、在庫が原因で直面した3度の倒産危機をデータ分析で乗り越えたという実体験から生まれました。 多くの小売業では膨大な売れ残り在庫が離れた倉庫にあり、従業員は普段目にする機会がありません。しかも、その何千万件という在庫データはエクセルで集計されていることが多く、管理と分析に大変な労力と時間をかけているのが現実です。 FULL KAITENはその時間と手段を提供し、本質的な在庫問題の解決をサポートしています。例えば ・離れた倉庫にある在庫のリスクを毎日可視化 ・需要予測により、各商品を仕入れるべき数が分かる ・手動で時間がかかっていたセール商品の選定も自動化 こうして得られた時間を新たな販売戦略に使うことで、 ・客単価8%UP、在庫半減 ・売上高25%増加、預金残高2.1倍 という嬉しい事例が報告されています。 ◆導入実績 エンタープライズ企業を中心に導入が進んでいます。 アーバンリサーチ様・ナノ・ユニバース様・オンワード樫山様 ミズノ様 ▼参考情報 ・サービスページ https://full-kaiten.com/ ・FULL KAITEN開発秘話「倒産危機を救う逆境のSaaS」 https://note.com/_funeo/n/n401f66d032ac ・1年でARR(年間経常収益)が50倍!フルカイテンの急成長を数字で追う https://www.wantedly.com/companies/full-kaiten/post_articles/324835

What we do

228億点。 何の数字か分かりますか? 世界中で1年間に廃棄される衣料品の数を指します。中には一度も袖を通されずに捨てられる商品もあります。 日本国内に目を向けても、年間に販売される新品35億点のうち、およそ半数の17億点は売れ残ります。 余剰在庫の一部は翌年に持ち越されますが、大半は発展途上国をはじめとする海外へ二束三文で輸出されます。そして、現地の繊維産業の育成を阻害するだけでなく、焼却処分によりCO2の排出につながっているのです。 この背景には、業界の構造的な問題があります。大量生産によって日本のアパレル製品の価格は過去30年で半値になり、私たちはメリットを享受しています。アパレル企業も多くの在庫を抱えて販売数量を稼ぎ、多くの商品が売れ残っても利益が出る経営モデルに安住してきました。 しかし、こんなビジネスは持続可能ではありません。 フルカイテン株式会社は、「世界の大量廃棄問題を解決する」ために、アパレルなど小売業界の在庫問題をAIで解決するためのSaaS「FULL KAITEN」を開発・運営を行っています。 アパレル企業が大量生産をせず余分な在庫を持たなくても売上と利益を増やすことができるシステムです。 アパレル企業だけでなく、他業種の小売企業でも導入が進んでいます。 そして、FULL KAITENが在庫問題を解決するフィールドは小売業にとどまりません。卸売業や原材料メーカーまで、サプライチェーンを網羅するべく、事業基盤を強化中です。 社員数は50名弱となりました。 まさに創業期の会社ですが、メンバーには元マスコミ・転職エージェント・アパレルなど多様な業界出身者がおります。 累計約23億の資金調達も完了させており、複数の新プロダクト開発にもチャレンジしております。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000112.000025713.html 世界の大量廃棄問題を解決するため、小売業界を一から変える仲間を募集しています! ◆自社プロダクト『FULL KAITEN』 在庫問題は”小売企業の生命線”。経営に直結する問題とされています。 かつて代表瀬川が子供服のEC事業を運営しており、在庫が原因で直面した3度の倒産危機をデータ分析で乗り越えたという実体験から生まれました。 多くの小売業では膨大な売れ残り在庫が離れた倉庫にあり、従業員は普段目にする機会がありません。しかも、その何千万件という在庫データはエクセルで集計されていることが多く、管理と分析に大変な労力と時間をかけているのが現実です。 FULL KAITENはその時間と手段を提供し、本質的な在庫問題の解決をサポートしています。例えば ・離れた倉庫にある在庫のリスクを毎日可視化 ・需要予測により、各商品を仕入れるべき数が分かる ・手動で時間がかかっていたセール商品の選定も自動化 こうして得られた時間を新たな販売戦略に使うことで、 ・客単価8%UP、在庫半減 ・売上高25%増加、預金残高2.1倍 という嬉しい事例が報告されています。 ◆導入実績 エンタープライズ企業を中心に導入が進んでいます。 アーバンリサーチ様・ナノ・ユニバース様・オンワード樫山様 ミズノ様 ▼参考情報 ・サービスページ https://full-kaiten.com/ ・FULL KAITEN開発秘話「倒産危機を救う逆境のSaaS」 https://note.com/_funeo/n/n401f66d032ac ・1年でARR(年間経常収益)が50倍!フルカイテンの急成長を数字で追う https://www.wantedly.com/companies/full-kaiten/post_articles/324835

Why we do

◆ミッション 私たちは「世界の大量廃棄問題を解決する」というミッションのもと、FULL KAITENの開発・運営を行っています。 ニュースでもよく報道されている通り、大量廃棄問題は地球規模の問題になっています。 FULL KAITENは、大量の在庫を持つことでどうにか売上を作るのではなく、最低限の在庫量で事業を成長させられる仕組みを提供しています。導入企業が増えれば「必要な商品が必要な量だけ流通する社会」が実現できると考えています。 仲間たちと一緒に、あなたの経験や能力を社会問題の解決に活かしてみませんか?

How we do

◆行動指針◆ 「価値アンテナ」 「言われたことをするだけ」の人にならないようにしよう。 そういう人からは創意工夫も成長も生まれない。 目的達成の意欲を強く持ち、いつも創意工夫や改善のアンテナを張って、違いを生み出せる人になろう! 「全力トライ」 「これぐらいはいいか」の妥協を止めよう。 「こんなことで手を抜くのか」「こんな程度で諦めるのか」と思われると、お客様からも仲間からも信頼されない。手を抜かず、全力で、やり切る人になろう! 「スクラム志向」 ただ人数が集まっただけの集団にならないようにしよう。 それはチームではない。共通の目的と同レベルの意志力を持っていれば、称え合いぶつかり合いながら前に進むことができる。そんな本物のチームになろう!

As a new team member

我々が提供する「FULL KAITEN」は小売業や卸売業で発生する在庫過多の問題を、AIと独自の技術で解決するこれまでにないサービスです。 具体的には、サービスを活用いただくことで在庫の運用効率を上げ、売上・粗利・キャッシュフローを最大化することが可能となります。 これまで小売業は、在庫をたくさん持つことで売上を作るという商慣習から、在庫問題は業界の宿命的課題として何十年も放置されていました。 FULL KAITENはこの宿命的課題に対して全く新しい解決策を提供できるプロダクトです。 これまで、プロダクトが顧客の役に立っているのか、疑問に感じた経験はありませんか? FULL KAITENはお客様に正しく使っていただければ、必ず結果が出せるプロダクトであり、本当にお客様の役に立っていると実感できます。 ▽募集背景と解決したい課題 もともと1つの「『FULL KAITEN』というプロダクトに複数の機能が搭載されていましたが、機能ごとに切り出しプロダクト化を進めたため、マルチプロダクトとなりました。これまで行っていなかった導入前のトライアルを始めたことで、顧客数が増加し、お問い合わせやデータ集計の依頼数が増加しています。 お問い合わせ増加の背景から、お客様の課題を早急に解決するため、本ポジションの募集をさせていただいております。 さらに、新しい試みとして、お客様サポートサイトの運営などもテクニカルサポート主導で行っておりますので、こちらの運営にも関わっていただきたいと考えています。 ▽テクニカルサポートの仕事の魅力 ・プロダクトを作っていくことができる └より良いプロダクトにするために、様々な部署の意見が採用、反映されています。テクニカルサポートもプロダクト改善のために重要なポジションです。どんどん意見を求められますので、プロダクトを創っている実感が持てます。 ・組織作り テクニカルサポートチームは、立ち上がって間もないため、成果を出すチームになるにはどうするか?一緒に考え、チームを創っていくことができます。 ・顧客や社内の問題解決に関わるため、感謝されることが多い └CSチーム:データ集計によるサポート └エンジニア:不具合の調査・特定・改修要件のまとめ └顧客:改修や不具合対応 ・顧客と直接やり取りしながら、要件定義や設計の経験を積むことができる ▽チーム体制 カスタマーサクセスチーム カスタマーサクセスマネージャー1名 └カスタマーサクセス10名 └テクニカルサポート2名(★ここがここが今回の募集ポジションです) └データコンサルタント2名 ▽具体的な業務内容 ・プロダクト仕様の顧客説明        └各指標の意味や計算ロジック、データ変換ルールの説明 例:「売上貢献度(FK独自指標)はどうやって計算していますか?」   「定価が想定と違いますが、どうしてですか?」 ・プロダクト仕様ページの管理運営 └社内・顧客双方が見れるプロダクト仕様ページの更新 ・不具合の調査・報告 └顧客のデータが正しく反映されていない場合、調査と報告、社内のエンジニアと連動して顧客に対応する業務。 └改修内容の検討 ・顧客要望に対する要件の洗い出し・データ設計。 ・データ集計 └CS業務のサポートとして、必要データの洗い出し・集計実施 例: ・売上実績や予測値と在庫状況を絡めたレポート ・PoCのデータ集計 ・効果検証のクエリ作成 ▽使用するツール AWS(基本操作) GoogleWorkSpace Excel Slack ▽必須スキル ・SQLの利用経験 ・データ集計のご経験 ・コミュニケーションスキル ▽歓迎スキル ・顧客折衝経験 ・開発経験 ▽求める人物像 【コミットメント力】 ・任せられた仕事を責任もって最後までやり遂げることができる 【顧客やメンバーの視点を想像できる人】 ・データに関して知見のないお客様とも関わるため、「なにを、どんな粒度で説明するか」判断できる ・顧客とエンジニアの橋渡しをするため、双方が理解するのに足りない情報を補完することができる 【伝達力のある人】 ・難しい指標でも、誰もが理解できるように説明できる ・誤解のない様に配慮して説明できる
0 recommendations

    0 recommendations

    What happens after you apply?

    1. ApplyClick "Want to Visit"
    2. Wait for a reply
    3. Set a date
    4. Meet up

    Company info

    Founded on 05/2012

    48 members

    • Funded more than $1,000,000/

    オンラインで実施しております