1
/
5
セールス, 営業, コンサル
Mid-career
on 2022-10-25 59 views

東北/酪農畜産を変えるコンサル営業募集!顧客課題を理解し利益創出を支援

株式会社ファームノート

株式会社ファームノート members View more

  • 宮城県仙台市出身。大学卒業後、機械メンテナンスの分野から畜産業界での仕事をスタート。
    さまざまな経験をする中で、よりワクワクする仕事をしたい!と、ファームノートに入社。
    ICTを活用して酪農畜産業界に貢献できるよう、日々奮闘しています。

  • 1990年 東京生まれ東京育ちの江戸っ子です。
    4歳から芸能活動を始め、24歳まで役者として活動。
    2017年 4月より(株)ファームノート パートナーセールスとしてジョイン。

  • 株式会社ファームノート 東北セールス 1995年生まれの蠍座です。
    宮城生まれの千葉育ち、くるみもちと梨は大好きです。松戸国際高校卒。大学時代は旅行三昧の日々でした!卒業後は繊維業界で生地の企画/法人営業を3年間つとめ、2021年7月にファームノートに入社。畜産やIT知識は1から勉強中ですが、新しい発見の毎日を全力で楽しんでいます!

What we do

  • 生産管理を効率化するクラウド牛群管理システム「Farmnote Cloud」。
  • センサーで牛の状態(発情・活動低下・転倒)を通知する「Farmnote Color」

ファームノートは、牧場の生産分析をもとに、牛の遺伝改良サービスやIoT製品等を通じて生産者の利益創出を支援しています。
酪農DXのリーディングカンパニーとして、プロダクトの開発力と次世代牧場の生産技術や遺伝子解析の技術を組み合わせ、業界を根本から変革することにチャレンジし続けています。
※グループ全体の技術を結集し、一般の牧場と比べて1人あたり3倍の労働生産を誇る牧場を可能にしました。(個体乳量は、日本平均1頭29kg/日に対し、40.7kg/日。)

【弊社の提供サービス】
・牛の遺伝解析により理想的な牛群づくりを支援し、牧場の生産性を向上する「Farmnote Gene」
ー 牛の遺伝子情報を採取して解析することで、牛一頭一頭の乳量・乳質、生産寿命、繁殖能力、疾病リスク等を明らかにします。牧場にとってより良い牛を残していくことで、将来の収益力向上を実現し、人が働きやすい牛群をつくり、労働生産性の高い牧場を目指します。

・牛の健康モニタリング(発情、分娩兆候、起立困難等)を実現するセンサー「Farmnote Color」
ー 毎日の牛の観察をセンサーが代替します。繁殖業務において重要な発情行動の観察業務は不要になります。また、牛の活動量を常時把握し、発情・分娩兆候・活動量低下などの異常値を発見し、即時対応できる業務を実現します。
発情の早期発見により数百〜千万円/年の売上UPに貢献した実績や、獣医が目で見ても発見できなかった牛の病気をセンサーがいちはやく検知できた事例があります。

・牧場の生産管理を効率化するクラウドシステム「Farmnote Cloud」
ー 紙の台帳で管理することが一般的だった牛のデータ(健康状態、発情周期、乳量等)をスマホやタブレットですぐに記録/確認することを可能にし、牧場経営者の的確な判断の支援を可能にし、従業員間の情報共有を加速させます。

・牧場の経営分析をサポートする「Farmnote Compass」
「Farmnote Cloud」などから抽出した情報やデータに基づいて課題を抽出し、最適なPDCA(計画・実行・検証・行動)を回せる環境づくりを支援します。
牛の疾病予防や繁殖成績向上など経営改善に必要な環境を低価格で構築できます。
Compassユーザーの中には、1年間で平均分娩間隔が25日間短縮できた事例もあります。

株式会社ファームノート
http://farmnote.jp/

【グループ会社】
株式会社ファームノートホールディングス
https://farmnote-hd.com/
株式会社ファームノートデーリィプラットフォーム
https://farmnote-dp.jp/
次世代型の牧場※の経営により、業界の課題や生産者の抱える課題とニーズがよりわかってきました。
※次世代型自社牧場=牛や労働者の快適性を追求した牛舎設計、自動搾乳ロボット等を導入した牧場

【メディア掲載情報】
▼日経クロストレンド|IT起業家が牧場をつくった理由 現場を知らないDXは掛け声倒れ
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/watch/00008/00121/
当社が考える酪農DXについて紹介されています。

▼HOWHERE|北海道から酪農・畜産を変える。人と技術の革新で社会課題に挑むファームノートホールディングス
https://howhere.jp/articles/farmnote-holdings01
当社の事業や組織文化、働き方について紹介されています。

Why we do

2050年には世界的な「食糧危機」が起こるといわれています。
安定した食糧生産を実現するためには、持続可能で生産性の高い農業の実現が不可欠です。
産業の新しい社会システムを創造し、未来の食糧生産に貢献してまいります。

How we do

私たちは、人の心が豊かになれば世界は豊かになると信じています。人とのつながりを大切にし、心動く「驚き」を創り上げることで、そのワクワクが感情の輪として世界に広がり、地球に大きなインパクトを出せると信じています。

私たちは繋がったチームであり、才能を最大限発揮できるチームであり、世の中に大きなインパクトを出せるチームです。私たちチームがより多くの地球への変化を創り上げるために、3つのバリューを大切にしていきます。

Values 〜 価値観 〜

Connected
人とのつながりを大切にして、お互いを尊重し、感謝を忘れず、最高のチームワークで成果を求めていきます。

Bold
より大きなインパクトに焦点を当て、大胆にチャレンジして大きな変化〜イノベーション〜を生み出します。

Professional
仕事にオーナーシップを持ち、自身の成長を追い求め、考え抜いてベストを尽くします。

As a new team member

東北全域で、酪農生産者の方々にプロダクト/ソリューションの提案営業を行います。役割は大きく分けて3つです。

【具体的な仕事内容】
・酪農家の生産性分析
・新規/既存顧客へのソリューション(ゲノム商材やITツールの導入)提案と導入支援
・既存顧客への活用支援およびクロスセル
・産業の様々なプレーヤーをつなぐイベント
・勉強会・自社牧場視察ツアー等の企画、開催

【提供するサービスについて】
・牛の遺伝解析により理想的な牛群づくりを支援し、牧場の生産性を向上する「Farmnote Gene」
ー 牛の遺伝子情報を採取して解析することで、牛一頭一頭の乳量・乳質、生産寿命、繁殖能力、疾病リスク等を明らかにします。牧場にとってより良い牛を残していくことで、将来の収益力向上を実現し、人が働きやすい牛群をつくり、労働生産性の高い牧場を目指します。

・牛の健康モニタリング(発情、分娩兆候、起立困難等)を実現するセンサー「Farmnote Color」
ー 毎日の牛の観察をセンサーが代替します。繁殖業務において重要な発情行動の観察業務は不要になります。また、牛の活動量を常時把握し、発情・分娩兆候・活動量低下などの異常値を発見し、即時対応できる業務を実現します。
発情の早期発見により数百〜千万円/年の売上UPに貢献した実績や、獣医が目で見ても発見できなかった牛の病気をセンサーがいちはやく検知できた事例があります。

・牧場の生産管理を効率化するクラウドシステム「Farmnote Cloud」
ー 紙の台帳で管理することが一般的だった牛のデータ(健康状態、発情周期、乳量等)をスマホやタブレットですぐに記録/確認することを可能にし、牧場経営者の的確な判断の支援を可能にし、従業員間の情報共有を加速させます。

・牧場の経営分析をサポートする「Farmnote Compass」
「Farmnote Cloud」などから抽出した情報やデータに基づいて課題を抽出し、最適なPDCA(計画・実行・検証・行動)を回せる環境づくりを支援します。
牛の疾病予防や繁殖成績向上など経営改善に必要な環境を低価格で構築できます。
Compassユーザーの中には、1年間で平均分娩間隔が25日間短縮できた事例もあります。

【当社が実現したい営業の考え方】
これまでIT製品(ソフトウェアとセンサー)の販売を中心に業界を支援してまいりましたが、今後は「生産者の収益性向上」を目指して、ソリューション提案にシフトしてまいります。
グループ会社で自ら牧場経営を実現したことにより、生産収益の向上に対してIT製品で改善できることはごく一部であるということに気づいたためです。
これからは牛のゲノムの解析により、能力(生産性)向上に着手したり、和牛受精卵の販売等を通して、産業全体が厳しい市況の中でも収益を上げられるソリューションを提案してまいります。

セールス自らPRプランを考えたり、時には自らを生産者に売り込む武器にして飛び込み訪問を実施したり、自身のアイデアをもとにチャレンジすることができます。

フィールドサポート(導入、設置支援のチーム)やCS、獣医師や弊社牧場スタッフなど、各分野の専門家と相談しながら仕事を進めるバックアップ体制があり、多くの経験を得ることができます。

【入社後の流れ】
グループ会社の自社牧場で実際に牧場業務を行う研修を行い、先輩社員の営業に同行して少しずつ独り立ちを目指します。
実際に牧場業務を体験したり、牛や牧場についての知識を深めたり、相談できたりする機会が多いので業界未経験の方もご安心ください。

【必須】
・法人営業経験1年以上(業界問わず)
・普通自動車免許

【歓迎】
・IT業界でのソリューション提案営業の経験
・農業用デバイスなどの販売経験
・飼料会社等、酪農・畜産顧客への営業経験
・農学部、獣医学部等のバックグラウンド

【求める人物像】
・コンサルティング、ソリューション営業の素養がある方
・向上心や意欲が高い方

※酪農畜産に関する知識や業務経験は必須ではありません。社内研修や先輩社員、社内の獣医師から学び成長することが可能です。

Highlighted stories

就職・転職活動中の方へ、ファームノートからの自己紹介

役員も"あだ名"で呼ばれる「新卒コミュニティ」ってなに?

「DXを愚直に。」FNセールスの仕事に迫る

What happens after you apply?
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
About 株式会社ファームノート
株式会社ファームノート
  • Founded on 2013/11
  • 70 members
  • Funded more than $300,000 /
    Funded more than $1,000,000 /
  • 宮城県仙台市宮城野区苦竹3-1-6
  • About 株式会社ファームノート
    株式会社ファームノート wants to talk with you
    Are you interested in this Job Post? Come talk with us