1
/
5

ブランディングムービーの制作事例 - 川崎フロンターレ様『FOOTBALL TOGETHER』

Edit

175 views

ABOUT

【プロジェクトの概要】
株式会社川崎フロンターレ様の社員総勢21名と一緒に、26(フロ)周年をきっかけに、エレファントストーンのフラッグシップブランド「ROOT」にてブランディング映像を制作しました。全13回×2時間のワークショップを通して、同社の価値観の掘り起こしから映像の企画検討、そして映像活用の検討まで実施。

映像は、川崎フロンターレを中心にスタッフやサポーター、そして川崎市民を含めた「すべての人たち」がサッカーを通じて交わり一つになる。日々の生活、そして人生において前へ進む活力をもらう、という「FOOTBALL TOGETHER」を表現したドキュメンタリー映像です。映像には、選手やスタッフだけでなく、サポーターやボランティア、川崎市内の商店街の方々にもご出演いただきました。

本映像は2023年の「川崎フロンターレ新体制発表会見」で初公開し、川崎フロンターレ様が運営する施設をはじめ、SNSやクラブにゆかりのある各施設にて放映しています。

【お預かりした想い】
川崎フロンターレの躍進とともに、近年スタッフやサポーターが増加。川崎フロンターレとして組織や部署が拡大してきた今だからこそ、昔からいるスタッフと近年入社したフタッフを交えて、根っこにある“川崎フロンターレらしさ”や価値観を改めて考える機会として本プロジェクトを実施したいとお聞かせいただきました。

ROOTの映像制作を通して、スタッフをはじめ、関係者やファン・サポーター全員が同じ方向を向いて進んでいけるような、そして2年後、3年後も見ていただけるフロンターレの理念を表現する映像をつくりたいという想いをお預かりしました。