1
/
5

日本のエンタメ・映画界を牽引してきた3人の映画監督「堤幸彦 x 本広克行 x 佐藤祐市」が「FiNANCiE」にて、日本初のエンタメDAOプロジェクト『SUPER SAPIENSS』を始動

Edit

1232 views

ABOUT

ブロックチェーン技術を利用したNFT事業やクラウドファンディング2.0「FiNANCiE」を提供し、”10億人の挑戦を応援するクリエイターエコノミー”の実現を目指す株式会社フィナンシェ(本社 東京都渋谷区 代表取締役 國光 宏尚)は、映画監督 堤幸彦、本広克行、佐藤祐市による日本初のエンタメDAOプロジェクト「SUPER SAPIENSS」の始動とトークンの新規発行・販売を開始したことをお知らせいたします。

プロジェクト概要
「SUPER SAPIENSS(スーパーサピエンス)」は、日本のエンタメ・映画界を牽引してきた3人の映像監督『堤幸彦・本広克行・佐藤祐市』が共同で制作指揮をとり、サポーターと一丸となって日本の映像業界史上初となる【原作づくりから映像化に至る全プロセスの一気通貫】に挑むプロジェクトです。

プロジェクトでは、日本のエンタメ新時代を切り開くために、FiNANCiEの『トークン発行』と、トークンを基盤とした『共創コミュニティ』を活用したエンタメDAOにチャレンジします。そして、トークンを保有するサポーターが単にコンテンツの制作過程を見守るのではなく、コミュニティで実施される様々なプロセスを通じてプロジェクトと密に関わり、発起人である3監督達と『同じ興奮と喜びを共有する』ことを大切な要素に掲げています。

プロジェクト第1弾は、3監督が紡ぐオリジナルストーリーの世界観をより多くの人々へ届けると共に、本格的な映像コンテンツの足掛かりとなる作品として発表を予定している『WEBTOON』制作に向けた、トークン発行型ファンディングを実施いたします。

・ファンディング実施期間:
2022年1月19日(水)16:30 ~ 2022年3月16日(水)16:30 予定
・ファンディングページURL:
https://financie.jp/users/supersapienss/cards
・特設サイトURL:
https://supersapienss.com

→DAO(ダオ:Decentralized Autonomous Organization)
DAOとは、日本語で”自律分散型組織”と呼ばれ、志を同じくする人々が協力して、自律的に運営される組織です。DAOには明確な管理者がいないため、ガバナンスがメンバーの合意により行われます。コミュニティの運営にはブロックチェーンソリューションなどのインセンティブ設計が取り入れられているのが特徴です。

WEBTOONの手法を用いることにより、3監督それぞれが映像制作の現場で活用してきた「絵コンテ」を読み進めるかのような『ダイナミックで明快な場面展開』を表現することが可能となり、その後のグローバル展開も視野に入れたコンテンツ制作の実現を目指します。

現在、日本国内のWEBTOON事業を牽引する株式会社コルク代表/佐渡島氏の協力のもと、3監督を中心とした制作チームが発足し、今回のプロジェクト発表に合わせて制作されたベータ版の一部がファンディングページでも公開されています。

クリエイターエコノミー ✕ エンタメDAO
本プロジェクトでは、FiNANCiEの『トークン発行型ファンディング』と『共創型コミュニティ』を活用したエンタメDAOにチャレンジし、【クリエーター自身が権利を持つと同時に金銭的なリターンを得る】そして【手にした利益を元に支援者と一つの作品を創り上げる】という新たなコンテンツ制作の道筋を模索していきます。

SUPER SAPIENSSが日本エンタメ初の『DAOプロジェクト』として成功し、クリエイターエコノミーにおける新しい流れを作っていきたいと思っています。

トークン発行型ファンディングについて
『トークン発行型ファンディング』とは、トークンを発行すると同時に支援を募る、次世代のクラウドファンディングです。

★トークンについて★
FiNANCiEにおけるトークンは、クリエイターとサポーターを繋ぐ証となる『デジタル上のアイテム』です。このトークンはポイントのように数量をもつもので、需要に応じてその価値(=価格)が変動するという特徴を持っています。FiNANCiEアプリ内の”マーケットプレイス”では、好きな時にトークンを追加購入/売却できるほか、”コミュニティ”ではサポーター同士でトークンをプレゼントし合う機能なども利用することができます。

★トークンがもたらすWin-Winの関係★
クリエイターは支援を募る目的でトークンを販売し、その収益を支援金として受け取ります。購入者は支援の証として購入額に応じた数量のトークンを受け取ります。トークンを持ち続ける(=保有する)ことで、支援を続けながら、コミュニティを通じて保有数に応じた投票権や抽選特典が受けられます。

クリエイターにとってトークンは、共創コミュニティと継続的な支援により『プロジェクトの価値を高めていく』ことを可能にするアイテムです。また、サポーターにとってはプロジェクトを初期から応援する証となり、その熱量がトークンの価値そのものを高めることにも繋がるなど、支援を継続する上で大切なモチベーションを与えてくれます。

このように『トークン発行型ファンディング』は、夢の実現に向け活動に勤しむクリエイターと、それを応援するサポーターが、共に新たな価値を創造(=共創)し、双方にとって有益となる体験を生み出す仕組みです。

共創型コミュニティについて
3監督とサポーターによる共創を目的の一つに掲げる当プロジェクトでは、トークン保有者が参加できるFiNANCiEコミュニティそのものを「関係者用会議室」と位置付け、トークンはそこに入室するための「スタッフパス」のようなものとして機能します。

制作状況やその進行状況、撮影風景の可視化など、定常的な情報共有にとどまらず、作品の肝となるシナリオ設定やプロモーション方法に関する「支援者投票企画」を実施し、パートナーであるサポーターの意向を汲んだ作品づくりを目指します。

制作指揮を取る3監督を含め、プロジェクトに関わる皆が同じ興奮を共有できる自主制作(=コラボレーション)が実現するよう、ご支援・ご参加のほどよろしくお願いいたします。

初回ファンディングについて
今回のファンディングで集まった支援金はプロジェクト第1弾となる「WEBTOON」制作に使用いたします。
また、支援総額によって、さらなる展開に向けた準備、検討を進めてまいります。
詳しくはファンディングページをご確認ください。

■サポーター基本特典(全ての支援コースが対象)
 <特典詳細>
 ・コミュニティへの参加
 ・投票企画・抽選応募への参加権
 ・プロジェクトからの限定ご挨拶ムービー
 ・WEBTOON第1話「世界最速」先行閲覧権
 ・記念コレクション

■主人公の捜査日誌NFT(数量限定)
 ※メモの内容が不定期に入れ替わるものとなっており、物語を新たな視点でお楽しみいただける『伏線回収アイ 
  テム』となっております。

■WEBTOONにカメオ登場権(数量限定)

 ほか

※支援コースごとに特典の内容は異なります。詳しくはファンディングページをご確認ください。

3監督からのメッセージ
■堤幸彦
66年の人生で偶然が人生を変えたことはそうはない。あの日、豊橋映画祭、しかもヴァーチャルな空間でほんの一時間、初めて佐藤さん、本広さんと会話した。でも何年も前から知っていたような感覚、同じ時代を戦ってきた戦友意識がめっちゃ楽しく、半分冗談で提案したのがこの企画。

今後の映像人生を左右する“偶然”あるいは“天啓”だったのか。とにかくいろいろ遊びたい!自由だ!時代に食い込む予感!嗚呼、生きててよかった!笑

■本広克行
映画に憧れて上京して、テレビ業界に入った時に堤幸彦監督はスターディレクターで遠い存在でした。佐藤祐市監督はドラマ演出を一から教えて下さった先輩であり恩師でした。そんなお二人と一緒に制作現場を変革させていく挑戦をさせてもらうことに言葉では言い表しにくい気持ちの高まりを感じています。

これまでの映画作りのシステムで作品を作れることが誇りでした。しかし、今はプロセスも注目される時代、クリエーターと観客の距離が近くなり、それを求めていると思うんです。

自分の持てる経験などを注いで新しいシステム作りを構築して、先輩たちが導いて下さったように新しいいろんな才能が活躍できる世界作りに挑戦したいです。

■佐藤祐市
長年同じ仕事をしてくると、この先どうなるのか、大体の予想が付くものです。しかし今回のプロジェクトは、本当にどうなるか?僕には分かりません。なので、メチャクチャ楽しみです。

そして、堤さん、本広さんに沢山刺激を頂いています。ホントに有難い。もうベテランと呼ばれる歳ですが、未踏の領域に向かうワクワク感が凄いです。

今の僕のテーマは「ワガママで行こう」。ちょっと面倒臭いベテランです。(笑)ご期待ください!

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000148.000042665.html