1
/
5

GIBSON PROJECT

Edit

272 views

ABOUT

GIBSONは、現実世界の3Dコピーである「デジタルツイン」を用いてサイバー空間を構築することで、そこにログインする遠隔地のVRユーザーと現実世界(フィジカル空間)のARユーザーとがあたかも同じ空間を共有しているようなコミュニケーション体験を可能にします。
また、RGBカメラやLiDARなどのセンシング技術を用いて、ヒト・モノ・空間の情報を相互に共有することによって、ユーザーは現実世界、サイバー空間どちらからでも、リアルタイムに変化するお互いの環境コンテクストを共有しながら、物理的距離を越えて没入度の高いコミュニケーションを取ることが可能になります。