This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

332 views

ABOUT

人工知能を用いて、発明内容を文書形式で記入すると、国内外の特許庁のデータベースにある過去の出願内容や審査通過の有無などと摺り合わせ、特許取得の可能性(発明の新規性・進歩性)を評価することができます。安価かつ、人智を超えた分析を行うことで、クライアントの開発環境を改善することが可能です。
多くの企業では研究者が自ら特許調査を行い、貴重な研究時間を浪費しています。調査を外部委託する場合でも自身の研究内容を正確に伝えることの難しさから、無視できないコミュニケーションコストが発生します。これらのムダから研究者を解放し、より研究に専念できる世界をつくることを目指します。

AI Samuraiの機能

先行調査:
「発明内容」を文章で入力すると、AIによる類似文献評価を行います。「発明内容」から高速で国際特許分類(I PC)を認定、最も類似する文献5件を抽出し「発明内容」の類似度の高さをA〜Dの4段階で評価。5つの類似文献を並べたクレームチャートを自動で生成します。

クリアランス調査:
「発明内容」を入力すると、AIによる検索によって類似度が高い順に抽出された500件の特許文献のリストを約1分で生成しCSVデータをダウンロードできます。リストの項目には、書誌情報、発明の要約、請求項に加えて検索した「発明内容」の類似度が記載されます。

無効調査:
無効にしたい特許公報の登録番号もしくは、「発明内容」と調査したい基準日を入力して検索すると類似特許の抽出を自動的に行い、AIにより無効化可能性の評価をし5つの類似文献を並べたクレームチャートを生成します。

知財戦略MAP:
先行技術調査機能の調査結果を技術領域ごとに分けて、類似文献での評価結果や権利行使できる範囲をプロットします。キャラクターをフィールドにマッピングし、ゲームをするような感覚で、自社の知財状況を具体的に可視化し、出願状況や発明創出状況などを俯瞰して把握することができます。これにより従来より直感的でスピーディーな知財戦略計画の立案ができます。

特許庁の知的財産インテリジェンスサービス内で無料Demo版が公開中! 
https://ipsamurai.jp