竹之内 修

理化学研究所 / 生命機能科学センター

竹之内 修

理化学研究所 / 生命機能科学センター

竹之内 修

理化学研究所 / 生命機能科学センター

あなたも Wantedly で
プロフィールを作りませんか?

これまでの経歴を、あなたの想いや挑戦とともに表現しよう。

いますぐ作る

科学の楽しさを社会に

10年ほど企業や研究所で生物の研究者をしています。現在は、国の研究機関で不妊の原因を解明する研究を行っています。日本のサイエンスを支える仕事やサイエンスの楽しさを広く伝えるようなことができたら幸いです

未来

この先やってみたいこと

未来

不妊に悩む人がいなくなるような世界にしたい。 サイエンスの楽しさを一般の人に伝える仕事をしたい。

2018年4月
-
現在

理化学研究所

3 years

生命機能科学センター
現在

2018年4月 -

現在

卵子の中で起こる生命現象の解明 老化による不妊の原因解明

Stable kinetochore–microtubule attachments restrict MTOC position and spindle elongation in oocytes

2021年4月

日本学術振興会特別研究員(PD)

2018年4月

2014年10月
-
2018年3月

東京大学大学院(Graduate School, The University of Tokyo)

4 years

理学系研究科 化学専攻 博士課程

2014年10月 - 2018年3月

外からの光で細胞の居場所をコントロールする技術 ホタルの光で女性ホルモンになりうる化学物質を見つける技術

Quantitative Analysis of Membrane Receptor Trafficking Manipulated by Optogenetic Tools

2021年5月

Unique Roles of β-Arrestin in GPCR Trafficking Revealed by Photoinducible Dimerizers - Scientific Reports

2018年1月

第39回分子生物学会・優秀ポスター賞

2016年12月

International Conference on Single Cell Research 2016・Best Poster Award

2016年11月

Bioluminescent Indicator for Highly Sensitive Analysis of Estrogenic Activity in a Cell-Based Format

2016年10月

8th Summer School Medicinal Chemistry・Poster award、the Department of Pharmaceutical/Medicinal Chemistry in the University of Regensburg

2016年9月

日本学術振興会特別研究員(DC2)

2016年4月

第96回日本化学会・優秀講演賞

2016年3月

第5回CSJ化学フェスタ・最優秀ポスター発表賞

2015年10月

2011年4月
-
2014年9月

花王株式会社

4 years

研究員

2011年4月 - 2014年9月

製品原料の安全性評価 動物を使わない安全性評価技術の開発

An in vitro skin sensitization assay termed EpiSensA for broad sets of chemicals including lipophilic chemicals and pre/pro-haptens

2017年4月

Evaluation of combinations of in vitro sensitization test descriptors for the artificial neural network‐based risk assessment model of skin sensitization

2015年3月

Test battery with the human cell line activation test, direct peptide reactivity assay and DEREK based on a 139 chemical data set for predicting skin sensitizing potential and potency of chemicals

2015年3月

Development of a new in vitro skin sensitization assay (Epidermal Sensitization Assay; EpiSensA) using reconstructed human epidermis

2013年12月

Predictive performance of the human Cell Line Activation Test (h-CLAT) for lipophilic chemicals with high octanol-water partition coefficients

2013年1月

2009年4月
-
2011年3月

東京大学大学院(Graduate School, The University of Tokyo)

2 years

理学系研究科化学専攻 修士課程

2009年4月 - 2011年3月

性ホルモンを検出する手法の開発

2005年4月
-
2009年3月

東京大学

4 years

理学部 化学科

2005年4月 - 2009年3月


スキルと特徴

不妊

0

分析力

0

器用

0

機械学習

0

画像解析

0

Publications

Quantitative Analysis of Membrane Receptor Trafficking Manipulated by Optogenetic Tools

2021年5月

Stable kinetochore–microtubule attachments restrict MTOC position and spindle elongation in oocytes

2021年4月

Unique Roles of β-Arrestin in GPCR Trafficking Revealed by Photoinducible Dimerizers - Scientific Reports

2018年1月

An in vitro skin sensitization assay termed EpiSensA for broad sets of chemicals including lipophilic chemicals and pre/pro-haptens

2017年4月

Bioluminescent Indicator for Highly Sensitive Analysis of Estrogenic Activity in a Cell-Based Format

2016年10月

さらに表示

Awards and Certifications

日本学術振興会特別研究員(PD)

2018年4月

第39回分子生物学会・優秀ポスター賞

2016年12月

International Conference on Single Cell Research 2016・Best Poster Award

2016年11月

8th Summer School Medicinal Chemistry・Poster award、the Department of Pharmaceutical/Medicinal Chemistry in the University of Regensburg

2016年9月

日本学術振興会特別研究員(DC2)

2016年4月

さらに表示