1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

突撃、仮想通貨!

Ishizone Takumi

株式会社hokan - PM

About my work experience

先輩が、自身の働いているインターン先を紹介してくださったのがきっかけです。 海外の仮想通貨やブロックチェーン研究の最先端記事の翻訳業務を主に担当していました。

Difficulties I faced

納得感をもって仕事をしないと業務に対する姿勢が雑になってしまうと感じました。 感情の乗らない仕事は、自分にとっても雇用主にとっても不幸せなことです。

What I learned

自分の仕事に使命感を持てなければ、その仕事は辞めたほうがいいと感じました。 この世に生まれたからには、何か大きな価値を残したいと僕は考えています。 そのためには使命感を感じられないことをするのは時間の無駄です。 当時の自分にはhokanの仕事もあって、使命感を抱いているhokanの事業に専念するためにこの会社でのインターンは辞めることにしました。 また、このときに自分はtoCのサービスには向いていないというのを漠然と感じました。何がバズるのか基準が明確でないうえに、栄枯盛衰の激しい事業を行うのは自分の願望に合わないと考えたからです。

株式会社hokan - PM
【自己紹介】 noteやってるのでぜひご覧ください。「金融・保険系 ✕ テクノロジー」をテーマに情報を発信しています。 https://note.mu/zonemaru 出身小学校から初の県立中高一貫校合格者 中学時代から毎日、雨でも雪でも台風でも学校までの往復50km(ヒルクライムコース)の道のりをママチャリで通学 高校時代に全国高校生英語ディベート大会に出場、全国大会に出場 科学の甲子園群馬県大会実技部門優勝 高校2年の夏休みに就活生に混じって群馬県庁でインターンを経験 高校から1名が採用される県教員会の奨学生に採択 群馬県立中央中等教育学校を主席で卒業 全国の高校生から年間40人...
Read More