1
/
5

今までの延長戦ではなく、既視感が通じない企業で働く目的

今回は、新卒3年目の田中さんに「どのような想いで働いているのか」「なぜZUUというファーストキャリを選択したのか」についてお伺いしました。

プロフィール
2020年九州大学経済学部卒業。新卒でZUUに入社。入社後はプラットフォームコンサルティング事業部にて、メディアの立ち上げ・運営やZUU onlineの集客などに従事。3年目よりマーケティング・コンサルティンググループにて経営者を対象とした会員獲得に携わる。

ー当時はどのような思いで就職活動をしていましたか?

明確にこれをやりたいというWillがあったわけではなく、漠然と他の人とは違う大きなことに挑戦してみたい、既視感が漂うレールの上を歩きたくないと考えており、大手企業からベンチャー企業まで多くの話を聞いていました。様々な企業の説明会や社員さんの話を伺う中で、自分の個性を活かしながら、人と違う「何か」になるのであれば、ベンチャー企業の方が向いているなと思い、ベンチャー企業に絞り、就職活動を行いました。

ちなみに、周りの友人は、大学が経済学部ということもあり、金融機関など大企業への就職を考えている人が多かったですが、なかには医者になったり、芸人になりたくてお笑いの世界に飛び込んだりなど、思いきったキャリアを選んでいる友人もいて、凄く刺激を受けたのを覚えています。

思い切りのいい友人達に影響を受けて、自分ももっと挑戦したファーストキャリアを選択しようと、勝手にですが、背中を押された感覚を持ったのは覚えています(笑)。自分で言うのも憚れますが、今までそれなりに良い高校、良い大学に進学したため、勉強はできる方だと思います。しかし、「勉強ができること」以外にも自分の中でまだ見えていない可能性があるのではと思い、整った道よりも、自分の想像を超えた、良い意味で不確実で既視感がないキャリアの方が自分の隠れている何かが見つかって面白いのではと思い始めていました。

ー「やりたいことを見つけるために、既視感がないキャリアを選んで独自の生き方をしたい」と考えられたのですね。ちなみに「やりたいことが明確な人」と違っている部分は何だったと思いますか。

目標や目的に突き進む姿勢が彼らとは決定的に違いましたね。それまで私は「自分が出来ることだからやろう」というスタンスでした。しかし、彼らは「出来る出来ない」というよりも「やりたいからやる」というスタンスでした。

社会人になると良く聞くかもしれませんが、Will / Can / Mustという考え方があります。私は今までずっとCanの中でしか、物事を考えていませんでした。自分が出来る範囲の中でしか物事を考えないと、ちっぽけな世界しか見えてきません。しかし、周りの友人たちは強いWillを持っていたからこそ、思い切ったチャレンジが出来たと思います。就活時は、明確なWillがなかったため、仕事を通じて、自分の「出来ることをやる」という価値観を変え、仕事を通してWillを見つけていこうと最終的に考えていました。感がないキャリアの方が自分の隠れている何かが見つかって面白いのではと思い始めていました。


ーそのなかでなぜZUUに意思決定をしたのですか?

まず、ZUUのバリューの一つである「ケタハズレ」という言葉が刺さりました。「人と違ったことをやりたい」と思って就職活動を行っていたので、絶対にここだったら実現できると思ったのが第一印象です。既存の延長戦で考えないで、思考のタガを外して考える文化を大事にしている企業であれば、今までの自分にはなかった「新しい何か」が見つかるのではと思いました。

さらに、調べ進めていくと、鬼速PDCAの文化にも惹かれました。塾講師のアルバイトをしていた時から、PDCAの重要性は感じていました。現状の立ち位置と目標とのギャップを捉え改善できる生徒とできない生徒で大きく差が生まれると気付いていたからです。そんなPDCAのメソッドを大切にしている点に大きな魅力を感じましたね。目標という自分のやりたいことであるPlanを立て、そのギャップを埋めるために実行に移していく、企業としてもただ目標を掲げているだけではなく、それを因数分解することによってタスクに落とし込んでいるので説得力がありますよね。

ー実際にZUUに入ってどのような変化がありましたか?

物事に取り組むスタンスが大きく変わりました。
入社当初から、裁量権の大きい仕事を任せていただき、背伸びどころかジャンプしないと届かないことが何度もあり、これまでのスタンスでは絶対についていけないと実感しました。

ただ、そこで自分を大きく変えたのが鬼速PDCAです。目標を因数分解することで「この業務を達成するには何が必要なのか」「それに対して今自分が持っている力は何か」目標と現状の差分を把握します。そこで見えた課題を解決するために行動する。ZUUではこれが徹底されているので、自分が担当する業務の重要性を見出すことができ、自然とその業務への取り組み方も前のめりになりました。

ー田中さんは仕事をする上で何を大切にしていますか?

根底にあるのは自分の中での「納得感」です。具体的には「誰かのためになっていること」への確信=自分の納得感なので、常にそれを軸にして動くようにしています。本当にこの業務って意味あるの?と追求し、もしそれが誰かのためになるのか、疑問を持ったら上司にそれを伝えます。相違点があればその溝を埋めるよう、互いが納得いくまで話し合うようにしています。

ZUUの社員は、新卒だろうと関係なく、話を聞いてくれて、とことん付き合ってくれます。自分が納得できるまで突き詰めて、一緒に考えていただき、全力で仕事を成し遂げる。最初は仕事が出来なかったことが辛いと感じることもありましたけど、先輩が私が倒れないように補助輪となって、ゴールまで一緒に伴走していただくことで、徐々に自分で仕事を回せるようになり、成長実感を感じますね。ちなみに大学時代の自分だったらば、仕事を依頼されても「無理です」と断っていたかもしれないですね(笑)

とはいえ、いま仕事をしているのは自分の納得感や成長だけのためなのか、その先にいる顧客の満足度のためなのかは、しっかり考えるようにはしています。常に自分の納得感・成長した延長線上に顧客の納得感があって欲しいと思っています。

ーこれまで就職活動時のお話や、ZUUに入社してからのお話をお伺いしましたが、今後、ZUUでどのようなキャリアを歩みたいですか?

短期的なものだと、事業の売り上げと、ユーザーさんの課題解決にフォーカスできるようなマーケターになりたいと思っています。単に広告を運用するだけでなく、広告運用をした結果、ユーザーさんに満足してもらえるような、点ではなく線で仕事の成果を見れるマーケターになりたいです。

あと正直に話すと、長期的には、「将来これをしたい」といったWillはまだありません。もっと早く見つかると思ったんですけどね(笑)でも、ZUUは明確にやりたいことがなく、絶賛探している最中の人達もいます。凄い熱量とWillがないとベンチャーは向いていないということはありませんので、安心してください。無くても成長実感を感じながら、仕事を楽しんでいる自分がいますので。

ーまとめー

自分の価値観を変えたいと思って入ったZUUで、日々の成長実感を感じながら、先輩 / 後輩、新卒 / 中途、日本人 / 外国人など多様な人達と仕事をさせていただき、様々な価値観に触れさせていただきながら、まだ見えていない自分の「何か」を引き続き探しています。

また自分の「納得感」のために仕事を頑張る意義を見出し、「納得感」の延長線上には常に顧客の「満足感」があって欲しいと思っています。そしてその先には90億人が平等に夢に挑戦できる世界が待っていることを信じています。

株式会社ZUU's job postings

Weekly ranking

Show other rankings